K・K

.

 今日の釧路 1月17日(月)
 日の出 6:50
 天気 (5:00) 雪
 気温 (5:00) -1.5℃
 気圧 (5:00) 1002.6hpa
 予報 雪のち曇り
 予想最高気温 2℃
 記載時間 7:50

今朝の釧路は雪です。7時の気温は-1.0℃です。

昨日、15日(土)に放送されたNHK-FM「ジャズ・トゥナイト」を聴き逃しサービスから録音しようと思ったら、リストに載っていませんでした。おそらく、放送時間からして津波のニュースになったのだと思います。もう一本のラジオ日本「オトナのJAZZ TIME」は24時前に放送が終了するのでセーフだったようです。

それで昨日は、14日(金)に放送された拓郎さんの「オールナイトニッポンGOLD」を聴きました。ラストアルバムのうち7曲は完成したと語っておられました。また、そのほかのトークの内容にしても、これまでのような音楽活動は、いよいよ終わりが近いのだな、と感じました。

1971年(昭46)の夏休みが終わる頃、帰省から上北沢のアパートに戻ってきたK・Kがギターを持っていました。そして、弾き語りで歌おうとしたのが、「今日までそして明日から」でした。今日まで生きてみました、というから、そういう歌かと思ったら、明日からもこうして生きていく、というので変な歌だな、と思いつつ、レコードを聴いたら、なんか惹かれるものがあった、というのが最初でした。

嬬恋で「朝まで歌うぞーッ!!」の拓郎さんも、何年か前には、蕗が好き、筍も好き、と歌うようになりましたから、あれから50年を実感します。それにしても、拓郎さんのラジオも終わったら、なんか張り合いがなくなってしまいます。録音を大事に取っておいて、折に触れ聴くことにします。

大事に取っておくというと、前述の友人K・Kは、買ったものを手放すことをしません。たとえば、シリーズものを全巻そろえるといったことはしないのですが、気に入って買ったものは、きちっと整理して持ち続けます。

もう30年は彼の部屋を覗いたことはありませんが、きっと拓郎さんのレコード、CDなんかは、ぜんぶ手元にあると思います。ギターも、その後、何本かは買っていると思いますが、20歳の時に買ったあのギターも持っていると思います。今秋、4年ぶりに札幌で会合があるので、その時に呼び出して確かめてみようと思います。

| | コメント (0)

またカタカナだけど「アンコンシャス・バイアス」

.

 今日の釧路  1月16日(日)
 日の出  6:50
 天気 (5:00)  晴れ
 気温 (5:00)  -2.9℃
 気圧 (5:00)  1011.5hpa
 予報  晴れのち曇り
 予想最高気温  2℃
 記載時間  9:10

 

 

今朝の釧路は晴れです。9時の気温は-2.0℃です。

寝ていたら、スマホのアラームが鳴りました。トンガの大噴火による津波警報・注意報を知らせる内容でした。あれ?日本は「心配ない」ではなかったの?と思いながらラジオを聴きました。でも、そのうちに眠ってしまって朝を迎えました。今のところ大きな被害はないようです。

思い出すのは、チリ地震による津波です。私が小学3年生の時でしたから、1960年(昭35)のことでした。転校して間もない頃だった記憶があります。その学校は、海のすぐ近くで平地にあったので、突然、教師から、津波がくる、すぐ帰宅の用意をするように、寄り道せずにまっすぐ家に帰るように、といった指示がありました。

当時は、災害時に親が子を学校に迎えに来る、といったことはありませんでした。学校がそうしたくても、親への連絡のしようがなかったのです。家に電話があるなんてのはホントに稀で、商店兼自宅でない限り、電話はありませんでした。

なので、子供たちに寄り道せずにというのは無理で、級友と丘の上から海を眺めていました。思いがけず、学校が早く終わって良かった、といった呑気な気持ちでいたのですが、翌日になって、霧多布(きりたっぷ=浜中町=釧路管内の根室寄りに位置する)の大きな被害を知ったのです。

「なんか大変なことになった」の一番古い記憶というのが、このチリ津波だったと思います。状況を把握してそう思ったのではなく、親やきょうだい、近所の人、学校の先生、そういった人たちを見て、ただならぬものを感じてでした。浅沼社会党委員長暗殺、キューバ危機といったことと一緒に記憶にあります。

今日の北海道新聞に「アンコンシャスバイアス」の記事がありました。なんだ?と思いながら読んでみると、無意識の偏見、思い込みのこと、という説明がありました。そして、「性別による役割はあるか?」というアンケート調査の結果も載っていました。これは、内閣府が公表しているチェックシートに基づくものだそうで、男女の家庭でのこと、職場でのこと等の設問が並んでいました。

アンケート結果のYESが一番多かったのは、男女ともに「女性には女性らしい感性があるものだ」なのですが、これも偏見や思い込みになるのかな?そう思って内閣府男女共同参画局のホームページを閲覧したのですが、アンケートのほかに事例集や調査研究といったものがあって、結構な頁数なので、斜め読みで結論、というわけにはいかないようです。そして、この回答をする際には、「それでは今の世の中、ダメなんだよね」という視点と、自分の具体的な体験から思うこと(本音)では、相当な開きがあるように思います。

| | コメント (0)

黒ビールセーキとでもいうか

.

 今日の釧路 1月15日(土)
 日の出 6:51
 天気 (5:00) 晴れ
 気温 (5:00) 0.4℃
 気圧 (5:00) 995.9hpa
 予報 -
 予想最高気温 -
 記載時間 15:10

今日の釧路は、よ~く晴れています。15時までの最低気温は-0.1℃、最高気温は4.4℃です。

1月15日は成人の日、という感覚が未だに残っています。テレビを見ていたら、貸衣装(晴れ着)のCMが流れていて、10万円弱をアピールしていました。ということは、この価格は高くはないのだと思います。結構するものです。それと、成人の日ぎりぎりに宣伝したって・・・と思ったのですが、あれはターゲットが来年の成人なのだとわかりました。♪ 商魂こぉめぇ~て です。

もう30年以上前になりますが、上司の娘さんの写真を成人式会場の入口で撮ったことがあります。「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに」の時代です。成人式の看板を横に写真を撮る人がいっぱいいたのですが、その中に姉が妹の晴れ着姿を撮る、という関係だと思われるお二人がいました。そのお姉さん(だと思う)が、ジーンズでかっこいい美人で、着物姿ばかりの周りを圧倒していたのを記憶しています。特に持っていたカメラが、リコーオートハーフのブラックボディのSE(だと思う)だったので、そのかっこ良さが際立っていました。

その昔、カメラの黒ボディは、スナップの時にシルバーボディだと目立つから、あるいは、もっと深刻になりますが、戦場でカメラマンのシルバーボディが太陽に反射して、その存在が敵に知られてしまうから、といった理由なのだから、素人がプロっぽく見せたくて黒にするのは邪道だ、てなことが言われました。

それが、デジタルカメラになってからは、なぜかシルバーボディが人気だったように思います。自分は専ら中古だったので、その辺りはこだわりませんでしたが、選べる時はシルバーにしていました。私が所有するデジカメの中では最も新型であるOLYMPUS SH-1もシルバーです。

黒というと、昔話になった時、黒ビールに卵を入れて飲んでいる人がいたよね、と話すと、同年代の人でも、え~っと疑いの目を向けられます。それが何回か続いたので検索してみたら、一時(いっとき)の流やりだったのか、今はあまりそういう人はいないようです。

なぜ、記憶にあるかというと、若い頃、書店の地下にあったレストランで、それを目撃したのです。びっくりしました。納豆に卵とかミルクセーキは知っていましたが、黒ビールに卵は初めて見ました。その後も同じ光景を見たのですが、なぜか黒ビールに限ってだったので、そういうものだと思いました。40年以上前の話です。

| | コメント (0)

う~む、やっぱり、どうなってる?の三つ

.

 今日の釧路 1月14日(金)
 日の出 6:51
 天気 (5:00) 曇り
 気温 (5:00) 1.1℃
 気圧 (5:00) 980.4hpa
 予報 曇りのち晴れ
 予想最高気温 4℃
 記載時間 9:40

今朝の釧路は曇りでしたが、8時前から日が射しています。9時の気温はプラスの1.5℃です。

北海道から北陸の日本海側では大雪が続き、近畿・東海の平地でも積雪、とニュースで伝えています。北海道では、空路・鉄路ともダイヤが大きく乱れているようです。かっては、「冬こそJR」のCMで雪煙をあげて走る新型特急車輌の映像が流れていたのですが、今は悪天予報の段階で翌日の運休を発表しています。

JR北海道は、赤字を出さない一番の方法は走らないこと、自然災害に遭った路線は復旧よりも廃線、というのが現状です。若い職員の離職率も高く、昨年(だったかな?)の国会でも取り上げられました。保線の技術継承ができない、という現場の声も度々報道されています。う~む・・・と唸るしかないです。

R0013950

↑ 成城アルプスのモカロールを購入しました。直接、オンラインショップで買うよりも、三越・伊勢丹オンラインストアのほうが送料が安価なので、今回はそっちにしました。ただ、Lサイズの扱いがないので、Mサイズ2本にしました。

Dscf0274n22

↑ この画像は以前撮ったものですが、やはり、ロールケーキは断然バタークリームがいいです。1本は冷凍したので、暫く愉しめそうです。

久々にドスパラ、パソコン工房、Lenovoを覗いたら、何れもWindows10が主力です。これまでは、新しいWindowsが発表されると、一斉に切り替わっていたように思うのですが、Windows11発売から3ヶ月経ちましたが、今回は動きが遅い感じです。試しにNECダイレクトを開いてみたら、こちらは、Windows10、Windows11どちらのLAVIEもいっぱい並んでいました。この辺り、どうなっているのでしょう?

| | コメント (0)

閂(かんぬき)をはずして出てみたら

.

 今日の釧路 1月13日(木)
 日の出 6:52
 天気 (5:00) 晴れ
 気温 (5:00) 1.6℃
 気圧 (5:00) 978.4hpa
 予報 曇り時々晴れ
 予想最高気温 4℃
 記載時間 10:50

今朝の釧路は、晴れたり曇ったりです。10時の気温はプラスの3.1℃です。

NHK-FMの「歌謡スクランブル」は、その日の放送内容をみて録音するか否かを決めています。今週のテーマは「きらめきの青春スター」です。この『青春』はいつ頃かというと、『きらめき』という表現からして、ingでないことはわかります。明らかにedです。さらに番組のタイトルが「歌謡」ですから、かなりのedです。ということで、一昨日、昨日と録音しました。

一昨日(11日 火曜)の前半は、団塊の世代が懐かしいと思う曲がかかり、後半は我々世代(私は昭26生まれ)向きになっていました。

そんな中、内藤洋子さんの「白馬のルンナ」がかかりました。となれば、哲ちゃん(今仁哲夫さん)のオールナイトニッポンです。検索してみたら、この曲は1967年(昭42)の売上30傑に入っています。哲ちゃんが、この歌を広めたと言っても過言でないかもしれません。

あの頃(昭和30年代~40年代初め)、いわゆる"青春スター"と呼ばれた人たちは、スクリーンやテレビで人気が出たらレコードも出す、逆に人気歌手主演で映画を撮る、という時代でしたから、そりゃ~もう、なんと申しましょうか、必ずしも歌や演技が適材とばかりはいかなかったわけです。ただ、あの内藤洋子さんが歌っている、もうそれだけで充分だったのです。

当時の映画配給ペースは、今では考えられない乱発ともいえるものでした。釧路のような田舎は三本立て上映が普通でしたから、昼食持参の1日仕事?だったのです。特に正月、盆ともなれば、立ち見当然の混みようでしたから、映画が終わると、普段は開けない非常口の閂(かんぬき)を外して、そこから客を出しました。

そこから出ると、いつもの出入口と違うので、その場所(位置)がどこなのか、すぐにはわからないのです。といっても、通りに出たら、ああここか、となるのですが、あれ?どこだ?の一瞬は不思議な感覚として記憶に残っています。娯楽といえば映画、という50年以上前の話です。

| | コメント (0)

ホテル泊(但し市内)

.

 今日の釧路 1月12日(水)
 日の出 6:52
 天気 (5:00) 霙(みぞれ)
 気温 (5:00) 0.9℃℃
 気圧 (5:00) 971.4hpa
 予報 -
 予想最高気温 -
 記載時間 14:30

今日の釧路は、晴れたり曇ったりです。14時までの最低気温はプラス0.6℃、最高気温は3.3℃です。

昨夜からの雪と霙(みぞれ)は9時前にはあがりました。釧路の24時間降雪量は15cmでした。それ以前からの積雪と合わせると最大値21cmでしたが、霙(みぞれ)になったり、日が射したりで14時現在は17cmになっています。

14時現在の24時間降雪量の最大値は、十勝の中札内(なかさつない)村上札内の77cmです。帯広市でも59cm降っています。それからすると、釧路の15cmは有り難いと思わなくてはいけませんが、市の重機による除雪が追いつかず、霙(みぞれ)も降ったので重い雪ですから、それなりに難儀です。

この前、安住紳一郎さんが、ご自分のラジオ番組で、都会に雪が降って大騒ぎするのを多雪地帯の人が揶揄するのを「雪国マウント」と呼ぶ、と説明していました。昔は、これを「北から目線」と言っていたそうです。へぇ~と思いながら、検索してみたら、若者言葉として、自分の優位性を示す意味で「マウント」を用いる、とありました。

昨日は市内のホテル泊でした。

Img_0204

↑ 今朝4時に目が覚めて撮った画像です。思いっきり霙(みぞれ)が降っていました。ホントは新年会だったのですが、またコロナが動き出したので中止になりました。といっても、4人の集まりですから、北海道の指針にも反していないのですが、なにせ高齢者ばかりですから自粛しました。でも、せっかくのホテル予約なので、そのまま泊まりました。

どうみん割が利用できるので、ビジネスホテルではなく、「ラビスタ釧路川」にしました。それでも、¥4,000です。それにチェックイン翌日まで使えるクーポン2,000円が付きます。なかなかいいです。今日は非常勤の出番でしたが、自宅からの通勤時間も3分の1で済みますから、これからも大雪予報の時は、このパターンがいいかもしれません。それよりも、出番の日が大雪でないのが一番なのは言わずもがなであります。

| | コメント (0)

見当がつくことや何だ?ということも

.

 今日の釧路 1月11日(火)
 日の出 6:52
 天気 (5:00) 晴れ
 気温 (5:00) -12.9℃
 気圧 (5:00) 1017.4hpa
 予報 晴れのち曇り夜は雪
 予想最高気温 1℃
 記載時間 6:40

今朝の釧路は晴れです。6時の気温は-13.1℃です。

20年前(2002年1月)の日記を読み返していたら、ペイオフ、ワークシェアリング、操業終了、IT夢、カローラ、AirH"128Kといったタイトルが並んでいました。すぐに何を書いたか見当がつくものと、何だ?というものがありました。

ペイオフは定着したので、この頃は話題になるとこもないように思います。というか、職場では対応した覚えがありますが、個人的には当時も今も無縁です。ワークシェアリングは今もテレビなどでは耳にしますが、身近では聞いたことがないです。

操業終了は、2002年1月9日に太平洋炭鉱が82年に亘った操業を終えて、1,500人の職員から500人が再雇用になり新会社がスタートする、とありました。新会社とは釧路コールマイン株式会社で、現在も採炭をしています。釧路の三大基盤産業は、炭鉱の前に水産業が200海里漁業水域設定で大きく縮小し、昨年は日本製紙が操業終了となっています。3ナンバーから軽四になった感じかな?

IT夢は全く記憶がありませんでした。【2002年1月6日の日記】昨日の北海道新聞夕刊のトップは、北海道一の小さな村、人口1,314人の網走管内西興部(にしおこっぺ)村で、全650戸に光ファイバー網を敷設するという記事でした。村にはマルチメディア館「IT夢(アトム)」もあり、全国からSOHO起業家を誘致し、その拠点にする構想があるそうです。【終了】とありました。

それで、西興部村のホームページを覗いたら、マルチメディア館IT夢は健在でした。現在の人口は先月(2021年12月)のデータ(住民基本台帳)で1,034人 戸数は653戸になっています。20年前から人口は減りましたが、戸数は増えています。「北海道一の小さな村」も神恵内(かもえない)村と音威子府(おといねっぷ)村に譲っています。西興部村、頑張っています。

カローラについては、33年連続で年間販売台数トップになったことが書いてありました。この連続記録を途絶えさせたのはホンダのFITだったと思います。AirH"128Kは、【2002年1月18日の日記】DDIポケットがAirH"「つなぎ放題コース」の128K版「オプション128」を3月26日からサービス開始することを発表しました。月額9,300円です。32Kの場合、月額4,930円ですから、スピードが4倍で価格が2倍なら妥当という読みでしょうか。【終了】とありました。これは、今からすると隔世の感があります。

そのほかには、同僚がDELLのデスクトップ機を購入したことが書いてありました。【2002年1月24日の日記】Intel Celeron の1Gにメモリー が128MB+128MB(128MBメモリープレゼントキャンペーン)で256MB、HDDは40GB(20GBより3,000円高いだけ)、LANボードがついて、シャープの液晶15インチをつけて、送料、消費税込み¥134,505でした。付属のマウスもMSのインテリマウスだというので驚きです。液晶のモニターも手頃な価格になったものです。パソコンは考えて買う物ではなくなったのですね。と言いつつ、実際は買えませんが・・・。【終了】とありました。このスペックも、これまた隔世の感です。

最後にローカルネタから【2002年1月10日の日記】全国のサティが8割引セールを行い大賑わいだったようです。釧路のサティは、経営がサティとは別会社の(株)ポスフールであり、元々の営業成績も良かったので、破綻したサティとは別路線です。店名もサティからポスフールに変わるようです。ポスフールVSジャスコ(イオン)となります。【終了】とありましたが、その後、ジャスコとポスフールが統合されて、今のイオンになりました。釧路市はイオン釧路昭和店、お隣りの釧路町はイオン釧路店です。

| | コメント (0)

今年は3学年まとめて

.

 今日の釧路 1月10日(月)
 日の出 6:53
 天気 (5:00) 晴れ
 気温 (5:00) -11.3℃
 気圧 (5:00) 1014.5hpa
 予報 晴れ
 予想最高気温 1℃
 記載時間 7:10

今朝の釧路は晴れです。7時の気温は-13.2℃です。

昨日、ラジオで何度も耳にしたのが、「成人の日」に関した話題で、今年は3学年が一遍に成人になる、という話でした。法務省のホームページにある記事を紹介していたので、検索して覗いてみました。民法(成年年齢関係)改正 Q&Aより【引用開始】2022年4月1日の時点で,18歳以上20歳未満の方(2002年4月2日生まれから2004年4月1日生まれまでの方)は,その日に成年に達することになります。2004年4月2日生まれ以降の方は,18歳の誕生日に成年に達することになります。【引用終了】

学年で説明したのが47NEWS(よんななニュース)の河北新報にありました。【引用開始】現在の高校3年生に当たる2003年4月2日~04年4月1日生まれは、今年4月1日に18歳で成人となる。1学年上の19歳も同日、成人を迎える。04年4月2日以降に生まれた人は18歳の誕生日に成人になる。【引用終了】

ただし、成人式は現状どおり、という自治体が多いようです。その理由は自治体によって多少の違いはあるようですが、時期が大学受験と重なるから、ということのようです。それと、主催者にしてみたら、それでなくても、コロナ禍で開催できなかった昨年分(21歳)を20歳組と日を替えて開催しなければならないところに、4月1日には19歳・18歳組の成人式となったら、てんてこ舞いになってしまう、ということもあるのだと思います。

昨日、ラジオで「北の国から」のテーマ曲(さだまさしさんの ♪ あ~あ~あああああ~あ~)を聴いて、7日に非常勤が集合した時の話を思い出しました。関西から釧路に移住した人がいるのですが、それを決めたのは「北の国から」を見たから、ということでした。その方とは、もう10年以上も出番の日ごとに顔を合わせていましたが、初めて知りました。思えば、普段、このドラマの話が出たことはなかったかもしれません。北海道移住の理由に「北の国から」を挙げる人が少なくない、という話は聞いていましたが、こんな身近にいたとは驚きでした。

私の20連休も今日で終わりです。明日から非常勤のシフトに組み入れられます。70歳になって新成人のように学年を持ち出すのも変ですが、同学年(昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生まれ)でも、非常勤の任命辞令が前期(4月1日)、後期(10月1日)の違いと、2年任期の更新時期(70歳を越えて更新しない)によって、定年が今年の3月、9月、来年の3月に分かれます。私は来年の3月ですが、今年の3月、9月の人には解放感があって羨ましいです。

| | コメント (0)

回帰

.

 今日の釧路 1月9日(日)
 日の出 6:53
 天気 (5:00) 曇り
 気温 (5:00) -5.0℃
 気圧 (5:00) 1003.6hpa
 予報 曇り時々晴れ
 予想最高気温 1℃
 記載時間 9:30

今朝の釧路は、晴れたり曇ったりでしたが、9時前から青空が広がってきました。9時の気温は-0.9℃です。

日の出前に薄っすらと雪が降りましたが、気象台のデータでは積雪深6cmと変わりありません。

昨日、ピーター・バラカンさんの「ウィークエンドサンシャイン」を聴きました。2021ベストアルバムの話をしている中で、10枚選んだうちの4枚はCDが発売されておらず配信での提供だと言っていました。日本はまだCD市場が残っているが、海外ではどんどん配信に移行しているとのことです。

ちなみに昨日のゲストのギタリスト濱口祐自さんは、「知らんことを知りたい」との気持ちから、高速道路を利用せず、ナビもつけずに、道に迷ったらそれを楽しむ、ということをしているそうです。この境地にはデジタルも敵わないでしょう。

音楽配信が進む一方で、レコードへの回帰ということも言われています。拓郎さんのラストアルバムもCDとLPレコードの両方が発売されるようです。はたして、レコードはどこまで復権するのでしょう?山下達郎さんは、「サンデーソングブック」で、レコードからCDになる時、音が好きじゃない、レコードがいい、と言ったら、時代遅れ、ガラパゴスと言われたが、今になって何がレコードの音はいいだ、と苦笑していました。

時計は完全にデジタル化されることなく、高級品から針がなくなることはありませんでした。カメラはデジタルに制された後、アナログが一部で見直されましたが、フイルムの入手やDPEは、いつでもどこでもという状態はなくなっています。そういうことからすると、これからの車は、ガソリン車回帰は不可能です。走行しない(できない)コレクションとしてしか残ることができないでしょう。フィルムの供給がなくなったらカメラも同じです。

張本さんに代わるご意見番は上原浩治さんでした。張本さんとは異とする意見が多かった上原さんですが、今日は母校愛に満ちた姿を見せていました。関口さんの紹介では、張本さんに代わるご意見番として、「当面は」が付いていたので、上原さんが球界復帰やMLBのチームで何か役に就くことがあれば、そちらが優先ということかもしれません。今後は野球以外のスポーツでどんな意見を述べるのか愉しみです。

| | コメント (0)

連続テレビ小説

.

 今日の釧路 1月8日(土)
 日の出 6:53
 天気 (5:00) 晴れ
 気温 (5:00) -13.1℃
 気圧 (5:00) 1012.6hpa
 予報 -
 予想最高気温 -
 記載時間 13:20

今日も釧路は、よ~く晴れています。13時の気温は-1.6℃です。

ジャズを聴き始めて、まだ日が浅いです。当初、何枚かCDを買いましたが、ブラッド・メルドーの2枚目か3枚目のアルバムがその中の1枚でした。それと、初めてホームページをアップした時期が重なりますから、90年代の終わり頃だったと思います。

以来、購入したのは、ほとんどが新譜でした。Apple Musicになってからは、サブスクの利点で、聴きたい放題になったのですが、それでも、50年代以前のジャズを聴くことはあまりなかったです。それを聴くようになったのは、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の放送が始まってからです。この番組の「オリジナル・サウンドトラック ジャズ・コレクション」も発売になったようですが、Apple Musicにはまだ登録されていないので、収録曲一覧を見ながら、曲別にApple Musicで聴いています。

今週の「カムカムエヴリバディ」は、今日一気見をしました。その中で、レコード店のシーンがありましたが、並んでいるレコードの中に「遠くに帰りたい」というジャケットがありました。今週のサブタイトルは「1962」でしたから、この年(昭37)にヒットした「遠くへ行きたい」をもじったものです。

それで、この翌年(1963年 昭38)、札幌の雪まつりを見にいった帰りの特急「おおぞら」で聴いたジェリー藤尾さんの「遠くへ行きたい」のことを思い出しました。札幌で買ってもらったばかりの東芝製トランジスタラジオを早く聴いてみたくて、列車の中で開封してスイッチを入れたら、この曲が流れていた、その場面のことが甦りました。私が小6になる年でした。ちなみに「特急おおぞら」に乗ったのも初めてのことで、それも自分には大きな出来事でした。

「カムカムエヴリバディ」に戻ると、オダギリジョーさんがトランペットを吹くシーンは、運指は完璧に近いものがあると思います。ひよっとしたら、台詞以上に練習したのかも。それから、戦争孤児とつながるのか、なぜ丸首のシャツばかりなのか、このあたりは、連続テレビ小説ですから、ベタといわれようが、ひねった展開にならないでほしいと思います。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

よもやま 日記・コラム・つぶやき