« 三が日 | トップページ | 1ヶ月遅れの「逃亡者」 »

拓郎さんのラジオを聴いて

.

 今日の釧路 1月4日(月)
 日の出 6:53
 記載時間 6:50
 天気 (記載時間) 晴れ
 朝の気温 (5:00) -9.7℃
 朝の気圧 (5:00) 1018.0hPa
 予報 晴れ
 予想最高気温 -2℃

今朝の釧路は晴れです。6時の気温は-12.6℃です。

箱根駅伝は、駒大が優勝しました。最後まで諦めずに追った結果だと思います。それにしても、13年ぶりの優勝だったとは驚きました。順大や早大の前に立ちはだかって、憎いほど強かった時から、それだけの年が経っていたのです。

駒大は全日本大学駅伝も制していますから、今季は二冠(出雲駅伝は中止)ということになりました。その全日本で3位で、箱根も優勝候補の一角だった明治が、シード権まで34秒差の11位に終わりました。あらためて、10人揃えなくてはならない箱根駅伝の難しさということでしょうか。

応援した順大と櫛部監督の城西大ですが、順大は7位でシード権確保でした。予選会1位通過の面目は保てたのではないでしょうか。城西大はシード権に遠い16位に終わりました。また、秋の予選会に向けて頑張ってほしいです。

オープン参加の関東学連の7区から8区への襷は、日大から東京農大に渡されました。どちらも伝統校です。日大は昨年の大会に出場していたと思いますが、東京農大は、ここのところお見かけしません。箱根駅伝といえば、大根踊りの東京農大ですから、復活に期待します。

三が日のニューイヤー駅伝と箱根駅伝に共通していたことがあります。万全といわれたチームが万全ではなく、(監督が)「自信を持って送り出した」と語った選手が結果を出せなかったことです。何事もそういうものなのかもしれませんが、なにか目立った気がしました。

夜は、元日に放送された「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」を聴きました。その中で、長らく封印されている「ペニーレインでバーボン」について、自分の思いを語る日が近い、と云っていました。これまで、歌詞の中に差別用語があるのが理由と云われてきましたが、ご本人が言及するのは初めてかもしれません。

R0013655

「ペニーレインでバーボン」は、1974年(昭49)に発売されたアルバムに収録されています。上の画像のレコードは、秋葉原の石丸電気3号店で買ったものだと思います。当時、職場が秋葉原(外神田3丁目)にあったので、レコードというと、専らこの店で購入していました。

秋葉原で思い出したのですが、駅近くのヤマギワ電気の上の階のほうには、スピーカーの試聴ルームがあって、その横には、住宅を建てる時にオーディオの設置についてアドバイスをしてくれる相談コーナーみたいのがありました。

どんな金持ちが利用するのかな?と思って眺めていましたが、いつもそれなりの人が、タンノイのスピーカーなんかを試聴していました。オーディオファンの間では、ダイヤトーンのマークII(DS-251mkII)の人気が高かった時代の話です。

私は、仕事で出入りしていた朝日無線で、棚卸しで半端になったAR-7を廉価で分けてもらったのですが、そりゃ~もう、なんと申しましょうか、まさに有頂天でありました。

話は拓郎さんのラジオに戻って、拓郎さんは誕生日がきたら、車の免許を更新しないそうです。かまやつひろしさんに薦められて乗っているミニも処分するとのこと。なるほど、免許返上は、75歳がいい頃合いなのかもしれません。

かまやつひろしさんとミニといえば、木枠がついたミニ・カントリーマンです。東京にいた頃(昭和40年代後半)、青山通りで見かけたことがあります。同じ交差点では、秋川リサさんのシトロエンも見ています。

|

« 三が日 | トップページ | 1ヶ月遅れの「逃亡者」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三が日 | トップページ | 1ヶ月遅れの「逃亡者」 »