« 「ほっこり」とか「高み」のことなど | トップページ | ミニOB会 »

映画「コクリコ坂から」

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は18.7℃です。予報は曇りのち晴れ。予想最高気温は25℃です。

一昨日の予想最高気温27℃の時は、23.7℃で止まり、夏日には至りませんでした。今日は、夏日きっちり25℃の予報です。さて、どこまで気温は上がるのでしょう。

Rimg0352n860

昨日、仕事が終わり、一旦帰宅してから、映画を見に行きました。19:15開始の「コクリコ坂から」を見ました。観客は、我々夫婦を入れて4人でした。もう一組は、若いアベック(死語か?)でした。私たちが入ったのは、開始直前だったので、若いお二人は、貸切を期待していたかもしれません。お邪魔して申し訳なかったです。

仕事帰りに映画というのは、私の行動パターンにはありません。常に映画は、休日のメーンイベントです。ふらっと映画というのは、都会人のやることというイメージでした。でも、やってみると違和感はありません。というか、そんな大げさなものではないですね。昭和40年代後半、後楽園や神宮のナイターを見て帰った時の感覚を思い出しました。1日働いた後のナイター観戦は、気持ちいい気怠さと高揚感がともなった充実した気分でした。

ナイターというと、映画の中に、主人公(高2の女子)の相手(1年先輩の男子)の父親が、ナイターをテレビ観戦するシーンがあります。父と子、母と子の会話の後ろに音声だけが流れます。バッターは長嶋 ( 時代は昭和39年開催の東京オリンピック招致が決まった頃 )です。結果は三振でした。宮﨑駿さん宮崎吾朗さんは、アンチ巨人か?と思って検索してみたら、お二人とも東京生まれでした。もしファンだったら、ここはこだわる場面だと思います。

映画そのものは、ストレートでよかったです。テーマをひねくり回したり、引っぱったりしません。クリーンヒットです。爽やかなストーリーです。声優としての長澤まさみ、岡田准一もよかったです。竹下景子さんと風吹ジュンさんが、主人公の祖母と母です。竹下景子さん、声でもおばあさん役をやるようになったのですね。手嶌葵(てしま あおい)が歌う「さよならの夏」も、テレビCMで聴いた時は、これはやっぱり森山良子さんでしょうと思いましたが、映画のラストシーンに流れたそれは良かったです。

|

« 「ほっこり」とか「高み」のことなど | トップページ | ミニOB会 »

コメント

お久しぶりです。
この映画を是非見たいと思いました。
内容が楽しみです。

投稿: のび太 | 2011年9月10日 (土) 15時01分

のび太さん
お久しぶりです。
この映画は、なかなかいいですね。
お父さんの作品よりも、わかりやすいのもいいです。
ぜひ。

投稿: 心太@釧路 | 2011年9月11日 (日) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ほっこり」とか「高み」のことなど | トップページ | ミニOB会 »