« 釧路八重が咲きました。 | トップページ | スズランはもう少し先 »

プロ野球新人選手に響くことは?

.

今朝の釧路5月18日(月)
記載時間11:20
日の出3:56
天気 (5:00)晴れ
気温 (5:00)8.8℃
気圧 (5:00)1010.0hPa
予報晴れ時々曇り
予想最高気温15℃

今朝の釧路は晴れです。11時の気温は13.9℃です。

Imgp39121280

「長嶋と王 グランド外の真実」を読みました。『記憶の長嶋 記録の王』として、これまでも数々語られてきたが、グランド外の二人をくらべると・・・と、いう内容です。長嶋ファンの私としては、その部分でも多くの逸話をテレビ・ラジオ等で接してきたので、新鮮な感じは受けませんでしたが、あらためて言われてみると、そうだなと認識した部分もありました。

長嶋・王のことを書いた本ですが、面白かったのは、山本浩二さんの新人選手への講話の部分です。チームにライバルがいることで、互いに成長する。その最たる例としてONを挙げ、自分もそういう存在の選手がいたから、切磋琢磨の中から本塁打王などの実績を残すことが出来た。と、語ったそうです。

そして、そのライバル選手との競い合いを話したのですが、聞いている新人たちには、どうも響いていないようだなと思い、まさか国民栄誉賞の彼を知らないわけがないと思いつつ、念のために聞いてみたら、「知らない」と答えられて愕然とした。と、いう話でした。この本の筆者も驚きをもって書いています。

でも、プロ野球に入った若い人は、国民栄誉賞をめざしているわけではなく、連続試合出場記録というのも、それだけ長くレギュラーだった証ですから、評価に値するものでしょうが、これからの選手には響かないのではないでしょうか?それよりも、イチロー、マー君といった現役選手のほうが、憧れ、目標という存在だと思います。

先日、職場の若い人たちが、「ビーズが釧路にきた」と話していました。ヒットした曲名を聞いたのですが、わかりません。「ビーズ」ではなく、「ビージーズ」なら、今もiTunesで聴いているのだけど、それを言ったところで、どうせ知らないのだろうなあと思いました。まあ、過去の野球選手の活躍も、似たようなものではないでしょうか。

|

« 釧路八重が咲きました。 | トップページ | スズランはもう少し先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釧路八重が咲きました。 | トップページ | スズランはもう少し先 »