« 「超」はつかなくても、ちょっただけ長ける「能力」というか「技」はないものか | トップページ | そんな時代でした »

釧路は史上3番目の暖冬で、桜開花予想は5月17日

.

今朝の釧路3月8日(日)
記載時間10:30
日の出5:48
天気 (5:00)
気温 (5:00)-0.8℃
気圧 (5:00)1028.0hPa
予報曇り朝は雪
予想最高気温3℃

今朝の釧路は雪がちらついていましたが、いつの間にか止んでいます。まあ、放っておけば融けるだろう・・・といった程度の降雪です。

北海道新聞に日本気象協会の桜開花予想が載っていました。北海道は4月30日に函館に上陸して、札幌は5月4日、旭川・帯広が5月6日、釧路は5月17日で最終根室は5月20日との予想です。

今朝、テレビで今月6日に満開を迎えたというどっか(神奈川だったかな?)の早咲き桜を中継していました。あれは、元々、そういう桜なのか、品種改良の成果?なのか、どうなのでしょう?富良野のラベンダーなんかは、人気が出てきてから、早咲き、遅咲きが現れました。そうすると、観光としてはいいのでしょうが、旬という味わいがなくなり、ランクが落ちた気がしました。

今冬は暖冬だった。とラジオのニュースで伝えていました。特に札幌と釧路は顕著で、釧路は観測史上(1901年~)3番目の暖冬だったとのことです。その話を家内としていたら、「だって、股引はかなかったしょ」と言われて、そうだ、この冬は股引も長袖シャツも出番がなかったと気がつきました。これは、間違いなく暖冬です。

今朝、録画をチェックしていたら、録った覚えがない映画「川の底からこんにちは」がありました。どんなんかな?と思って、スタートボタンを押したら、そのまま最後まで見てしまいました。「しょうがない」が口癖の満島ひかりさん主演で、あとは父親役と叔父役が知っている俳優さんでした。内容は、今風にいうと脱力系の映画でした。まあ、いい意味で、後に残らないものでした。日曜の朝には、ちょうどよかったのかも。

|

« 「超」はつかなくても、ちょっただけ長ける「能力」というか「技」はないものか | トップページ | そんな時代でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「超」はつかなくても、ちょっただけ長ける「能力」というか「技」はないものか | トップページ | そんな時代でした »