« CM について | トップページ | ブルースについて »

バラードについて

.

今朝の釧路2月27日(金)
記載時間8:10
日の出6:03
天気 (5:00)
気温 (5:00)1.1℃
気圧 (5:00)1006.0hPa
予報
予想最高気温2℃

今朝の釧路は雪です。8時現在、気象台のデータでは8cmの積雪です。根室市には暴風雪警報、釧路・根室全域に大雪警報が発表されています。

14年前の日記を読んでいたら、リッチー・バイラーク・トリオのアルバム「ロマンティック・ラプソディ」を買った。と、ありました。バラードです。iTunesを見たら、リッチー・バイラークは、ほかに「ヒューブリス」、「マンハッタンの幻想」、「恋とは何でしょう」もありました。どれも好んで聴いています。

バラードで思い浮かぶのは、拓郎さんだと「とっぽい男のバラード」です。『♪ 何をやってもダメで うすのろだけの男』です。まあ、歌詞はバラードですが、曲調は異なる気もします。拓郎さんだと、『♪ だいじな話が 君にあるんだ』の「外は白い雪の夜」がバラードNO1かな?あと、小室等さんもバラードの人というイメージです。『♪ 雨が空から降れば 思い出は地面にしみこむ』なんてのは物語性を感じます。

その物語性だけでバラードといっているのは、武田鉄矢さんの「母に捧げるバラード」でしょう。そして、映像がいっぱい広がるバラードといえば、これは、トワ・エ・モアの「虹と雪のバラード」です。1972年札幌冬季オリンピックのテーマ曲です。物語性ということでは、これに優るバラードはないように思います。銀盤の妖精といわれたフィギュアスケートのジャネット・リン。ジャンプ70m級の笠谷・金野・青地の日の丸飛行隊ですねぇ。

オリンピックとバラードといえば、フランシス・レイの「白い恋人たち」も外せません。札幌の前、1968年のグルノーブル冬季オリンピックの映画で流れます。やはり、フランスですから洒落ています。そして、この曲を聴いていると、同じフランシス・レイの「男と女」へと続くのです。「白い恋人たち」は、『♪タラララ ラララ~ タラララ ラララ~ 』 で、「男と女」は、『♪タ~ラ~ラ シャバダバダ シャバダバダ』です。『♪ シャバダバシャバダバ』になると11PMになっちゃいます。

|

« CM について | トップページ | ブルースについて »

コメント

白い恋人たち、男と女、、、いい曲ですね。
蛇足ですが男と女を見た時にパリに憧れたものです(笑)

投稿: のび太 | 2015年2月27日 (金) 21時53分

のび太さん
フランシス・レイは、映画音楽でも貢献しましたね。
映画「男と女」は、まさに大人という感じを強く持ちました。

投稿: 心太@釧路 | 2015年2月28日 (土) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CM について | トップページ | ブルースについて »