« 釧路で南海放送を聴きながら、なぜ四国には新幹線がないのかを考える | トップページ | 珍しいこと続き »

リプトンのティーバッグにはホチキスがない

.

今朝の釧路2月17日(火)
記載時間5:30
日の出6:18
天気 (5:00)曇り
気温 (5:00)-4.0℃
気圧 (5:00)1016.5hPa
予報曇り夜は晴れ
予想最高気温4℃

今朝の釧路は曇りです。昨日は曇りでしたが、気温がプラス3℃まで上がって、歩道などの雪融けが進みました。今日の予想最高気温もプラス4℃です。春が近づいています。

この頃、紅茶を飲んでいます。リプトンです。

Sdim20141280

リプトンのティーバッグが出回り始めたのは、東京オリンピック前(1962~1963年 昭37~昭38)あたりだったと思います。コカ・コーラを初めて飲んだ時期と近かった記憶があります。ティーバッグは画期的というか、カップに入れて、お湯を注いだ後、チャプチャプとやるのが面白くて、紅茶の味よりも、そっちが目的でした。紅茶を味わって飲むようになったのは近年です。

この前、聞いた話ですが、リプトンのティーバッグは、ホチキスを使っていないので、電子レンジに入れられる。とのことでした。

Sdim20171280

だけど、紅茶飲むのに電子レンジ使う?と思って、検索してみたら、最初に「 レンジでチン♪濃厚ロイヤルミルクティー」というリプトン(会社)のページがヒットしました。なるほど、メーカーのお薦めだったのですね。

ほかのメーカーはホチキスを使っているの?と思って、画像検索をしてみたら、〇東紅茶のは、ティバッグを綴じる部分と紐と紙を接着するのにホチキスを使っていました。ひょっとしたら、ティーバッグのホチキス有無は特許と関係があるのかな?

紅茶で思い出す歌というと、柏原芳恵さんの『♪ 紅茶のおいしい喫茶店・・・』、あるいは、ペドロ&カプリシャスの『♪ 別れの朝 二人は 冷めた紅茶・・・』あたりでしょうか?拓郎さんの歌にはなかったかな?・・・『♪ 喫茶店にばあちゃんと二人で入って・・・』 注文するのは、紅茶ではなくて「しぶ茶」でした。

|

« 釧路で南海放送を聴きながら、なぜ四国には新幹線がないのかを考える | トップページ | 珍しいこと続き »

コメント

紅茶じゃないですが、大昔叔母と二人で喫茶店に行ったときウェイトレスさんに注文を聞かれて叔母が「ミルクコーヒー」と言ったら「カフェオレですね?」「いいや、ミルクコーヒー」「ですからカフェオレ」みたいな押し問答が続き私が叔母に耳打ちしてようやくその場がおさまった記憶が(笑)
当時は”カフェオレ”という言葉がとてもハイカラだったような気がします。
同じ頃、叔父が紅茶にブランデーを入れたり友人がジャムを入れて
ロシアンティーとか教えてくれ少し大人になったような。
懐かしい思いでです。

投稿: えすぺ | 2015年2月17日 (火) 15時53分

えすぺさん
カフェオレもそうですが、この頃はカツェラテなるものも登場して、
その違いはよくわかりません。
紅茶も奥が深いものらしいですね。
詳しい人の話を聞いても、これもよくわかりません。
昨夜のテレビでは、日本上陸の「ブルーボトル」に行列をして、
コーヒーを飲んでいる人たちがいました。
コーヒー飲むのに行列?これも信じられません。

投稿: 心太@釧路 | 2015年2月18日 (水) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釧路で南海放送を聴きながら、なぜ四国には新幹線がないのかを考える | トップページ | 珍しいこと続き »