« 筋金入りは、やっぱり違う | トップページ | クラウン還暦、ハイクラウンは50年 »

賀原夏子さんは、はなちゃんの後輩だった

.

今朝の釧路1月8日(木)
記載時間7:10
日の出6:53
天気 (5:00)快晴
気温 (5:00)0.5℃
気圧 (5:00)999.1hPa
予報晴れ時々曇り
予想最高気温3℃

今朝の釧路は快晴です。7時の気温はプラス0.9℃です。道北・オホーツクは吹雪が続いています。新千歳空港では、ほとんどが欠航となり、空港ビルで1500人が夜を明かしたとの記事がありました。今日は一部の運航が見込まれているとのことです。

昨日は、若大将シリーズ第18作(加山雄三さんの若大将シリーズとしては最終作)の「帰ってきた若大将」を見ました。「帰ってきた」というとおり、10年ぶりに制作されて1981年(昭56)に公開された映画です。

田沼雄一(加山雄三さん)は、サザンクロス島の政府と日本をつなぐ仕事に従事。その島の政府職員に懐かしのアグネス・ラムちゃん。そして、マドンナ役は、10年前の酒井和歌子さんから坂口良子さんに代わっていました。2人の年齢からするとそうなるのかな?

この映画に30年前まで「田能久」(←主人公の実家=老舗のすきやき屋さん)に店員として勤めていたという設定で、賀原夏子さんが登場します。英会話が達者(進駐軍の米兵に嫁いだ)という役なのですが、これがホントに流暢な英語なのです。検索してみたら、東洋英和女学校卒でした。あの村岡花子さんの後輩になるのです。映画やテレビでは、どちらかというと、粗忽な「おばちゃん」、「おばあちゃん」役が多かったと思いますが、実際はそのイメージとは違ったようです。

酒井和歌子さんに代わってマドンナ役だった坂口良子さんは、北海道の余市町出身です。余市といえば、NHK連続テレビドラマ「マッサン」のマッサンは、昨日から余市町にいます。大阪からウイスキーを売りにきて、余市こそスコットランドに似た地ということで、ここにウイスキー工場を建てるという展開になります。実際は、ニッカウヰスキーですが、ドラマでは、どういう社名になるのでしょう?そこも、ちょっとした楽しみです。

|

« 筋金入りは、やっぱり違う | トップページ | クラウン還暦、ハイクラウンは50年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筋金入りは、やっぱり違う | トップページ | クラウン還暦、ハイクラウンは50年 »