« 采配振りかざす武将の気分 | トップページ | 元日の朝 »

蝦蛄葉サボテンが咲きました

.

今朝の釧路12月31日(水)
記載時間12:40
日の出6:53
天気 (5:00)曇り
気温 (5:00)-6.2℃
気圧 (5:00)1003.8hPa
予報曇り
予想最高気温1℃

今日の釧路は曇りですが、一時、大粒の雪がちらついたり、10時過ぎから日が射したりしています。正午の気温は-0.7℃です。

Dp3m02091280

居間のシャコバサボテンが咲いています。名前の由来は、「花好きを応援!総合花サイトみんなの花図鑑」というサイトの「図鑑で調べたい」にありました。蝦蛄葉サボテン【引用開始】茎の形が蝦蛄(しゃこ)に似ているところからきている。 英名をクリスマスカクタス(chrismas cuctus)という。 クリスマスのころに咲くことからつけられた名である。 【引用終了】とのことです。

今朝、「所さんのニッポンの出番」の傑作選という番組を見ていたら、岩谷産業のカセットこんろが、日本の食卓を変えた。という話題を取り上げていました。それで、家内と「カセットフー」のことから、子どもの時に住んでいた社宅の話になりました。昭和30年代前半のことです。

家内は製紙工場の社宅(アパート)、私は炭住(2軒連なった平屋)でした。そうしたら、製紙工場のアパートは、瞬間湯沸かし器があって、暖房は工場から敷かれたスチーム。それに水洗トイレもあったというのです。炭住は、石炭は無料でしたが、ルンペンストーブで、湯沸かし器は、その煙突部分に取り付けられたものでした。水洗トイレなんて、どこでも見たことがなかったです。

ですから、家内は、親が一軒家を持った時、同じ釧路市内でも、住宅環境は非近代化してしまったそうです。はあ、そりやそうでしょう。製紙工場の社宅は、都会レベルで設計されていたのでしょう。

逆に、製紙工場の社宅の周りには、自然が少なく、野山を駆けたり、水辺で遊んだということがなかったといいます。その点、炭住の周辺は、山あり沢あり、沼もあって、夏に冬に遊び場は事欠きませんでした。でも、製紙工場の社宅は、今聞いても羨ましいです。

さて、大晦日の夜は紅白歌合戦。薬師丸ひろ子さんと中島みゆきさんが楽しみです。

|

« 采配振りかざす武将の気分 | トップページ | 元日の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 采配振りかざす武将の気分 | トップページ | 元日の朝 »