« 8日ぶりにプラス気温の朝 | トップページ | 干し柿 »

澄ちゃんに言い寄る坂本宝飾店の専務は、店内でも猫を抱いていた

.

今朝の釧路11月23日(日)
記載時間13:30
日の出6:24
天気 (5:00)快晴
気温 (5:00)7.2℃
気圧 (5:00)1018.5hPa
予報晴れ
予想最高気温8℃

午前中の釧路は、よく晴れました。13時の気温は8.1℃です。

昨日というか、今日というか、就寝は2時半でした。4時半に一度、目が覚めました。いつもの時間です。体内時計なのかな?ラジオを聴こうかなと思ったのですが、そのまま眠りに戻りました。次に目が覚めたのは、9時でした。10時過ぎに朝食を摂って、録画の「レッツゴー!若大将」を見たら、もう正午でした。

「レッツゴー!若大将」はシリーズ8作目(ダイジェスト版の『歌う若大将』を入れると第9作)で、1967年(昭42)の公開です。加山雄三さんは、京南大学サッカー部です。星由里子さんは、銀座の坂本宝飾店のOL。ロケは香港、マカオでした。サッカーのシーンでは、加山雄三さんよりも、田中邦衛さんのほうが上手かったです。五郎さん、見かけによらず、運動神経がいいのかも。

その田中邦衛さん(青大将)は、この映画では星由里子(澄ちゃん)さんに接近しません。代わって言い寄るのは、坂本宝飾店の専務です。見た感じ、記憶にない俳優さんでした。

この映画には、18歳の酒井和歌子さんが、スチュワーデス役でワンシーンだけ登場します。星由里子さんに代わって、加山雄三さんの相手役になるのは、その後のこと(若大将が社会人になってから)です。

酒井和歌子さんというと、我らが内藤洋子さんですが、確かこのシリーズには出演していないと思います。加山雄三さんと共演いうと、なんといっても「赤ひげ」がありました。あと、検索してみたら、ヒット曲「お嫁においで」を映画化したそのまんまの「お嫁においで」がありました。

検索ついでに、「レッツゴー!若大将」と一緒に公開された映画を調べたら、「社長千一夜」でした。森繁さんの社長シリーズ第26作です。昭和42年の正月映画でした。この年の正月映画第2弾は、「クレージーだよ天下無敵」と「喜劇 駅前満願」、洋画はマカロニウェスタンの「真昼の用心棒」でした。これらもリアルタイムで見ています。中高生から東京にいた5年間は、結構映画を見ていました。

|

« 8日ぶりにプラス気温の朝 | トップページ | 干し柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8日ぶりにプラス気温の朝 | トップページ | 干し柿 »