« 紅白よりも思い出のメロディー | トップページ | 夏の終わりがくれば思い出す »

♪ 花はどこへいった

.

今朝の釧路8月12日(火)
記載時間11:30
日の出4:24
天気 (5:00)晴れ
気温 (5:00)18.6℃
気圧 (5:00)999.3hPa
予報晴れ
予想最高気温24℃

今朝の釧路は晴れです。予報も「晴れ」の二文字。こういうのを温帯低気圧一過と言うのかな?

明日は仕事なので、今日、墓参りにいってきました。そこそこの人がきていましたが、車輌の規制はありませんでした。

水をくむ場所にいったら、タクシーできた高齢者夫婦( 63歳の私から見ても、ご高齢 )の奥さんが、「お父さん!花忘れた!」と発すると、そのお父さん、厳しく奥さんを叱責しました。

それを聞きながら( 視線は向けていません )、この怒りは何なのか?と考えました。失礼ながら、物忘れをした妻を情けない( そんな歳になってしまったか )と思う気持ちは、もう20年以上前に消化しているでしょう。ご自身も負けないくらい、同じことのの経験を積んでいると思います。

ならば、自身もそうでありながら、それでも、ここという時( 今回で言えば墓参りの花・供物などの用意 )は、抜かりはないぞ。という気持ちが強いのか?それとも、若い頃から、ず~っと自分のことは棚に上げて、妻のことは厳しくチェックしてきた人なのか?・・・なんてことを考えました。

私なら、叱ったりはしません。ちょっと、ほくそ笑むと思います。物忘れ、忘れ物、自分だけでないという安堵です。そして、花は買ったのだから、きっとご先祖様もわかってくれる。墓に手を合わせて帰ろう。と言うと思います。草むしりさえしておけば、後からきた親戚も、来ていったのだなとわかります。

墓参りを終えて、水くみ場を通ったら、件のお父さんは、じっと立っていました。あれ?このお父さん、奥さんを待つ間に、墓の草をむしったり、掃除をしたりしないんだ。そうか、この人は、若い頃から家で君臨してきたんだな。きっと、奥さんが戻ったら、ひとくさり、またお小言があるのだろうなと思いました。まあ、それで波風立たずにいっているのなら、それはそれでいいのでしょう。

|

« 紅白よりも思い出のメロディー | トップページ | 夏の終わりがくれば思い出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅白よりも思い出のメロディー | トップページ | 夏の終わりがくれば思い出す »