« どちらも60年代 | トップページ | 拓郎さん楽しみ二つ »

じりの季節になりました

.

今朝の釧路(5:00)5月30日(金)
日の出3:47
天気濃霧
気温9.3℃
気圧1010.3hPa
予報曇り時々晴れ
予想最高気温13℃

今朝の釧路は濃霧です。海霧(じり)の季節になりました。

昨日も、幣舞(ぬさまい)の高台(NHKをはじめ、テレビ局が全国向けに放送する釧路の映像は、ほとんどが、幣舞橋とその周辺です。JR釧路駅から幣舞橋に至り、橋を渡るとすぐ高台になります)から海を見ていたら、濃霧が結構なスピードで、釧路の街を覆っていきました。

昔は、濃霧の時期は、欠航が頻繁にありました。でも、カテゴリーIII a (計器着陸装置) が導入されてからは、大幅に減りました。そして、今は III b になっていますから、その性能もアップしています。ただし、航空機がこれに対応しているのが条件です。今でも、時折、欠航がありますが、あれは未対応の機材ということなのかな?

昨日の最高気温全国一は、北海道オホーツクの遠軽でした。33.7℃の真夏日でした。全国ニュースにもなっていましたが、23日(金)は雪が降り、高規格道路が閉鎖になりました。1週間で気温差30℃です。まあ、これは北海道でしかあり得ないことです。

寝台特急「 トワイライトエクスプレス」が来春で営業を終えるとの記事がありました。「北斗星」と並んで、予約が取れないことで知られているので意外でした。走り始めて、そんなに時間が経ってないのに・・・と思ったら、既に25年営業しているとのこと。さらに、車輌は40年選手でした。ならば、老朽化というのも頷けます。北海道新幹線が現実になりましたから、これも時代の波ということでしょう。

|

« どちらも60年代 | トップページ | 拓郎さん楽しみ二つ »

コメント

北斗星も廃止の検討…という記事をみて「何を今さら」と思いました。
新幹線計画、青函トンネル計画を立ち上げた時点で寝台特急の廃止は織り込み済みだと思っていたので。

この分だと新幹線が開通して現函館駅に停車せず新函館に駅が出来た時も今更「驚いた」報道がなされるのでしょうね。

「旧市街の地盤沈下」とかって、40年も前から論議されてるのに。

投稿: 長老みさわ | 2014年5月30日 (金) 13時18分

ご長老
新幹線の函館の駅前開発もホテルや複合商業施設が、早々に建設断念が
発表されるなど、どうも花火をあげたわりには・・・という感じです。
新青森駅が、ホントにな~んにもないのに驚きましたが、函館も同じ
ように函館のホテルが片道タクシー無料とかをやるようになるのでしょう。

投稿: 心太@釧路 | 2014年5月30日 (金) 21時41分

春採湖畔でにじり寄ってくる壁のような海霧に押しつぶされそうな畏れを感じたのを思い出しました。早いものであと二週間でまる9年になります。って、やばい、来年はスイート10ということは物入りだぁ(笑)

トワイライトエクスプレスってついこの前デビューしたような記憶が・・・

投稿: thom | 2014年5月30日 (金) 21時47分

thomさん
もう9年前になりますか。
ホント、月日が経つのは早い。
スイート10となれば、決まりものがありますねぇ。
私の時代には、そんな言葉がなかったのでスルーでした。
霧にも種類があって、海霧は重~くじっとりですから堪りません。
白~く軽~い霧なら情緒があるのですけどね。

投稿: 心太@釧路 | 2014年5月30日 (金) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どちらも60年代 | トップページ | 拓郎さん楽しみ二つ »