« 昭和のコーラス・グループ三昧 | トップページ | 贅沢をした »

隣県への意識

.

今朝の釧路(5:00)1月16日(木)
日の出6:50
天気晴れ
気温-5.5℃
気圧1016.7hPa
予報晴れのち曇り
予想最高気温-1℃

今朝の釧路は、氷点下1桁台です。

先日、高校サッカーの決勝は、星陵(石川県)と富山第一によるものでした。どっちが勝っても北陸勢という意識でいたのですが、ラジオの(決勝中継ではない番組)応援メッセージでは、隣県へのライバル意識むき出しのものがありました。そうしたら、今朝のラジオ番組でも、隣県へのライバル意識について取り上げていました。

北海道では、隣県への意識はないと思います。あるとしたら、青森県に近い道南でしょうか。現実に原発問題では、その辺りのことが出ています。それは別として、少なくても、釧路にいると、青森も岩手、宮城、秋田、山形、福島も東北という一括りです。ライバルという意味では、北海道から見たそれはないと思います。

道内でいうと、札幌が北海道を背負っている位置づけなのですが、行政が主催した会議に出た時などは、旭川は、必ずしもそういう意識ではないのだなと思うことがあります。NO2としては、N01は別格ではないのかな?と思う場面です。

こういう意識は、天気予報にも向けられるようで、、NHKの週間予報では、一画面の時は、北海道は札幌のみ、二画面になると札幌と釧路なのですが、これは位置的なものであるのは明らかなのに、それを如何なものか?という声もあるそうです。地元意識というのは、むつかしいものです。

|

« 昭和のコーラス・グループ三昧 | トップページ | 贅沢をした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和のコーラス・グループ三昧 | トップページ | 贅沢をした »