« またまた楽しみ | トップページ | 還暦後はDMも変化 »

野球の応援で守備の時は何をしていたか(45~46前の話)

.

今朝の釧路(5:00)1月29日(水)
日の出6:41
天気快晴
気温-6.6℃
気圧1009.5hPa
予報晴れ時々曇り
予想最高気温-2℃

今日の道内は、最低気温が氷点下20℃以下になった地点がありません。一番気温が低かった胆振(いぶり=苫小牧、室蘭の一帯)厚真と日高(襟裳岬 えりもみさきの一帯)新和で-16.2℃でした。

先日、仲間と昔話になって、高校時代、なぜ、ブラスバンドは野球部しか応援しないのかと責められて、テニス部の応援に出かけたら、マナーに反すると叱られた。という話になったのですが、実際に出かけて叱られたという記憶派と、出かけようとしたら叱られたという記憶派に分かれました。

私は、実際に鶴ヶ岱公園にあるコートにいったら、I という細身の部長(後にスチュワーデスと結婚した幸せ者)にテニスの応援にラッパなんてあり得ないと叱られた。と、話したら、その I というのは、庭球部ではなく羽根球だという指摘を受けました。近年、私は記憶に関しても、まず自分を疑うので、あっさり引き下がったのですが、それはそれとして、実際に出かけたを譲らない仲間もいました。はて、どっちなのでしょう?

そもそも、ブラスバンド(我々の時代は、音楽部というよりも応援団)の応援が、野球に向いているのは、攻守交代が明確だからです。攻撃の時には目一杯吹いて、守備の時は静かに見守る。それが出来るからです。今のサッカーのように、試合中ずっとブブゼラを吹いているのと、ブラスバンドは、ちょっと違います。

野球の守備の時は、静かに見守ると書きましたが、実際は、マウスピースを平手でポンポンと圧して、今でいうところのブーイングのような音を出していました。これは、楽器には良いことではないので、後の世代はやらなくなったようです。私は、チューバでしたから、どっちかというと、守備のマウスピースポンポンのほうが、存在が目立っていました。45~46年前の話です。

|

« またまた楽しみ | トップページ | 還暦後はDMも変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまた楽しみ | トップページ | 還暦後はDMも変化 »