« 水野さんは天文にも精通していた。 | トップページ | 馬子にも衣装の一種か? »

新聞紙広げて小豆干す昼下がり

.

今朝の釧路(5:00)12月8日(日)
日の出6:40
天気快晴
気温-0.7℃
気圧1012.8hPa
予報晴れ
予想最高気温5℃

13時過ぎに書いています。今日も、よく晴れた釧路です。13時の気温は4.9℃です。

R00137721024

『♪ 雨に濡れながら佇む人がいる』のは土曜の昼下がり(三善英史さんの「雨」)。新聞紙広げて小豆干すのは日曜の昼下がり。

昼下がりというと、先月、BSプレミアムで、松下奈緒さんがナビゲーターを務めた「永遠のオードリー」に合わせて、何本かの映画も放送されましたが、その中に「昼下がりの情事」もありました。

もう何回も見ていますが、最初に見たのは、70年代前半に新宿の映画館にかかった「オードリー・ヘップバーン大会」でした。小さな映画館で、1週単位で作品が変わりました。ですから、私が見たオードリー・ヘップバーンは、ほとんどがこの映画館でした。

今回、BSプレミアムで放送された映画に「いつも2人で」もありました。この作品、前述の映画館で見た時は、何が何だかわからない映画という印象でした。ですから、その後、映画館でも、テレビでも、DVDでも見ていませんでした。

昨日、この「いつも2人で」を録画で見ました。40年ぶりです。で、ようやく筋がわかりました。というのは、2人(夫婦)が出会った旅、結婚直後の旅、夫の友人一家との旅、子供が生まれて家族での旅、そして、結婚10年目の現在進行形の旅、といった具合に、いろいろな旅(それも車での旅)が登場するのです。

2人があれこれ思い出す順番に展開しますから、時系列無視です。これを見分けるのは、オードリーの髪型や服装、車の違いなのですが、映画館で見た40年前は、さっぱり理解できずに、何が何だかわからない映画で終わっていたのでした。昨夜、ようやく、40年ぶりにストーリーがわかってよかったです。

あと、「ローマの休日」も放送されました。この映画は、ウィリアム・ワイラー監督が、キャストや全編ロケにこだわったために、予算の都合で、白黒作品にならざるを得なかったという解説がありましたが、印象というか、記憶では、カラーになっているという不思議な存在でもありました。

|

« 水野さんは天文にも精通していた。 | トップページ | 馬子にも衣装の一種か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水野さんは天文にも精通していた。 | トップページ | 馬子にも衣装の一種か? »