« 柿渋うちわ | トップページ | そうだったのか »

夏を愉しむ

.

今朝の釧路(5:00)7月25日(木)
日の出4:05
天気曇り
気温14.6℃
気圧1010.8hPa
予報曇り
予想最高気温19℃
.

23日に(火)に週間予報を見たら、29日(月)まで、ず~っと曇マークだけで、お日さまも傘もない。と書きました。それが、31日(水)まで延びています。10日連続、曇りオンリーの予報です。これが、ずら~っと晴れだったら、沖縄みたいに夏らしい日々ということになるのでしょう。でも、ここは釧路ですから、こんなものです。予想最高気温も19℃~20℃ですから、いたって釧路らしいです。

難続きのJR北海道は、11月から特急を減便、速度ダウンをすると発表しました。現在も安全確保のために、減便、速度ダウンをしています。ですから、11月からダイヤ正常化かと思ったら、逆でした。やはり、これまで老朽車輌に無理をさせていたようです。安全第一で、整備・点検に時間を費やすことに方向転換するようです。

明日から3日間、釧路は「霧フェス」です。ウリは、レーザーショーです。ステージ部門もあります。日中は晴れて、少し暑いくらいで、レーザーショーが始まる夜になったら、濃霧が立ちこめて・・・というのが理想ですが、前述のとおり、予報は曇り、曇り、曇りです。

「霧フェス」は第29回とあります。主催は青年会議所を中心にした実行委です。こういうイベント類は、当初の盛り上がり期を終えると、レールを敷いたとか言って、行政頼りになるか、フェードアウトしていくのですが、「霧フェス」は、来年で30回ですから、文字どおり継続は力だと思います。

気候に関するフェスティバルでは、十勝陸別の「しばれフェスティバル」があります。酷寒をウリにしたものです。こちらは、1982年(昭57)に始まりましたから、今年の2月に第31回を終えています。「霧フェス」よりも先輩格です。ひょっとしたら、「しばれフェス」を見た人が、釧路も霧を嫌っていないで、これを楽しもうという発想から、「霧フェス」が生まれたのかもしれません。

「霧フェス」が終わると、すぐに「港まつり」です。そして盆の16日は、釧路新聞の新釧路川花火大会となります。天気や気温を気にしていたら、釧路の夏は楽しめません。イベントに合わせて、気持ちも盛り上げていかないとね。

|

« 柿渋うちわ | トップページ | そうだったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柿渋うちわ | トップページ | そうだったのか »