« カーネーションと給食の話。 | トップページ | もうすぐ50年 »

屋根受け有り

.

今朝の釧路(5:00)5月13日(月)
日の出4:01
天気曇り
気温3.8℃
気圧1016.7hPa
予報曇り
予想最高気温7℃
.
昨日、14時過ぎから小一時間ほど、予報になかった青空が広がりました。そこで、庭の姫リンゴと釧路八重(寒冷地向けに改良した桜)を撮りました。といっても、まだ芽だけです。

Sdim0013860

↑ 姫リンゴ

Sdim0006860_2

↑ 釧路八重

芽のうちは、まだ違いがはっきりしませんが、今月下旬になって花が咲くとわかります。

日が射したので、暖かいかなと思って、トレーナーだけ着て庭に出たら、寒くて、カメラを向ける前に冬用のコートに着替えるのに家に入りました。気温は6℃近くあったのですが、北風が冷たかったです。そんな中でも、木は花を咲かせるのに頑張っています。偉いものです。

夕方、自室の窓から、近所の公園を眺めていました。結構広い公園で、半分が舗装してあって、自転車で遊べるようになっています。もう半分は、砂利が敷いてあって、そこで野球をしている子供たちがいました。といっても、チームを組むほどの数は揃っていません。少人数で、打席は順番に入り、打つ以外の子は守備につきます。この遊び方は、我々が子どもの頃から変わりません。

ただ、こういう時は、昔は三角ベースと決まっていたのですが、昨日は二塁もありました。今は、三角ベースってしないのかな?それから、今も「ファール36本アウト」なんていうのもあるのかな?実際は、野球にそんなルールはないのですが、ファールばかり打つと、遅々として自分の打席が回って来ないので、そういう時は、「ファール36本アウト!」と責めるのです。これも、実際にファール36本打つのは、本塁打を放つようりも至難なのですが、だいたい5~6本ファールになると、もう36本ファールだ、早く打席を代われと急いたのです。

そして、人数が3人程度の時は、広場を使えない(人数多いグループが使うという暗黙のルールがありました)ので、家と家の間の通路で遊ぶことになります。この時は、ホームと一塁だけです。投手1人、野手1人、打者1人です。悪球でも打たないと、捕手がいませんから、打者がボールを追うことになるので、何でも打ちます。そして、一塁に走り、即、そのままUターンしてホームに戻ってこれると、もう一度、打つことができます。ホーム戻る前にアウトになると打者交代です。守備では、屋根受け有りというルールもありました。屋根を転がったボールが、どこに落ちてくるか。これは、慣れてくると、結構わかるものでした。

|

« カーネーションと給食の話。 | トップページ | もうすぐ50年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーネーションと給食の話。 | トップページ | もうすぐ50年 »