« 7時過ぎまで寝た | トップページ | ギョウジャニンニク(キトピロ)が届いた! »

釧路北部とはという話と突入は投入だったという話など

.

今朝の釧路(5:00)4月28日(日)
日の出4:21
天気曇り
気温4.8℃
気圧998.8hPa
予報曇り
予想最高気温9℃
.

今朝の釧路は風が強いです。6時過ぎに最大瞬間風速23.6m/sを記録しています。昨夜、釧路北部に暴風雪警報が発令されましたが、今日になっても(8時48分現在)警報は解除になっていません。GWに雪が降るのは珍しくないですが、暴風雪となると穏やかでないです。

釧路北部というのは、弟子屈町(てしかが ちょう=摩周湖、大鵬記念館がある町)を指します。「北部」といいつつ、ひとつの町だけなら、ズバリ町名を言えばいいと思うのですが、警報・注意報は、区域で発令するので、こうなるようです。ちなみに、釧路の細区分(北部・中部・南東部・南西部)は、こちらの表(気象庁のホームページ)になります。

そういえば、NHKラジオ第一を聴いていると、天気予報の時、「とうせい津軽」という地域の予報も伝えます。ラジオの電波は、津軽海峡を越えて、青森県にも届いているからだと思います。この「とうせい津軽」って、どこのことかなと思って検索したら、「東青津軽」で、青森市、平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町のことでした。

===

昨日、goo辞書を引いた時、サイドに「gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)」という欄があって、そこに『京大 機動隊突入』とありました。へぇ~今も そういう学生運動があるんだ?と思いながらクリックしたら、どうやら『突入』というよりは、『投入』といったほうが相応しいような出来事だったようです。

クリックして現れたサイトは幾つかあったのですが、ニュース記事ではなく、ブログばかりでした。それを読むと、無許可デモの捜査をするのに警察が学生寮に入ったが、学生との衝突回避のために機動隊が出動した。というのが実際のところのようでした。

『突入』というと、60年代を知る者としては、まったく違う状況を想像してしまいます。昔は、機動隊対学生となると、機動隊は放水、学生はバリケードを築き、角材や鉄パイプを持ち、アスファルトを剥がして投石、さらには火炎瓶で応戦でしたが、今は、機動隊は整然と隊列、学生はスマホでパチリです。昔は昔、今は今で、これでいいのでしょう。

===

連休1日目の昨日は、家から出ることなく、アルバムを聴いたり、テレビで日ハムを応援したりで過ごしました。最下位だった日ハムは、新外国人アブレイユの2ランであげた得点を投手リレーで守って、今季初の3連勝でした。これで4位です。最終回、武田久が二死から連打を浴びて、勝敗のゆくえとテレビ放送時間の両方が気になりましたが、最後の打者をニゴロで抑えて、放送時間枠内に試合終了でした。今日も、ぜひ、こうあってほしいです。

|

« 7時過ぎまで寝た | トップページ | ギョウジャニンニク(キトピロ)が届いた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7時過ぎまで寝た | トップページ | ギョウジャニンニク(キトピロ)が届いた! »