« あれはソースカツ丼というものだったのか | トップページ | ♪ ゆっきでした »

新聞の裏を読む(聞いた話)

.

今朝の釧路(5:00)4月18日(木)
日の出4:36
天気曇り
気温2.3℃
気圧1011.5hPa
予報曇り夜は雨か雪
予想最高気温5℃
.
ラジオで聴いた「今日は何の日」。45年前(1968年 昭43)の今日、霞が関ビルがオープンしたそうです。あの時は、今のスカイツリーオープンと同レベルの大きな話題でした。36階建てのビルはインパクトがありました。ただ、この年の秋に修学旅行で東京にいって、実際に目にした時は、想像が膨らみ過ぎていたのか、その高さは、あれ?というものでした。高さを実感したのは、西新宿の住友ビルが完成した時でした。

北海道新聞に羆(ヒグマ)の目撃情報が、この20年間で10倍に増加したとの記事がありました。その理由は、山と街の間にあった緩衝地帯ともいえる農村がなくなったり、縮小されたので、山(羆)と街(人)が近づいた結果になった。とありました。まあ、それもあるのでしょうが、(これは前にも書きましたが) 実際は、羆を目撃するのが非日常の人が、羆の生息する地域に入ることが多くなった。ということらしいです。羆を目撃するのが日常の人は通報しません。羆が棲んでいるところに人が居るという自覚があります。自然散策、釣り、山菜採りを始めた人が、初目撃で驚いて通報するので、通報を受けた側や委嘱ハンターも出動する。ということになります。「『ここらあたりは、いてあたりまえなんだ』とみんな言ってるんだけど、通報受けたら、仕方ないもんな」ということらしいです。

|

« あれはソースカツ丼というものだったのか | トップページ | ♪ ゆっきでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれはソースカツ丼というものだったのか | トップページ | ♪ ゆっきでした »