« ATM いろいろ | トップページ | マークIIから寒い朝へ »

冬の節電

6時前に書いています。釧路の日の出は6:43です。5時の気温は-2.1℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は2℃です。

10年前の日記です。
==========================
2002年12月13日
昨日の釧路は最低気温-14.3℃(07:00)と今季一番の冷え込みでした。釧路川では、けあらしが見られ、新釧路川はうっすらと結氷しました。北海道は、例年よりも早く厳しい寒さがやってきています。 その証なのか、一昨日の総電力量が1億1千67万7千キロワットと、過去最大を記録したそうです。北海道で用いる石油ストーブは、電気が必要な大型の物が主力になっています。それと、近年は融雪機器も一般家庭に普及しています。 それらによって、ここ数年は、北海道の最大日電力量は冬期間に記録されています。
==========================

北海道では、昨日から冬の節電が始まりました。一昨年よりも7%減が目標です。テレビの街頭インタビュー(今は、『道行く人に尋ねてみました』とか言うのかな?)では、冬に節電と言われても、何をどうすればいいのか、具体的なことが思い浮かばない。と、答えている人がいました。そうなのです。室温を抑えることは、灯油代節約で、もう何年も前から実施しています。そんな家庭の需要よりも、問題は工場などの事業用電力だ。と、なっても、需要ピークの時間帯をずらす早出、深夜の操業は、寒くて出勤が大変です。寒さの中にいると、ひもじい思いになりますから、冬の節電は、なんか思い切ったことをしないと、むつかしいと思います。

考えられるのは、民間はギリギリやってますから、国の出先、道庁、支庁(現振興局)あたりの事業を見直したらいいと思いますが、そうすると民間への仕事も減ることになるので、これまたむつかしいです。でも、まあそうも言ってられないので、とにかく出来ることからやる。そういうことだと思います。

|

« ATM いろいろ | トップページ | マークIIから寒い朝へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ATM いろいろ | トップページ | マークIIから寒い朝へ »