« 夜更けの「雪像」とPCスピーカー(関連なし) | トップページ | 冬の節電 »

ATM いろいろ

今朝の釧路は晴れたり曇ったり雪がちらついたりですが、10時過ぎの今は日が射しています。5時の気温はプラス1.9℃、10時は2.5℃です。予報は雪か雨のち曇り。予想最高気温は4℃です。

昨日、炬燵を出しました。今日から、北海道では冬の節電が始まります。それにも効果がありますし、灯油代の節約にもなります。そして、うたた寝環境も良好になります。毎年書いていますが、炬燵の居眠りは、授業中のそれと、トップを競う気持ち良さです。

この前、ATMの話になりました。銀行や信金、郵便局などにあるATMです。最近はコンビニにもあって、ますます便利になっています。ATMというのは、automatic teller machineの略です。← goo辞書を引きました。teller というのは、これまたgoo辞書によると、【引用開始】1 話し手。語り手。2 金銭出納係。銀行などの金融機関の窓口で、客と応対する人。【引用終了】という意味でした。

そのATMの機種は、各行、信金、郵便局によって異なります。同じ銀行でも、新機種、旧機種が、店舗ごとによって配置されているので、微妙に違います。

先日、郵便局で初めてATMによる振替を経験しました。これまで、窓口に振替用紙を出す度に、ATMでの振替をすすめられたのですが、待ち時間に、NHKステラで連続テレビ小説のあらすじを読むのも、郵便局を訪れる目的のひとつだったので、いつも断っていました。でも、今の連続テレビ小説は、喧噪さについていけなくて、見ていないので、ならばとATMを使ってみました。

これが難儀でした。用紙を挿入する口を見つけられなかったのです。ひょっとして、札を入れる口と同じ?とも思いましたが、札と用紙では高さ(W×H×DのH)が違います。戸惑っていたら、窓口の人がヘルプにきてくれました。用紙はATMの左上に挿入口がありました。いやあ、すっかりATMでまごまごする爺さんになってしまいました。

それから、郵便局のATMは、現金を受け取る動作が少し遅れると、「お忘れ物がございます」と、呼び止められます。。ATMの横にあるパンフなんて眺めていると、すぐ「お忘れ物がございます」となります。これは、ATMを使う年齢層が高い郵便局ならではの配慮なのでしょう。もし、「お忘れ物がございます」となったら、それは平均動作時間よりも遅れているということです。

あと、私が利用している信金では、入金の時、全部と一部を選択できます。たとえば、8千円入金したい時、1万円を挿入しても、2千円が戻ってきます。これは、すべてのATMにあってほしい機能です。

きっと、これからも、新機種が出るたびに、操作方法も少しずつ変わってくるのでしょう。がんばって、着いていかなくては。

|

« 夜更けの「雪像」とPCスピーカー(関連なし) | トップページ | 冬の節電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜更けの「雪像」とPCスピーカー(関連なし) | トップページ | 冬の節電 »