« 天気予報でいう東日本とは | トップページ | 初接種 »

小笠原はどうした?

今朝の釧路は霧雨から小雨になって、9時過ぎから、はっきりと雨になりました。5時の気温は9.8℃、10時は10.0℃です。予報は曇りのち雨。予想最高気温は12℃です。

日本シリーズは、日ハムが負けてしまったので、あまり話題になりませんが、先日、15~16人の宴で、唯一Gファンがいたことから、その話しになりました。そこで出た「小笠原はどうしたの?」が、私も気になっていました。日ハムからGにFA移籍して、MVPを獲得。両リーグでの受賞は、江夏と2人だけという名誉を得ました。その後も順調に見えたので、この日本シリーズもクリーンナップとして登場すると思っていました。でも、代打で見かけただけで終わりました。ケガなのか?原監督と合わなくて、かっての仁志のような扱いを受けたのか?なんて思ったら、昨季も規定打席に遠く及ばない出場機会しかなかったそうです。歳も39歳になったとか。そうか、ガッツも来季は40歳になるのです。そういうことなのです。

先日、防湿庫からフィルムカメラを出して触っていたら、ラバー部分(通常のカメラでは革の部分)が、べたつきました。本来は、しっとりしたフィット感があるのですが、それが失われていました。ラバーの劣化なのでしょう。対処法をネットで探しましたが、これといった解消法がありませんでした。それで、メーカーに問い合わせたら、貼替可能との回答がありました。前面、裏蓋のラバー貼替と距離計調整で1万円を大きく割り込む見積でした。ありがたいです。

デジタルカメラだと、保証期間後に故障したら、それはもう、買い替えが一番出費を抑える方法です。たとえば、リコーのCX6などは、昨年の12月に発売されて、その後は新型は出ていません。その価格はというと、3万円台だったのが、今は1万5千円を切っています。保証期間(1年)内であっても、この変動ですから、修理などは考える必要がないのです。

その点、フィルムカメラは、とっくに販売終了という機種ばかりですから、修理するか、中古を求めるしかありません。さらに、メーカーを頼っても、会社自体がないというところもあります。ですから、これから望むことは、メーカーにメーカーであり続けてほしいこと。そして、ユーザーを見捨てないでほしいこと。それから、町の技工士さん(カメラ修理)が、ずっと仕事を続けてほしいこと。ということです。その前に、フィルムが消えたら、アジャパーですけどね。

柳葉魚(ししゃも)を買いに行った市場で、まだ脂が強い。11月中頃がいい。と言われたので、そろそろ来週あたりと思っています。今、旬を感じるのは、果物よりも海鮮品です。特に柳葉魚には、その感が強いです。食卓にあがるのが、今から楽しみです。

|

« 天気予報でいう東日本とは | トップページ | 初接種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天気予報でいう東日本とは | トップページ | 初接種 »