« 今日のこと | トップページ | 天気予報でいう東日本とは »

冬の節電を考える

今朝の釧路は雨です。5時の気温は9.9℃です。予報は雨。予想最高気温は12℃です。

今年の夏が長く感じたせいか、余韻がないまま本格的な秋になって、気持ちとしては、もう冬仕度へと向かっています。昨日は、今季初めて灯油の定期給油(北海道では、490リッタータンクを各戸に備えて、タンクローリーが定期的に給油に回る)がやってきました。これが月1回、4月まで続きます。灯油も、今は80~90円台ですから、わが家では、炬燵を補助暖房として用いています。ですから、冬の節電といわれても、灯油代節約のために電気を使っているので、ハイまかせておいてとはいきません。

灯油価格の推移を検索すると、全国レベルでは、18リッターポリタンクの詰替を基準にしている統計ばかりです。ですから、あるデータを見ると、昭和50年では655円、昭和60年は1,538円、平成7年は1,076円、平成17年は1,246円、そして平成24年1月は1,661円となっています。これは、北海道では前述のように、いわゆるホームタンクを使っているので、どうもピンときません。これをリッターにすると、36~90円台ということになりますので、そこで、なるほどとなります。

昔は、ストーブ(石炭)着火のために起きて、燃焼が安定するまで、丹前に身を包んで番をしていました。それが今は、灯油になってタイマー起動ですから、いたって楽なものです。加えて、住宅も断熱構造になったので、北海道でも水道凍結が激減しました。そういう環境になったせいか、丹前を寝具に用いることがなくなりました。先日、職場でその話しになったら、丹前を知っている(実体験)のは、50代、60代だけでした。

灯油代節約と節電となると、あとは厚着でしょうから、この際、丹前を復活してはどうでしょう。それと、炬燵も電気消費を極力抑えて、品川アンカを入れておくといいと思います。ついでに、湯たんぽも使って、朝は、その湯で洗顔すると、これまた節約、節電になります。それから、夜更かしをやめて早く寝る。これも効果あります。

|

« 今日のこと | トップページ | 天気予報でいう東日本とは »

コメント

石炭に豆炭に練炭は昔のものになってしまいましたね。
アンカが復活すると、一酸化中毒死も復活しそうで怖い。。。

それはさておき、X200に8入れました。いいおもちゃです(笑)

投稿: thom | 2012年11月 7日 (水) 11時26分

丹前ってどんな服かな?・・着用したことは無いと思います
灯油がリッター、90円近い価格になってからは灯油の暖房器具を稼動させてませんねぇ・・

寒がりの家庭では、こちらでも暖房器具を出したようですが我が家はまだ無暖房です

冬に暖房無しでも生活できそうなアイデア商品を見つけましたよ
着る「寝袋」ですね
http://www.iforet.jp/shop/g/g59848/

コレ、面白そうですよね!!

投稿: かかし | 2012年11月 7日 (水) 18時48分

thomさん
一酸化中毒、そういうのもありましたね。
今の住宅は、隙間風がないから、余計に危険かも。
8は、タッチパネル仕様が強調されているので、まだ食指が動きません。

投稿: 心太@釧路 | 2012年11月 8日 (木) 06時25分

かかしさん
丹前は、綿が入った着物に寝間着(ゆかた)を合わせたものです。
冬は必須でした。
北海道にもオール電化住宅がありますが、それでも圧倒的に暖房は
灯油という家が多いです。
着る寝袋は、これに長靴を履けば、朝のゴミ出しにそのままいけそうです。
なかなか面白いですね。

投稿: 心太@釧路 | 2012年11月 8日 (木) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のこと | トップページ | 天気予報でいう東日本とは »