« 夕日のサンピラー | トップページ | 備えよと言われてもなあ »

前向きに

今朝の釧路は濃霧です。5時の気温は12.7℃です。予報は晴れ朝晩曇り。予想最高気温は18℃です。

「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」を録音して、寝る時に聴いていることは度々書いています。25日(月)の放送では、拓郎さんの奥さん(森下愛子さん)が、宮古島へ2週間のロケにいったので、三度の食事に困っていると言っていました。ホントは、出前代行(数ある食事処の出前を代行する業者)に毎日でも注文したいそうですが、出前の人に「またか」と思われるのが恥ずかしいので、1日置きにしているとも言っていました。

私は、外食は全然苦になりません。先週、家内が4日ほど不在でしたので、その日の気分で、あっちへ行ったり、こっちで食べたりと、財布と相談しながらですが、外食を愉しみました。そんな中、感心したことがあります。近所の蕎麦屋さん「釧路庵」です。ここは、天麩羅が美味しくて人気の店です。今回、感心したのは、ホールの青年です。オーナー夫婦の息子さんと見れば、そういう雰囲気もありますし、バイトの学生といえば、そうも見えます。

この青年、動きに無駄がないのです。客がくる、水を出す、注文を聞く、注文を告げる、ざるの海苔をかける、蕎麦・丼物を運ぶ、レジをする、丼を片付ける、テーブルを拭く・・・これをテキパキとこなすのです。厨房は2人(オーナーご夫婦)、ホールは青年1人ですが、出来上がった蕎麦・丼物をカウンターに停滞させることはありません。見ていて惚れぼれしました。集中力と持久力の両方を備えた見事な働きぶりでした。いや、ホント、立派!

一昨日は、神奈川の友人が釧路を訪れました。高校の同級生です。定年退職後、悠々自適生活の中、お母さん、お姉さんと一緒に新潟、小樽、稚内、知床、釧路と孝行旅行です。それで、釧路に着いた夜に、地元の友人も加わって、一席設けました。40年前にタイムスリップしたように話しが弾み、楽しい時間を過ごしました。

酒が入った彼が面白いことを言いました。大学を出て38年、いつも前向きに生きてきた。定年が近づくと、歳を感じることもあった。疲れて社に戻ると、駐車場に「前向きに」と書いてあって、その看板にも励まされた。と言いました。都会の駐車場は、隣接してオフィスがあるので、排気ガスで迷惑をかけないように、前向きに停めるのがルールだそうです。やっぱり、Tは愉快な奴だと思いました。

|

« 夕日のサンピラー | トップページ | 備えよと言われてもなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕日のサンピラー | トップページ | 備えよと言われてもなあ »