« ♪ いつまでたっても 駄目なわたしね~ | トップページ | 60年前のカメラと72年前のレンズで15年前に撮った写真 »

六ちゃんは、先生でも医師のほうだった

今朝の釧路は快晴です。5時の気温は-5.2℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は3℃です。

デスクトップを春らしくしてみました。

R0013718860

青い空に白い雲は、元気の素です。『♪ 見ろよ青い空 白い雲 そのうち なんとかなるだろう~』と、青島幸男さんが書き、植木等さんが歌いました。昨日、私の職場は、親会社から独り立ちしました。そんな今、ぴったりの応援歌です。

NHK連続テレビドラマ「ゲゲゲの女房」の再放送(BSプレミアム)が、朝、7時15分から始まりました。今日は、その第1回の放送でした。主人公が水木しげるさんとお見合いする場面がスタートです。そして、時は昭和14年に遡りました。でも、この流れも、シーンも全然覚えていません。あれぇ~?ほんの2年前のことだぞ。こりゃあ、老人力の域を超えたかな?と、心配になりました。

そこで、思い出しました。「ゲゲゲの女房」を見だしたのは、少し話が進んだ頃だったのです。この番組が放送された2010年(H22)の4月に、私は退職して嘱託職員になったのですが、初めのうちは、それまでどおりの出勤時間だったので、見ていなかったのです。ちょっとして、職場に早く行くこともないと思って、朝ドラを見るようになったのでした。あ~よかった。見てないものは思い出せません。

「ゲゲゲの女房」に続いて、7時半からは、「梅ちゃん先生」の初日放送がありました。六ちゃんが先生になるという予備知識はあったのですが、先生は、教師ではなく、医師のほうでした。自動車整備工として、すぐ一人前になった六ちゃんですから、医師だって夢ではありません。そして、お隣さんが、片岡鶴太郎さんというのも面白くなりそうです。ナレーターは、聞いたことある声だな?歌舞伎役者の◯◯さんかな?と、思ったら、林家正蔵でした。

こぶ平時代、「テレビでは、落語家としてよりも、お笑いタレント扱いされていたのですが、見直したのは、映画「駅前シリーズ」のDVDで、解説をしていたことです。これが、なかなかよくて、多方面の勉強をしているようすが、話に顕れていました。きっと、今回の語りも、新境地開拓につなげていくことでしょう。なんたって、三平師匠のご嫡男(『三平』は弟が継ぎましたが)ですからね。

|

« ♪ いつまでたっても 駄目なわたしね~ | トップページ | 60年前のカメラと72年前のレンズで15年前に撮った写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪ いつまでたっても 駄目なわたしね~ | トップページ | 60年前のカメラと72年前のレンズで15年前に撮った写真 »