« 決定的瞬間と吉本つらら、そして日ハムとAKB | トップページ | この道17年にして、初めて舟をこいだ »

馬の背と恵さんに昌ちゃん

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-2.7℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は3℃です。

「馬の背」を三省堂 大辞林で引くと【引用開始】馬の背のように両側が深い谷となって落ち込んでいる山の尾根伝いの道。【引用終了】とあります。下の画像は、近所の空き地に出来た馬の背です。雪を運ぶ風が家に遮られ、このような吹き溜まりをつくるのだと思います。

Rimg0094n860

富良野スキー場が北の峰スキー場と呼ばれた頃、コースの上のほうにも、「馬の背」と呼ばれた域がありました。検索してみたら、今もその名は残っています。( ←pdfファイルにリンクします)いわゆる上級者コースですが、細長く高いコブ(ギャップ)がいっぱいあって、それ自体が、馬の背が並んでいるようでした。

そこを縫うように滑る(コブの谷間を滑る)のが上級者ですが(私のことではありません)、上には上がいるもので、最上級者(もちろん、私のことではありません)になると、コブのトップ(てっぺん)に接地(接雪か)して、コブのトップとトップの間を飛ぶように滑るのです。それは、それは見事なもので、転んでコブの谷に身を横たえながら(私のことです)、ほれぼれとして見ていたものです。

NHK連続小説「カーネーション」は最終週です。主人公は90歳を超えました。長崎に帰った周防さんのことも気になりますが、私が知りたいのは、従業員だった恵さんと昌ちゃんのことです。このまま、その後に触れず終わってしまうのでしょうか。もう、亡くなっているかもしれませんが、オハラ洋装店を辞めた後、どうしたのか、ナレーションでもいいので教えてほしいです。

|

« 決定的瞬間と吉本つらら、そして日ハムとAKB | トップページ | この道17年にして、初めて舟をこいだ »

コメント

北の峰懐かしいです!
初めて小学生の時父に連れていってもらい、真っ青な空に映える開放感満点のゲレンデ、行き交う何基ものリフトに感激して、大人になってからも北の峰へ行くのが楽しみでした。ノンストップで降りきった後の疲労と達成感は北の峰ならではです。

カーネーション、なんで急に恵さんと昌ちゃんいなくなっちゃったんでしょう。もー不満だらけです。ブー

投稿: Coo | 2012年3月27日 (火) 08時55分

Cooさん
北の峰は、プリンスが進出してから、すっかり変わりましたね。
初めは、1本のリフトだけが、プリンスでしたが、すぐ全てになりました。
ノンストップだと4kmですね。
カーネーションも着陸体勢になりましたね。

投稿: 心太@釧路 | 2012年3月28日 (水) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 決定的瞬間と吉本つらら、そして日ハムとAKB | トップページ | この道17年にして、初めて舟をこいだ »