« 白梅よりも、お蔦主税の心意気よりも | トップページ | 家内も還暦 »

フィルムスキャン

正午過ぎに書いています。
今日の釧路は晴れでしたが、昼前から曇りに変わりました。5時の気温は-7.8℃、正午は-2.7℃です。風が強く寒いです。

昨日は、午前中に所用があったので休みました。午後から、スキャナーの設定と、フィルムスキャンを試みたら、これが面白くて、あれこれやっているうちに22時になりました。今日の午前中も、同じことで愉しんでいました。5年前にも CanoScan 8800Fという機種で、フィルムスキャンをしていたのですが、思ったような結果が得られず、押入れで眠ったままになっていました。今回、購入したのは、エプソン GT-X970です。エプソンダイレクトのアウトレットを入手できたので、ラッキーでした。

現在、フィルムスキャナー専用機は販売されていません。フィルムカメラの現状を思うと当然です。それで、今、フィルムスキャンをやろうと思ったら、どこを読んでも、エプソン GT-X970(普通の原稿とフィルムが扱える)ということになっています。このGT-X970は、前述のCanoScan 8800Fと同じ時期(正確には6日違い)に発売されたものです。その後、5年間に新しい機種も発売されていますが、フィルムスキャンならこれということになっています。いわゆる定番ですね。それだけ完成度が高いとも言えます(時代が後発を求めなかったということもありますが・・・)。

今、なぜフィルムスキャンかというと、フィルムカメラを使っているからです。これまで撮った中から20本くらい(700枚くらい)は、ネットで受注しているところにCD化をお願いしました。なんといっても、フィルムスキャンは時間がかかります。1枚(1コマ)1分くらい要しますから、フィルム2~3本を超えると、一仕事になるのです。なので、枚数が多い過去分はショップにお任せとなりましたが、そうすると送料を含めた費用がかかるので、今後分については、自分でやったほうが出費は少なくて済む。というのが購入にいたった理由と、家内説得のポイントでした。これからは、撮ったら現像はショップで、スキャンは自分でということになります。

彩度を高めるとデジタルカメラっぽくなりますし、コントラストを抑えると、フィルムらしさを強調できます。1枚のネガ画像で、何通りも愉しめるのが、デジタル時代にフィルムが面白いと思うひとつでもあります。

|

« 白梅よりも、お蔦主税の心意気よりも | トップページ | 家内も還暦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白梅よりも、お蔦主税の心意気よりも | トップページ | 家内も還暦 »