« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

G仙人が斎藤佑樹投手を応援したら

今朝の釧路は雨です。5時の気温は3.1℃です。予報は雨か雪、朝晩は曇り。予想最高気温は4℃です。

昨日まで、今日と明日は荒天(明日は暴風雪)との予報でしたが、気象庁、気象会社各社とも、今日は雨交じりの雪、明日は晴れ間も出ると変わりました。いいことです。

昨日、事務所では、親会社の方が1名(専門職)退職、1名が異動。わが社でも、1名(専門職)退職、2名が異動ということで、見送りがありました。毎年のことなのですが、やはり寂しいものです。その気持を紛らわすというわけではないのですが、各々の方がお持ちくださった菓子を1品ずついただきました。何れも美味でした。

私の席がある事業所の長であるG君は、関心、無関心がはっきりしています。自分が好きなことは、寝食を忘れて没頭するタイプで、周りが体を壊すのではと心配するほどです。これが、関心がないこととなると、まったく意に介さず受け流します。そのレベルは、仙人のごとくといった域に達しています。

そのG君が、昨日の夕方、日ハムの開幕戦を語り始めました。斎藤佑樹は通用するのか?と話し始めました。これまで、33年間席を並べてきましたが、彼がプロ野球のことに関心を示したのは初めてのことでした。それが、話題をふられたのではなく、自から語ったので驚きました。退社時も、「今夜は楽しみだ。斎藤佑樹だものな。」と言って帰りました。珍しいこともあるものです。

そうしたら、G君の熱い思いが伝わったのか、斎藤佑樹投手は、開幕試合を任されたエースそのものでした。スコア9-1の勝利投手です。内容も、完投、被安打4、1失点という見事なものでした。相手チーム(西武)の3番打者(中島)に全打席出塁(2安打、2四球)を許しながらも、最少失点に抑えたところが、斎藤佑樹投手らしさでした。そして、試合後のインタビューでは、「今は『もってる』ではなくて、背負ってます」と発しました。それに続いた言葉が、ダルビッシュが抜けたことでしたから、必死さを表したものでしたが、こういう表現を出来るところが、スター斎藤佑樹です。これは、文字どおりチームを背負う存在になり得えるでしょう。今後が楽しみです。

| | コメント (0)

趣味はと問われて

今朝の釧路は曇りです。5時の気温はプラス2.9℃です。予報は曇りのち晴れ。予想最高気温は7℃です。

朝の気温がプラスになり、予想最高気温も5℃超えとなりました。その実感はなくても、春になっています。ただ、明後日(4月1日)の予報は、ウェザーニュースを除いた気象庁、日本気象協会(YAHOO!天気予報)、ウェザーアイなどは、吹雪としています。『♪ 春なのに ため息 またひとつ』なのであります。この際、ウェザーニュース(雪マークよりも雲マークが大っきい)を信じます。頑張れ!ウェザーニュース!

昨日、同僚と趣味の話になりました。同僚は、私のことを多趣味だというので驚きました。私の趣味は、野営、カメラ、小旅行(飛行機を用いない温泉目的の旅行)程度です。その中身はというと、野営(キャンプ)といっても、夏と秋の2回だけで、日数にしても合わせて10日くらいです。場所も専ら美瑛町十勝岳麓の白金野営場のみです。野の趣に溢れた環境に身を置きますが、食っちゃ寝のぐーたらキャンプです。そして、カメラは写真を撮りませんし、温泉巡りは歳によるものです。

ということを同僚に言ったのですが、「それが多趣味だ」と返ってきました。でも、やっぱり私が多趣味とは思えません。ならば、趣味と言えるものは?と問われれば(問われていませんが)、AMラジオの遠距離受信を含めたラジオを聴くというのが、それになると思います。これは、小学6年生の時に東芝のトランジスタラジオを買ってもらったことに始まり、高校生になって、オールナイトニッポンが始まり、18歳で上京(正確には神奈川県秦野市)して、SONY スカイセンサーを入手(友人と登山用ラジオと交換)してBCLに興じました。社会人になってからも、それはずっと続き、還暦の今も、テレビよりはラジオという生活です。部屋には、ミズホ通信のAM専用遠距離受信用屋内アンテナも置いています。

で、同僚に趣味はと尋ねたら、これが意外でした。その同僚は、上映中の映画「僕等がいた」を始め、釧路でロケを行う映画(『ハナミズキ』、『旭山動物園物語』など)やテレビドラマのエキストラ集めを行い、自らもスクリーンに登場(『僕等がいた』では教師役)している人物で、劇団を主宰しています。ですから、趣味は当然、「演劇」と思ったら、それはライフワークだと答えました。演劇は、生活の一部(端から見ると大部分)だから、これはライフワークだと言うのです。

ライフワークをgoo辞書で引いてみると、【引用開始】一生をかけてする仕事。畢生(ひっせい)の事業。また、個人の記念碑的な業績とみなされるような作品や研究。【引用終了】とあります(『畢生』も引いたら、終生のことでした)。

なるほど、そうなのです。同僚の活動は、すでに街づくりの業績と認められています。やはり、趣味を超えたライフワークだったのです。私の場合は、ラジオを聴いていても、雑談ネタを得ることくらいですし、このブログには、毎朝聞く「今日は何の日」のことを書きますが、そのほとんどは忘却の彼方で、身についていません。これは、大いに考えてみる必要があります。

ちなみに、今日は、国立競技場が完成した日だそうです。1958年(昭33)3月30日のことでした。あれ?東京オリンピック(1964年、昭39)のために建設したんじゃないの?と思ったら、国立競技場は、完成した年の6月1日に開会した第3回アジア競技大会のためにつくられたものでした。このアジア大会開催は、日本がオリンピックを開催する力があることをアピールする目的もあったとのことですから、国立競技場は、五輪招致の役目を一足早く果たしていたのでした。

| | コメント (0)

タンチョウ・マリモ特別天然記念物指定60周年の日

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-2.6℃です。予報は晴れ朝晩は曇り。予想最高気温は5℃です。

今日は、マリモの日です。漢字で書くと毬藻となりますが、毛玉 藻でそのまんまです。1952年の今日、阿寒湖のマリモが特別天然記念物に指定された(←文化庁のホームページにリンクします)ことから、「マリモの日」になりました。ちなみに、同年同月同日、タンチョウも特別天然記念物に指定された(←文化庁のホームページにリンクします)のですが、「タンチョウの日」というのは検索してもヒットしません。人気からいうと、タンチョウのほうが上だと思うのですが・・・。

ということで、今日は、マリモ、タンチョウの特別天然記念物指定60周年の日です。釧路市では、広報でも特集しています。マリモの特集(←pdfファイルにリンクします) タンチョウの特集(←pdfファイルにリンクします)。また、 環境省の動きとして、国内6番目の世界遺産候補地として、マリモが生息する阿寒湖もその一つであることが、釧路新聞で報じられています。

今、マリモは、阿寒湖のマリモ展示観察センターで見ることができますが、昔は、ホントに自然のまま湖底に生息するマリモを観光遊覧船の船底から突き出た円筒状の覗き穴から見学しました。ただ、それは子供の頃でしたから、正直いうと、マリモそのものには、何の感激もありませんでした。どちらかというと、湖底を覗くという行為と、(マリモが) 「あった!いた!」、「見つけたぞ!」という探検ごっこに興じていました。まあ、子供の目から見ると、ただの緑の丸い藻ですからね。それよりも、食べられるのか?というほうに関心があったのですが、なんたって特別天然記念物ですから、それは許されないわけです。その頃、耳にした「タンチョウの焼き鳥にマリモの刺身」というジョークも、この頃は聞きません。

マリモと食べるといえば「まりも羊羹」です。爪楊枝をプチッと刺すと、くるんとむける羊羹です。これが根強い人気(思い出の品ということもあると思います)があって、今も土産の中心にいます。( そういえば、なぜか阿寒湖畔土産に木刀がありましたが、この頃は見ないように思います。)

そんなこんなで、今日は、60年前に釧路市(当時は阿寒町)阿寒湖のマリモと釧路市が絶滅の危機回避に大きな役割(危機を招いたのにも関わっていたのかもしれませんが)を果たしたタンチョウが、国の特別天然記念物に指定された日でした。

| | コメント (0)

この道17年にして、初めて舟をこいだ

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-6.3℃です。予報は晴れ朝から昼過ぎ曇り。予想最高気温は2℃です。

昨日は、外部役員会・内部役員会が続けてありました。進行・説明役を降りて2年。役員会に臨む緊張感が全然違います。加えて、今はPowerPointを用いての説明なので、会議室が暗くなります。これがいけません。昨日は寝不足でした。役員会に出席するようになって17年、初めて舟をこぎました。でも、おそらく周りには気がつかれなかったと思います。

昨夜は、風呂あがりにキリンフリーを飲みました。新年会の残りです。冷蔵庫の整理を兼ねて飲みました。

Rimg0073

宴会でも、烏龍茶にあきたら、これを飲みます。その昔、烏龍茶が登場する前は、ジンジャエールが、ウィスキーの水割に見えるということで、下戸の間では重宝がられました。今は、酒を無理強いする人もいませんし、「飲んだら乗るな」が徹底されていますから、ソフトドリンクが市民権を得ました。ですから、いつでも、どこでも、堂々と飲むことができます。ただ、注意が必要なのは、居酒屋によっては、ノンアルコールビールを瓶ではなく、グラスで運ぶところがありますから、時々、間違えてホンモノが回ってくることがあることです。

今日は、午後から研修(受けるほう)なので、これまた睡魔との戦いになりそうです。居眠りベスト3。第1位 炬燵の天板にうっぷす居眠り。第2位 授業中の居眠り。第3位 日向ぼっこの居眠り。

| | コメント (0)

馬の背と恵さんに昌ちゃん

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-2.7℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は3℃です。

「馬の背」を三省堂 大辞林で引くと【引用開始】馬の背のように両側が深い谷となって落ち込んでいる山の尾根伝いの道。【引用終了】とあります。下の画像は、近所の空き地に出来た馬の背です。雪を運ぶ風が家に遮られ、このような吹き溜まりをつくるのだと思います。

Rimg0094n860

富良野スキー場が北の峰スキー場と呼ばれた頃、コースの上のほうにも、「馬の背」と呼ばれた域がありました。検索してみたら、今もその名は残っています。( ←pdfファイルにリンクします)いわゆる上級者コースですが、細長く高いコブ(ギャップ)がいっぱいあって、それ自体が、馬の背が並んでいるようでした。

そこを縫うように滑る(コブの谷間を滑る)のが上級者ですが(私のことではありません)、上には上がいるもので、最上級者(もちろん、私のことではありません)になると、コブのトップ(てっぺん)に接地(接雪か)して、コブのトップとトップの間を飛ぶように滑るのです。それは、それは見事なもので、転んでコブの谷に身を横たえながら(私のことです)、ほれぼれとして見ていたものです。

NHK連続小説「カーネーション」は最終週です。主人公は90歳を超えました。長崎に帰った周防さんのことも気になりますが、私が知りたいのは、従業員だった恵さんと昌ちゃんのことです。このまま、その後に触れず終わってしまうのでしょうか。もう、亡くなっているかもしれませんが、オハラ洋装店を辞めた後、どうしたのか、ナレーションでもいいので教えてほしいです。

| | コメント (2)

決定的瞬間と吉本つらら、そして日ハムとAKB

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-3.6℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は2℃です。

一昨日は、吹雪の予報が、静かな雪で安堵。昨日は、ノーマークだったのですが、午後から雪になり、量としても一昨日と同じくらい降りました。でも、2日とも積雪にしたら4~5cmです。この時期の雪ですから、日が射したら融けます。OKです。週間予報を見ると、31日(土)に天気はくずれるようですが、雪ではなく雨になるようなので、今年度は昨日が雪の降り納めかもしれません。といっても、年度が新たになった4月も、雪が降ることは珍しくないので、タイヤ交換はまだ先です。

今朝、資源ごみを出しにいったら(資源ごみは、私の係です)、ご近所さんの軒につららがあったので、撮ってみました。

Rimg0113860

「決定的瞬間」というと、アンリカルチエ ブレッソンというフランスの写真家が撮った、紳士が水たまりを飛び越える「サン ラサール駅裏」という作品が頭に浮かびます。もちろん、それとは次元が違いますが、つららの決定的瞬間に挑んでみました。

Rimg0102n2860

これも、デジタルカメラだから出来る(10枚以上撮って、1枚だけ捉えていました)ことです。「アナログ、デジタル相和し共に行くべし」とは、田中長徳氏 「写真楽五箇条のご誓文」の『伍』のお言葉であります。

つららというと、吉本つららさんです。倉本聰ドラマ「北の国から」で、麓郷の農協に勤め、草太兄ちゃんと婚約というところまでいっていながら、東京から雪子(純、螢の叔母)が現れ、草太兄ちゃんは、そっちに夢中という展開に翻弄された人でした。松田美由紀さんが演じていましたが、いい感じを出していました。

昨日、AKB48の前田さんが卒業のとの見出しが、ネットニュースのあちこちに載っていました。前田さんという子は高校生だったのか、と思っていたら、今朝見た見出しには、「卒業は自分の意思」とありました。それで、初めてAKB48を退団するのだと知りました。そうしたら、AKB47になるのか、あるいは補充があるのか?と思ったら、これまた見当違いで、AKBというのは、48人の倍以上の人がいるとのこと。なるほど、AKBは平安高校野球部だったのです。でも、前田さんは、AKBの主力です。チーム編成にも大きな影響があるのでしょう。ダルビッシュが抜けた日ハムと重なって見えます。AKBにも頑張ってほしいです。

| | コメント (0)

彼岸荒れに至らず

今朝の釧路は曇りから晴れ、そしてまた雲ってきました。5時の気温は-3.3℃、11時は-0.5℃です。

今朝、ラジオを聴いている時、地震(7時前)がありました。揺れはそれほどでもありませんでしたが、震源が遠くでも津波注意報が発令されることがあります。そうなると、出勤しなくてはなりません。それで、すぐNHKラジオ第一に切り替えたのですが、通常番組のままでした。そのまま7時のニュースになって、地震速報はないままです。ようやく、7時20分からの道内ニュースで、震度が2であったこと、津波の心配がないことが伝えられました。NHKにしては珍しいなと思ったのですが、どうやら震度があったのが道東に限られた(釧路・根室、十勝、オホーツク)からだと思います。やはり、ニュースというのは、大きな事か、影響が広域に亘るものでないと扱いが異なるようです。まあ、当然といえば当然のことです。

昨日の雪は、いわゆる「彼岸荒れ」にならずに済みました。そのことに感謝しつつパチリ。春の雪は、影もやわらかく感じます。

P3250335860_2

札幌、東京などへ進学する人が、釧路を離れる時期です。札幌だとJR(昔は国鉄)というのは、昔も今も変わりませんが、親御さんが運転する車でというのも多いようです。高速道が延長されたからです。東京だと飛行機です。我々のように国鉄(JR)という時代ではないですからね。

国鉄で、24時間かけて上京すると、ホントに遠くにきたという実感がありました。逃げられない(大げさですけどね)と思いました。釧路が恋しくなると、バイト先の電話から105番(市外の電話番号案内)にかけました。釧路の自宅の番号(当然、覚えていますが)を聞くのです。1970年(昭45)当時は、市外番号案内(105番、市内は104番)は無料でした。105番にかけて「北海道釧路市」と言うと、釧路の交換につながりました。もちろん番号照会以外の会話は応じてもらえませんから(小心者の私は試したこともありませんが)、自宅の番号を聞くだけです。それでも、釧路の人と話をしたという満足感?がありました。ね、こういういじらしいことをする時期もあったのです。今は携帯の時代(ファミ割で無料)ですから、こういう話は昔話というより化石ですね。

| | コメント (2)

中園駅のおやきを思い出した

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-1.3℃です。予報は雪、朝晩は曇り。予想最高気温は2℃です。

今日の天気は、雪ということでは、ウェザーニュースとYAHOO!天気予報は一致していますが、風の強さでは、前者が9~10m/s、後者が3~4m/sと予報が分かれています。雪はやむを得ないとしても、風は「やや強い風」に至らずに終わってほしいです。

昨日、ある集まりで、2~3日前、SLが( 釧路市内を )走っていたという話になりました。詳しい人によると、今年は「SL冬の湿原号」が3月にも営業したとのことでした。帰宅後、検索してみたら、そのとおりでした。

で、その時の話で、( 釧路市の東西に亘る道々釧路環状線である )雄鉄(ゆうてつ)線通りは、雄別(ゆうべつ)鉄道の線路跡を道路にしたものだ。というのを知らない世代がいました。まあ、無理もないです。鉄道の役目であった石炭運搬の元である雄別炭鉱が閉山になったのは、42年前(1970年、昭45)のことでしたからね。

私が通った中学校、高校のすぐ横(隣接の位置)を雄別鉄道の蒸気機関車が、石炭を積んだ貨車を引いて走っていました。小学校も、その線路の近くにありました。ですから、SLが煙と蒸気を吹き上げて走行する風景を特別なものだと思ったことはありません。今こそ、「鉄撮り」と呼ばれる人方がSLを追っているけど、昔は毎日見ていたんだよなあ。と思うくらいです。SLの煙の匂いから離れて40年ですが、あの感じは今も覚えています。そのくらい日常だったのです。そういえば、高校の近くにあった雄別線中園駅横のおやき屋のおやきは美味でした。あの味も、はっきり覚えています。

| | コメント (2)

久々にノートン博士

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-4.5℃です。予報は晴れのち曇り。予想最高気温は4℃です。

明日の予報は、昨日の午前までは、雪だるまが斜めになって風雪に耐える吹雪マークだったのですが、午後からは、雪だるまが直立している(吹雪にはならない)雪マークか、気象会社によっては、雪より雲が多いマークに変わりました。降雪量もそうは多くならないようです。できれば、降ったり止んだりで、雪かきせずに融けた。と、なってほしいです。

4年前に購入したパソコンのハードディスク(500MB)が、残容量少になったので、外付USB HDD(2TB)を注文した話は書きました。それが一昨日届きました。それで、画像ファルダを外付HDDに移行したのですが、そのほかに、前に使っていたパソコン(NEC水冷)の画像フォルダもCドライブにコピーしてあったので、それも移しました。そうしたら、370GBの空きができました。これなら、暫く余裕で使えそうです。

ファイルの移動を行ったので、デフラグ(空き領域の断片化解消とファイルの再配置)をやってみようと思いました。でも、以前にこれをやって、スムーズに起動しなくなり、初期化したことがありました。以来、デフラグはやらないようにしていたのですが、今回は大量のファイルを削除しているので、やはり必要性があるように思いました。はて、どうするか?

そこで、Norton Utilitiesを使ってみました。このソフトも、かっては、諸刃の剣と言われていた存在だったので、DLする前に評判を検索してみました。そうしたら、ブラウザに保存しているIDとパスワードが消えたという記述がありました。まあ、その程度なら、Google Chromeの同期をすれば済むことなので、思い切って(大げさ?)DLしました。ノートンユーザーは、1000円引の¥3980でした。

デフラグの結果は、やはり、ブラウザに保存したIDとパスワードが消えましたが、これは同期で復活。あと、秀丸メールのアイコンモジュールがデフォルト状態になっていましたが、これも設定で元に戻しました。今のところ、この二つだけなのですが、おそらくほかの問題はないと思います。Norton Utilitiesは、3台までインストール可なのですが、ほかのパソコンには、今のところ必要がないので、自室のデスクトップ機だけにしておきます。

そういえば、Google ChromeがInternet Explorerを抜いて、シェア1位になったとの記事がありました。でも、1日天下で、すぐ抜き返されたとも書いていました。それにしても、急迫です。なんかあった?と思ったら、インド、ロシア、ブラジルでの利用が多いからだそうです。ブラウザといえばIEという時代ではなくなったのですね。

| | コメント (0)

りりィさんは同期生(同窓生には非ず)

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-0.4℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は3℃です。

気象庁や日本気象協会、YAHOO!などの週間予報を見ると、明後日、24日(土)の釧路は吹雪です。微妙に彼岸からずれていますが、いわゆる「彼岸荒れ」になるのか?ただ、ウェザーニュースだけは、雪よりも雲のマークが大きくなっています。そうなることを願うのですが、コメントには、【引用開始】週末は湿った雪が強く降って、荒れた天気になる恐れがあります。強風で吹雪になることも。【引用終了】とあります。この時期の雪かきは難儀です。どうか大雪になりませんように。

ドリームズ・カム・トゥルーの吉田美和さんが結婚との記事に、お相手は、りりィさんのご子息とありました。りりィさんは同期生です(同窓の関係ではありませんが)。そのせいか、りりィさんは、リアルタイムな存在です。シンガーには、ヒット時のイメージが固定された人も多いですが、りりィさんは、デビュー、「私は泣いています」のヒット。活動休止と復活。そして今。と、そのままの存在です。久々にアルバムを聴いてみようかな。

| | コメント (2)

1970年(昭45)のこと二つ

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-3.2℃です。予報は晴れ一時曇り。予想最高気温は2℃です。

昨日、ネットで40年前の友人を「発見」しました。プロの職業に就いていました。顔写真を見ているうちに、彼の口調が思い浮かんできました。そして、短い間でしたが、ともに行動した数々のことを思い出しました。大根荘四畳半での雑魚寝。城ヶ島へのドライブ。学食でのうずらの卵争奪戦。チェリオVSミリンダ論争(ともに炭酸飲料で、好みが分かれていた)。機動隊に追われて、逃げ出したけど、重装備の機動隊員に追い抜かれたこと(我々ノンポリは、追い払われるだけ)。等々。友人は、現役活躍中です。仕事の邪魔をしないように、昔話や今のことを話したいと思っています。

友人と知り合ったのは、1970年(昭45)です。同じ年に公開された映画に、山田洋次監督の「家族」があります。昨夜、BSプレミアムで放送されました。長崎の伊王島(いおうじま)から、北海道東部中標津(なかしべつ)に開拓(酪農)に入る一家を描いたものです。ほとんどが、その移動を描いたものです。伊王島から、フェリー、電車、新幹線、また電車、青函連絡船、汽車、の強行軍に、東京で乳児を亡くし、中標津に着いたら父が亡くなります。今では、飛行機を使わない移動は考えられませんが、当時はこれが普通でした。私も、同じ年に上京(正確には神奈川県秦野市)した時は、汽車ー青函連絡船ー電車でした。この映画は、主演の井川比佐志さん33歳、倍賞千恵子さん28歳の時に撮った作品です。

1970年は、映画にも登場する大阪万博があった年です。この時代に北海道の開拓が続けられ、そこに入植する人がいたのか?これが、実際にあったのです。高校の体育教師(女性)が、私たちが入学した年に大学を終えて初赴任し、3年後、私たちが卒業するのと同時に、中標津の隣にある別海(べつかい)の開拓団に加わりました。それは、驚きでしたが、根釧(こんせん=根室・釧路)台地のパイロットファームは、1955年(昭30)から始まり、東京オリンピックがあった1964年(昭39)まで、国の計画によって進められた後も続けられていたのです。

根釧台地の中標津、別海は、釧路と根室を三角形の底辺にした頂点辺りにある町です。山田洋次監督は、「家族」を撮った後、「遙かなる山の呼び声」、「男はつらいよー夜霧にむせぶ寅次郎」、「釣りバカ日誌20ファイナル」(脚本)にも、この一帯を登場させています。そして、「遙かなる山の呼び声」にも主演した倍賞千恵子さんは、中標津に家を構え、今も生活されています。台地と酪農風景は、40年前も今も変わりません。

| | コメント (0)

家内も還暦

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-5.0℃です。予報は晴れ一時曇り。予想最高気温は1℃です。

家内も還暦になりました(『迎えました』という表現が正しいのかな?)。18日(日)は、家内には珍しく、いつもの温根内(釧路湿原)木道歩き以外は予定がなかったようで、「気合を入れて馳走をつくる」と言って、昼過ぎから台所に立ちました。

Rimg0052860

還暦祝いに相応しく懐石風(まだ『風』がつくそうです)料理です。料理教室で習いたての品々とのことです。海老そぼろちらし寿司、ぶりの鍬焼き(ジンギスカンが羊肉を焼くのにヘルメットを用いた鍬版か?)、大和蒸し(茶碗蒸しの玉子の部分が長芋)、胡麻豆腐、蕪(かぶ)の甘酢漬ときんかんの甘露煮、みぞれ汁(餅と大根おろし)でした。いずれも美味でありました。料理も気合なのかな?

箸は、娘が還暦祝いに贈ってくれたものです。ありがたいことです。

Rimg0051860

デザートは、柚子蜜アイスでした。さっぱり味で、これならK病院のT医師も許してくれるのでは?(ダメだべか)

Rimg0062860

昨夜は、家内は仲間内の還暦祝いに出かけて、花束をもらって帰ってきました。やはり、女性は心配りが細やかなのですね。

Rimg0065860

フィルムスキャンを愉しんでいるうちに、ハードディスクの残が少なくなりました。4年前に買ったドスパラの準自作機は、500GBのハードディスクです。それで、外付USB HDDを増設することにしました。価格COMを見たら、1TBが8000円台で、2TBだと11000円弱です。3000円の差なら2TBです。それにしても、NEC 9801-NS/T(98NOTE SX/T)を92年(H4)に買った時は、内蔵HDD 40MBで、パソコンに詳しい人からオーバースペックと言われたのですけどねぇ。

| | コメント (0)

フィルムスキャン

正午過ぎに書いています。
今日の釧路は晴れでしたが、昼前から曇りに変わりました。5時の気温は-7.8℃、正午は-2.7℃です。風が強く寒いです。

昨日は、午前中に所用があったので休みました。午後から、スキャナーの設定と、フィルムスキャンを試みたら、これが面白くて、あれこれやっているうちに22時になりました。今日の午前中も、同じことで愉しんでいました。5年前にも CanoScan 8800Fという機種で、フィルムスキャンをしていたのですが、思ったような結果が得られず、押入れで眠ったままになっていました。今回、購入したのは、エプソン GT-X970です。エプソンダイレクトのアウトレットを入手できたので、ラッキーでした。

現在、フィルムスキャナー専用機は販売されていません。フィルムカメラの現状を思うと当然です。それで、今、フィルムスキャンをやろうと思ったら、どこを読んでも、エプソン GT-X970(普通の原稿とフィルムが扱える)ということになっています。このGT-X970は、前述のCanoScan 8800Fと同じ時期(正確には6日違い)に発売されたものです。その後、5年間に新しい機種も発売されていますが、フィルムスキャンならこれということになっています。いわゆる定番ですね。それだけ完成度が高いとも言えます(時代が後発を求めなかったということもありますが・・・)。

今、なぜフィルムスキャンかというと、フィルムカメラを使っているからです。これまで撮った中から20本くらい(700枚くらい)は、ネットで受注しているところにCD化をお願いしました。なんといっても、フィルムスキャンは時間がかかります。1枚(1コマ)1分くらい要しますから、フィルム2~3本を超えると、一仕事になるのです。なので、枚数が多い過去分はショップにお任せとなりましたが、そうすると送料を含めた費用がかかるので、今後分については、自分でやったほうが出費は少なくて済む。というのが購入にいたった理由と、家内説得のポイントでした。これからは、撮ったら現像はショップで、スキャンは自分でということになります。

彩度を高めるとデジタルカメラっぽくなりますし、コントラストを抑えると、フィルムらしさを強調できます。1枚のネガ画像で、何通りも愉しめるのが、デジタル時代にフィルムが面白いと思うひとつでもあります。

| | コメント (0)

白梅よりも、お蔦主税の心意気よりも

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-0.8℃です。予報は曇り。予想最高気温は3℃です。

10年前の日記です。
=================
2002年(H14)3月17日(日) 曇り時々晴れ 
火曜サスペンス劇場の再放送を見ました。山崎努さんの「九門法律相談所シリーズ」です。山崎努さんは、「天国と地獄」の演技が強烈な印象でした。その後ずっとファンです。「必殺仕置人」も良かったです。サッポロビールのCMでも味を出しています。火サスの九門法律相談所は、古いビルの屋上に建てられた小さな事務所です。夕日が老巧化したビルのコンクリート壁を照らします。その映像が、学生時代にバイトをした雑誌社のビルを思い起こさせます。

宿直員というバイトでした。夕方に出勤して、屋上から街を眺めるのが日課でした。場所は、蔵前通りの清水坂下です。御茶ノ水駅に向かうサラリーマンや学生の流れが、黄昏の坂に都会のけだるさを醸し出していました。低く射す陽が作る街の雰囲気が好きでした。1日の時間で、そこだけがゆっくりと流れているように思えました。浅田美代子さんの「赤い風船」が流行った頃でした。
=================

山崎努さん、サッポロ黒ラベルのCM

この10年前の日記は、きっと、夜に書いたものです。そうでなければ、こういう感傷的なことは書かないと思います。昔の日記を読み返すと、こういう風に恥ずかしくなるのですが、これは自分でも面白い( なに書いてるんだか )ので貼っておきます。浅田美代子さんの「赤い風船」が流行ったのは、1973年(昭48)です。ドラマ「時間ですよ」の挿入歌でした。

日記にある雑誌社は、蔵前通りの清水坂下にありましたが、ルートとしては、御茶ノ水駅から聖橋を渡って、(駅から)400mほどの位置でした。そこは湯島にも近く、当時(昭48)は、ラブホテルが多くありました。10年前の日記には書いていませんが、屋上からは、そういう人の流れも見えました。そういうことには関心がありましたが、白梅だとか、お蔦主税の心意気に思いを馳せるなんてことはありませんでした。「切れるの別れるのって、そんな事は、芸者の時に言うものよ」といえば、ドリフとキャンディーズという時代でしたからね。

| | コメント (0)

新聞配達のおばちゃん、がんばれ。

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-3.3℃です。予報は晴れのち曇り。予想最高気温は3℃です。

朝の晴れは、10日(土)以来です。やはり気持ちいいものです。昨日は、最高気温が2.8℃まで上がったのですが、陽が射さなかったので、外に出ると寒いと感じました。あらためて言うまでもなく、太陽の力は偉大です。

昨日、6時半になっても朝刊が入っていません。外を見ると、うっすら降った雪に足跡もありません。配達を忘れるって珍しいなと思いながら、新聞店に電話をしました。そうすると、近所からも何件か遅配の電話が入っている。雪の影響で遅れていると思う。もう少し待ってほしい。とのことでした。それから、少ししたら、いつもの配達のおばちゃんが、腰に手をあてながら、そろりそろりと歩いて来るのが見えました。凍結路で転んで腰を打ったのでした。あと少しだから、無理しながら回っていると辛そうに言っていました。

こういうことを見聞きすると、他人事とは思えないです。若い時は、凍結路で滑っても、オットットとバランスを取ることが出来ました。この頃は、転ぶまでいかなくても、体勢を保つのがぎこちない動きになっています。そして、もし転んだら、照れ笑いだけで済まないだろうという怖いと思う気持ちもあります。今、5時45分ですが、今朝もまだ新聞が入っていません。きっと、痛い腰をかばいながら配達しているのだと思います。新聞配達のおばちゃん、がんばれ。

今日は、「国立公園指定記念日」とのことです。釧路市は、阿寒国立公園と釧路湿原国立公園の二つを有しています。国立公園の数は29ありますが、阿寒国立公園は、1934年(昭9)に、瀬戸内海、雲仙、霧島、大雪山、日光、中部山岳、阿蘇とともに、日本初の指定を受けています。釧路湿原は1985年(昭62)に28番目の国立公園として指定されました。釧路では、世界遺産へ名乗りを上げるといった動きもあるようです。

阿寒と同時に国立公園に指定された中部山岳国立公園は、どこなのかな?と思って検索してみると、環境省のホームページに紹介がありました。【引用開始】中部山岳国立公園は、新潟、富山、長野、岐阜の四県にまたがり、フォッサマグナに沿って北から白馬岳などを有する後立山連峰、剱岳などを有する立山連峰、槍ヶ岳などを有する穂高連峰など標高3,000m級の山々で構成されています。【引用終了】 なるほど、剱岳がある一帯を言うのです。ここもいいとろですね。

| | コメント (2)

二つの地震

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-4.5℃です。予報は曇り時々雪。予想最高気温は3℃です。

昨夜は、18時9分に釧路が震度3(釧路町、青森県八戸市、青森県南部町、岩手県普代村は震度4)の地震、21時9分には、関東(千葉県銚子市、茨城県神栖市)で震度5強の地震がありました。釧路は、グラグラと揺れたので、来たか!と思ったのですが、そうは長く続かず治まりました。すぐテレビをつけたら、釧路中南部震度4と出たのですが、市町村別震度が表示されたら、お隣の釧路町が震度4で釧路市は震度3でした。そして、震度の詳報より早く、津波注意報は東北沿岸のみと発表されました。その時点でテレビを切ったのですが、19時のニュースを見たら、北海道東部にも追加情報として津波注意報が発令されていました。やはり、地震の時は、暫くテレビから目を離してはいけないようです。

21時9分にあった関東の地震は、家内がNHK教育の「きょうの料理」を見ていたので、緊急地震速報のアラームが、自室にいた私にも聞こえました。これは、18時台に続いて、大きいのが来るのかと思ったら、この地震は関東でした。震度は、当初の広域地区での発表では、家族がいる埼玉、友人がいる千葉、東京も震度5の範囲かと思ったのですが、市町村別詳報では、震度3と2に該当だったので安心しました。それにしても、東北大震災から1年で、それを思い起こさせるには、充分過ぎる地震でした。

今朝、ネットのニュースを見て、日本サッカーがオリンピック出場を決めたことを知りました。いつもなら、職場で話題になるので、その日に大きな試合があることを知るのですが、昨日は、職場も年度末モードなので、その話題はありませんでした。サッカーには関心がなく(メキシコ五輪、日韓開催のW杯は関心を持ちました)、選手もあまり知らないのですが、オリンピックは23歳以下の選手が中心とのことで、ゴールを決めたお二人も知りません。でも、オリンピックには、5大会連続出場ですから、期待できるのではないでしょうか。オリンピックが始まったら、応援しようと思っています。

| | コメント (0)

富士山

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-6.2℃です。予報は曇りのち晴れ。予想最高気温は1℃です。

ラジオで聴いた「今日は何の日」。「えんりゃく19年3月14日 富士山大噴火」と言っていました。「えんりゃく」を知らなかったので、goo辞書で引くと「延暦」と出ました。これなら見たことあります。でも、「えんれき」だと思っていました。で、「延暦19年」をGoogleで検索すると、2番目にwikipediaの「富士山の噴火史」がありました。

それによると、【引用開始】800年〜802年(延暦19年)(旧暦)3月14日から4月18日にかけて噴火。延暦大噴火【引用終了】だそうです。噴火が治まるのに3年かかったのですね。その3年は、8世紀から9世紀に亘ってということにもなります。

そういえば、昨年の今頃は、震災に続いて、富士山も噴火するという話がありましたが、その後は聞かないように思います。こういうのは、話だけに終わってもらうに越したことはありません。と書いていて、確か活火山と休火山の解釈が変わったのだったな?と、「確か」と書いたわりには、不確かな気持ちで検索してみました。

それについては、気象庁のホームページにありました。「火山について」のページに、【引用開始】年代測定法の進歩により火山の過去の活動が明らかになり、数万年に一度噴火する火山もあることが分かってきました。歴史時代だけで今後の噴火発生の有無を判断することは難しいので、近年は休火山や死火山という分類はなされていません。【引用終了】とありました。解釈が変わったのではなく、休火山、死火山そのものが消えたのでした。

ということで、富士山も、『♪手のひらを太陽に透かして』みたのです。気象庁の「日本の活火山分布」にも富士山の表記があります。ということは、そのうち、「活火山」という表現も消えて、単なる「火山」だけになるかもしれないですね。

富士山というと、『♪ ソソラソミドレミ レソソファミレ 』が思い浮かびます。『♪ 頭を雲の上に出し』です。習って、50年経っても忘れないものです。それから、富士山の美しさは、他の山を従えていないところにある。というのも小学校の授業で聞いた覚えがあります。孤高の名峰です。かっこいいですねぇ。

| | コメント (0)

40年前のカメラと20年前のネガ

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-4.2℃です。予報は曇り。予想最高気温は0℃です。

オリンパス ペン D3です。

Imgp1504860

1965年(昭40)年9月発売のハーフサイズ(24枚フィルムで48枚撮れる)カメラです。shin氏の「Olympus Pen Gallery/偉大なるハーフカメラ」に掲載されている「Olympus Pen D3 Spec」によると、【引用開始】Pen D3は1965年9月から1969年9月の約5年間、月産平均3185台程度で、合計156065台が製造されたもようです。【引用終了】とあります。私が、中学2年生の秋から高校3年生の秋まで製造されたカメラです。42~46年前のカメラということになりますが、道東カメラサービスさんから、オーバーホール後のものを購入しましたので、すこぶる快調です。

試し撮りの1枚です。

24550004860

信号で停まった時に撮りました。日照部分(画像の左端)が飛び気味ですが、レタッチすれば使えるのではないでしょうか?ハーフサイズのネガをスキャンしてCD化するのは、近所のカメラのキタムラでは受けていません。それで、どこかいいところがないか、ネットで検索したのですが、プロラボは価格的にパスでした。かといって、技術的なものも軽視できないなあと思っていたら、スキャンのみならず、フィルムの現像もするところが無難との情報があったので、埼玉県草加市の「ねっとぷりん」さんにお願いしました。一緒に20年くらい前のネガも送ったのですが、とても丁寧に扱ってくれたようで、ゴミの付着もなく、いい仕上がりでした。廉価なのも嬉しいです。

これが、20年前のネガからスキャンしてもらった1枚です。

0195500

新規事業所オープンの準備で、夜遅くまで勤務していた時だと思います(髭の伸び具合で)。カメラの操作を教えながら撮ってもらったので、そっちのほうに関心がいっている表情です。40歳の時は、まだ髪の黒い部分もあったのですねぇ。この髪形は、「かじか の頭」← ( 「会津居酒屋・郷土料理 籠太」「親父のぼやき」にリンクします ) と言われていました。

| | コメント (0)

そこのところ頼むよ

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-8.6℃です。予報は曇り。予想最高気温は-1℃です。

昨日は、NHK総合で追悼式の中継を見ました。陛下のお言葉と首相の式辞は対照的でした。性懲りもなく三つの約束を持ちだした首相の後に、陛下の「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくよう、たゆみなく努力を続けていくことを期待しています。」のお言葉は、心に響きました。国会議員は、『国民』を『国会』に読み替えて聞くべきでしょうね。

今朝のテレビでも、CNNの特派員が、日本人は災害の中にあっても、規律正しく他を思いやる心があるのに、組織になると、それを失ってしまう。と指摘していました。アメリカから見ると、食料や水の配給に整然と並ぶ日本人の姿も信じられないが、この難局の最中に政局重視の政治を許している国民性も、また不思議に見えるのでしょう。原発にしても、その安全性、技術が、組織の馴れ合いで、チェックが働いてなかったことを露呈してしまいましたから、国際的な信頼回復という点でも、簡単なことではないと思います。おい、そこのところ、しっかりしろよ。

12年選手の冷蔵庫が、エラー表示です。「H21」が点灯しました。取説には、「速やかにお買い上げの販売店にご連絡ください」とあります。でも、その販売店は、既にありません。そこで、地デジの時から、おつき合いしている近所の電器店さんに電話しました。そうしたら、すぐ来てくれて、製氷の部品を点検して、エラー状態を解消してくれました。また、再度点灯しても、冷蔵・冷凍機能には影響ないので、使い続けてもOKとのことでした。ついでに、台所の手元照明が、何度も紐を引かないと点灯しないのもみてもらいました。こちらは、スイッチそのものがダメなようです。これは、17年選手ですから、部品がないかもしれません。でも、「買ったほうが得」と言わないところが、街の電器店さんのいいところです。ありがたいです。

今日は定休です。今日こそ、自室の片づけです。

| | コメント (0)

暖かくなりました

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-6.2℃です。予報は曇り時々晴れ。予想最高気温は0℃です。

昨日は、高校の吹奏楽部OB会がありました。現役の発表会支援とその打ち上げです。今の部活というのは、我々の時代とは、180度異なる運営形態です。日常の活動は顧問中心に運ばれ、支援には親も登場します。40年間のうちに、そういうことになったようですが、これは元に戻ることはないでしょう。それはそれとして、OBの打ち上げは楽しかったです。

昨日は、よく晴れて暖かでした。最高気温は1℃でしたが、春を感じる1日でした。股引、長袖シャツから、股引なしの半袖シャツ(Tシャツ1枚ということではありません。上着と防寒着は着用)で行動しましたが、寒さを感じることもありませんでした。歓楽街でも、マフラー、手袋なしで平気でした。あとは、ドカ雪が来ずにこのまま春になってくれたらグッドです。

| | コメント (0)

似てるけど違った

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-4.7℃です。予報は曇り時々晴れ。予想最高気温は1℃です。

今日も、NHK連続テレビ小説「カーネーション」の話なのですが、主人公に頼みごとに来る「アホぼん」の友人役が、どっかで見たことあるなぁ~と思って見ていました。そうだ、東幹久だ。ということは、これはその息子か?と思ってキャストを見たら、川岡大次郎という役者でした。でも、オフィシャルサイトやwikipediaには、そのようなことは書いてません。2人は他人のようです。だけど、似てますね。

で、経歴を見て、思い出しました。「ビーチボーイズ」に高校生役で出演していました。それから、「With Love」にも作曲家の卵で出ていました。この二つのドラマは、97年、98年に放送されたので、私も子どもと一緒に見ていたのでした。なんだか懐かしいです。

フレッツ光メンバーズクラブ事務局から、「にねん割」の案内メールがきました。月々¥735の割引になるそうです。NTTから移ることはないと思うので、申し込みました。その時、「 『フレッツ 光ネクスト』 『Bフレッツ』ご利用のお客様に日頃のご愛顧を込めて」とあったのですが、わが家は、まだ光ネクストにしていません。Bフレッツのハイパーファミリータイプのままです。違いは、光ネクストは、データ受信が最大200Mbpsということで、Bフレッツの倍ということになります。でも、今でも特に不満はないので、そのままにしています。ほかに何か違いや特典があるのか、ちょっと調べてみようと思います。問い合わせをすれば、光ネクストを勧められるのでしょうね。

| | コメント (0)

キランキラン

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-3.5℃です。予報は曇り。予想最高気温は2℃です。

NHK連続テレビ小説「カーネーション」は大阪放送局の制作です。舞台は岸和田ですから、台詞は、関西弁というか、大阪弁というか、岸和田弁なのかな?です。昨日の放送で、金箔カステラが登場したのですが、これを見た主人公は、「キランキランやで」と孫に食べるようすすめました。これ、初めて聞きました。「キンキラキン」というよりも、きらびやかさを表現する響きがあります。なるほどなあ~と思いました。『♪ ぎんぎらぎんにさりげなく』と歌うよりも、『♪ ぎらんぎらんにさりげなく』のほうが品があります。

大規模な太陽嵐が地球に接近するという記事がありました。通信や送電線網、航空機の飛行に影響が懸念されるとのことです。日本時間の8日 15時~19時あたりに地球に到達して、9日深夜まで作用するようです。とすると、AMラジオの長距離受信も雑音がひどくなるのかな?と思って、4時頃から東京、大阪の局にチューニングしましたが、いつもどおりだと思いました。電波のこととか、さっぱり理解してないので、ちんぷんかんぷんなのですが、ひょっとして、中波は関係ないのかな?

| | コメント (2)

iPadよりフィルム

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-1.2℃です。予報は曇り。予想最高気温は2℃です。

昨日は、午後から会議が二つあったのですが、会場は同じものの、時間も同時だったので、継続テーマのほうに出席しました。これが17時過ぎまでかかったので、帰宅して夕食を摂ったら、眠くなりました。20時に寝て、朝までぐっすりでした。なでしこジャパンは夢の中で応援したのですが、惜敗でしたね。でも、チームカラーの粘り強さを発揮したようですし、若手の成長もあったということで、ネットニュースでは好意的にとらえていました。オリンピックにつながる収穫も大ということで、よかったです。

今朝のネットニュースは、新しいiPadのことが中心です。名称は「3」でも、高解像度を表す「HD」でもなく、ただの「iPad」とのこと。カメラだと、番号が若い機種が、フラッグシップモデルですが、iPadの場合は、もうこれ以上のものはないという意味なのでしょうか?何れにしても、キーボード派の私は、横目で眺めているだけなのですが、ちょっと気になっていたドコモからも発売という噂は、実現しなかったようですね。

そんな折、同僚がiPod touchを購入しました。昨日、触らせてもらいましたが、ネットに接続して、ソフトキーボードで入力というのは、どうも馴染めそうにありません。ただ、iPod touchにヘッドホンアンプと好みのヘッドホンを接続したら、ポータブルであっても、いい音だろうなあと思いました。まあ、思っただけで行動には移せませんけどね。

行動に移そうと思っているのは、フィルムを買っておくことです。フジのリアラエース(ネガ)が、先月製造中止になり、在庫払底は4月といわれていたのが、既に在庫0という量販店も出てきています。コダックのエクター100(ネガ)も、入荷1ヶ月待ちの表示がされています。これは、やはりフィルムが消える日(ポジは残る?)があるのかもしれません。なんか急かされる気持ちです。といっても、私が使うのは、ワゴン積みのコダック ゴールド(¥198)なのですが、そのワゴンがなくなる日もあるかもしれないので、ちょっと焦っています。今、販売されているのは、消費期限が2014年3月ですから、まあ2年間で30本もあれば充分なので、金額にすると6000円という話なのですけどね。

| | コメント (0)

記念日といわれても

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は0.3℃です。予報は曇り一時雪。予想最高気温は3℃です。

昨日の雪は、降っては融けという感じでした。それでも、人通りの少ない歩道では、長靴がないと歩けない状態でした。予報では吹雪ということでしたが、そこまで至らずに済んだのでよかったです。

ラジオで花粉症対策について話していました。外出時にマスクやゴーグルというのは、テレビでも見たことがありますが、花粉が付着しずらい生地の衣服を着ることや帰宅時には、花粉を払い落とすことも必要とのことでした。あと、うがい手洗いも必須。さらに、ストレスにより症状悪化もあるので、生活全般(寝不足を防ぐなど)に配慮が必要だといっていました。なかなか大変なものなのですね。私の周りには、花粉症で悩む人がいないので、ここまでのものとは知りませんでした。

そして、今日は「花粉症記念日」だそうです。3月7日で語呂合わせではないなと思ったら、1993年(H5)の今日、気象庁が初めて、花粉の飛散状況を発表したので、この日が記念日になったとのことです。でも、花粉症に悩む人たちは、記念日といわれても、嬉しくもなんともないですよね。それと、観測開始日が記念日になったということは、それ以前は、花粉症の存在が知られていなかったのかな?そういえば、昭和の時は、花粉症という言葉も聞かなかったと思います。花粉症が、研究分野で新しいほうのものだとしたら、今後は、ワクチンとかが開発されるかも。

| | コメント (0)

それから12年

今朝の釧路は雪です。5時の気温は-3.6℃です。予報は雪。予想最高気温は1℃です。

昨夜から5時までの積雪は6cmですが、今日は1日中降り続けるようです。そんな中、公立高の入試が行われます。交通機関に乱れがないので、予定どおり行うようです。今日は、早めの行動という受験生が多いのではないでしょうか。

なでしこジャパンが、アメリカに初勝利。沢さん抜きでも強い。決勝の相手はドイツになりましたが、この勢いならいけそうですね。ロンドンオリンピックも楽しみになってきました。それにしても、この大会がどういう位置づけかは知りませんが、ポルトガルの競技場は、観客席が寂しい状態でした。国際大会でも、W杯やオリンピック以外は、こんな感じなのかな?

NHK連続テレビ小説「カーネーション」は、「それから12年(昭和48年→昭和60年)」になりました。主人公も72歳になって、配役も交代となりましたが、周りの人たちも総入れ替え(12年の間に亡くなった)です。なんだか、全然違うドラマのような感じです。あと4週間で再び盛り上がりの場面があるのか、それともフェードアウトなのか、はて、どっちでしょう。


| | コメント (0)

まだ1年

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-12.8℃です。予報は晴れのち曇り。予想最高気温は-1℃です。

7時前に-13.4℃になりました。昨年は2月15日を最後に氷点下2桁台は消え、4月21日が氷点下になった終わりの日でした。今年の冬は、ちょっとしぶといです。

NHKは、昨日から震災特集に入りました。日本医師会が津波映像の自粛を求めたせいか、番組の冒頭に長めに断り書きを表示してから放送しました。今朝のニュースでも、津波の映像があることを告げてから画面を切り替えています。被災地でインタビューを受けた人は、「あの頃よりも、今が思い出すことがあって辛い」と述べていました。まだ1年ですものね。

昨年の日記は何を書いていたかと思い開いてみました。震災当日の朝は、コント55号の野球拳について思い出を語っています。地震発生9時間前くらいに書いたものです。次に書いたのは14日で、短く「言葉がないとは、このことです。釧路は、13日の朝に津波に備えた避難所が閉鎖され、橋の通行止めも解除されました。津波の浸水があった一部地域を除いて日常が戻っています。」と書いています。

そう書いた日(3月14日)の夕刊(北海道新聞)に1枚の写真が載りました。ジャンパー姿で、ピンクの長靴を履き、両手に水が入った焼酎の大きなペットボトルを下げた子が、唇を結んで下向きかげんで、瓦礫の中をいく写真です。これは、共同通信の記者が撮ったものですが、この写真には、大きな反響があり、数多くの手紙やメールが、北海道新聞社に寄せられたそうです。

北海道新聞では、6月に一面コラム「卓上四季」で、その子と家族の安否を気遣っています。そして、7月末の紙面には、読者の思いに応えてなのか、その後の「彼」について記事が載りました。なぜ、「彼」かというと、最初に写真を見た時は女の子だと思ったからです。野球少年の彼は、「おねえちゃん、がんばってるね」と声をかけられると、「俺、男です」と答えていたとの紹介もありました。1年後の彼が、紙面に登場するのか。それも今の関心事です。

今日は定休です。部屋がまた散らかってきたので、その整頓をしようと思います。

| | コメント (0)

もってる釧路

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-8.9℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は-3℃です。

カーテンを開けると、うっすら雪が積もって(うす雪といった感じ)いました。やがて日の出の時刻(6時前)になると、淡い光が射しました。

Rimg0024860

NHK総合の日曜朝7時45分からは、「さわやか自然百景」です。今朝は、道東から、「厳寒 十勝川」でした。この番組は全国放送なのですが、そうだとわかるのが、この番組に限らず、北海道の自然・風土に関する放送で、語りの人が、気温を言う時の口調です。「氷点下17℃」を言う時、道内ローカルだと普通に読み進みますが、全国放送では、この部分が強調されます。その地では、あたりまえのことも、他の地にあっては、尋常の域に非ずということは多々あります。全国放送で、アナウンサーが興奮気味に特産品のことを伝えても、マイクを向けられた地元の人は、何を騒いでいるんだ?という感じの時がありますものね。

話は変わって、この前、宴席で、勉強をやり直すならいつからか?と問われました。私は、小学4年生からと答えました。「小学3年の要点」を読むと、それなりにわかります。これが、「小学4年の要点」になると、へぇ~そうなの。へぇ~そういうことだったの。あれぇ?こうだったけ?ということがいっぱいあります。だから、小学4年から、やり直してみたいのです。算数の約分だって怪しいぞ。

それで思い出したのですが、小学4年というと、社会科の副本がありました。郷土について学ぶものです。おそらく、どこの市町村にもあったのではないでしょうか。その副本には、釧路は北海道の東部に位置し、水産水揚げは日本屈指。石炭を掘る太平洋炭礦は、九州筑豊と並ぶ産炭量を誇る。日本の新聞は、釧路の十條製紙の紙がなければ発行できない。同じく釧路の本州製紙のダンボールがなければ、流通が止まる。そして、釧路には天然記念物の丹頂鶴が生息する(今はタンチョウという表現が多い)が、丹頂絶滅の危機から救ったのも釧路の人達だ。だから、釧路が日本の食卓、四大工業地帯のエネルギー(燃料)、文化(新聞)、流通(ダンボール)を担い、それが、戦後復興を支え、経済の成長を牽引している。さらに、鳥類保護という優しい心持ちの人が住む街釧路。そんな勢いでした(まるで彼の国の教育のよう)。

これ、今はどういう内容になっているのでしょう?水産衰退。炭鉱閉山。紙不況です。唯一、タンチョウは順調に生息数を伸ばしているようですが・・・。今の郷土の誇りは、国立公園が二つある(阿寒国立公園、釧路湿原国立公園)こと。全市天然冷房。毛綱毅曠氏の建物。夕焼けがきれいだ。鉄板スパゲッテイ。釧路ラーメンにザンギ(鶏肉の唐揚げ)。そして、産業というよりは、グルメとしての海鮮品。

あれ?こうやってみると、そう悲観したものではありません。結構、持ってますね釧路。まだまだいけそうです。未来は明るいですよ。

| | コメント (0)

あれ?ここがあそこだったのか!

今朝の釧路は雪です。5時の気温は-5.3℃です。予報は曇り時々雪。予想最高気温は-1℃です。

「craft ka2/釧路湿原にある手仕事クラフト工房」の作品です。

Rimg0018n2860

近年、家内の楽しみのひとつになっているのが、ここの作品である、干支、お雛さま、サンタクロースを飾ることです。面白いのは、「今年はどんなのかな~」と待っているのに、スッと買わないことです。一度、見てきて、今年はこんなのだった。素晴らしい。あの発想はどこからくるのだろう。ほしい。でも贅沢かな?だけど、あと◯個しかなかった。等々を口にしながら、買うタイミングを測っているのです。これも儀式みたいなもので、迷うこと自体が楽しみのうちなのかもしれません。

「今日は何の日」を聞くと、安政7年(1860年)に桜田門外の変が起きています。東京にいた5年間(正確にはうち1年は神奈川県)で、あれ?ここがあそこだったのか!というのが、何ヶ所かあります。そのうちの一つが、桜田門でした。仕事のルートだった日比谷を通っていた時、何度も目にしていた「桜田門」の標識が、ひょっとして桜田門外の変の桜田門?という疑問がわいて、会社の人に聞いたら、何をあたりまえのこと聞くのだと言われて、初めて歴史に登場する場所だと認識しました。ちょっとした感激でした。

あと、本郷の「清水旅館」もそうです。ここの前を仕事で何度も通っていたのですが、ある日、東洋女子短期大学を目にして、1969年(昭44)の秋、東京にいった修学旅行(高2)の光景が甦りました。あれぇ~ここがあの時泊まった旅館かあ。でした。

その1969年(昭44)の3月3日は、国立一期校の入試日でしたが、各地の大学では、入試阻止を叫ぶ学生を警戒して、機動隊がガードする中で実施されました。東大は安田講堂の攻防があった年で、入試が中止になっています。東大も一期校も私には無縁でしたが、今の東大は、いつ入試(一般入試)なのかなと思って検索してみたら、前期日程 平成24年2月25日(土)・26日(日) 後期日程 平成24年3月13日(火)となっていました。

高校の時、「東大を受けるのは誰でも出来る」と言った級友Sがいて、ホントに受験するのかなと思ったら、「体験入試」は早大にしました。「みんな緊張している中で、俺が一番余裕があった。だから、優越感に浸った」と言っていましたが、一応、合格発表を見に行ったと聞いて、皆んなで笑いました。そのSは、S大学に進んで、今も東京で暮らしているそうです。

Sは、親、兄、そして親の兄弟も国鉄という一家でしたが、皆、釧路を離れたので、何十年も釧路には帰ってないという話を昨年の還暦同期会の時に、Sと親しかったNから聞きました。Sというと、誰も着ていなかった長いコート姿(映画マトリックスのようなコート)を思い出します。きっと、高校を出た後の40年余り、ずっとユニークさを発揮してきたのでしょう。

| | コメント (0)

レックスの5速に乗ったなあ

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-4.2℃です。予報は晴れのち曇り。予想最高気温は2℃です。

スバルが軽四の生産を終えたとのニュースがありました。最後の1台はサンバーでした。NHK「プロジェクト X」で印象に残っているひとつにスバル360(てんとう虫)がありました。マイカー時代到来に大きな役目を果たした車でした。私は、昭和60年頃にレックスの5速(マニュアル車)に乗りました。長距離だとリッター25kmという(当時としては)低燃費車でした。あと、家内がビビオに16年乗りました。今後、スバルはダイハツの軽四をOEMで供給を受けるようです。スバルの軽四は個性派でしたから、寂しい気がします。

一昨夜、NHK-BSで、22時から映画「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」の放送がありました。1992年公開のアル・パチーノがオスカーを受賞した作品とのコメントがありました。どんなんだっけ?と思って見始めたら、面白くて最後まで見ました。時計に目をやると、0時半を回っていました。ありゃと思って寝たのが1時。そうしたら、28日同様、起きたら6時半でした。出勤には充分間に合うのですが、いつもと違う朝というのは、気持ちが急くものです。

昨日、北海道では高校の卒業式でした。といっても、夕刊の記事を読むまで気がつきませんでした。周りにそういう子がいる友人、同僚、ご近所さん、知人がいないからなあ。と思いながら10年前の日記を開いたら、娘が卒業した日でした。娘が持って帰ってきた卒業アルバムに、私が3カットも登場していました。合格発表の時の写真です。10年は早いですね。

この時期になると、ラジオでは「卒業」の曲がよくかかります。尾崎豊、ユーミン、斉藤由貴、柏原芳恵(『春なのに』)あたりは、私も好きな曲です。拓郎さんで「卒業」というと、ズバリそのものは浮かんできませんが、「元気です」がそれに近いと思います。『♪ 誰もこっちを向いてはくれません 一年目の春 立ち尽くす私』です。卒業式が終われば、フレッシュマンシーズンです。そうなると春です。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »