« 彼岸荒れに至らず | トップページ | 馬の背と恵さんに昌ちゃん »

決定的瞬間と吉本つらら、そして日ハムとAKB

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-3.6℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は2℃です。

一昨日は、吹雪の予報が、静かな雪で安堵。昨日は、ノーマークだったのですが、午後から雪になり、量としても一昨日と同じくらい降りました。でも、2日とも積雪にしたら4~5cmです。この時期の雪ですから、日が射したら融けます。OKです。週間予報を見ると、31日(土)に天気はくずれるようですが、雪ではなく雨になるようなので、今年度は昨日が雪の降り納めかもしれません。といっても、年度が新たになった4月も、雪が降ることは珍しくないので、タイヤ交換はまだ先です。

今朝、資源ごみを出しにいったら(資源ごみは、私の係です)、ご近所さんの軒につららがあったので、撮ってみました。

Rimg0113860

「決定的瞬間」というと、アンリカルチエ ブレッソンというフランスの写真家が撮った、紳士が水たまりを飛び越える「サン ラサール駅裏」という作品が頭に浮かびます。もちろん、それとは次元が違いますが、つららの決定的瞬間に挑んでみました。

Rimg0102n2860

これも、デジタルカメラだから出来る(10枚以上撮って、1枚だけ捉えていました)ことです。「アナログ、デジタル相和し共に行くべし」とは、田中長徳氏 「写真楽五箇条のご誓文」の『伍』のお言葉であります。

つららというと、吉本つららさんです。倉本聰ドラマ「北の国から」で、麓郷の農協に勤め、草太兄ちゃんと婚約というところまでいっていながら、東京から雪子(純、螢の叔母)が現れ、草太兄ちゃんは、そっちに夢中という展開に翻弄された人でした。松田美由紀さんが演じていましたが、いい感じを出していました。

昨日、AKB48の前田さんが卒業のとの見出しが、ネットニュースのあちこちに載っていました。前田さんという子は高校生だったのか、と思っていたら、今朝見た見出しには、「卒業は自分の意思」とありました。それで、初めてAKB48を退団するのだと知りました。そうしたら、AKB47になるのか、あるいは補充があるのか?と思ったら、これまた見当違いで、AKBというのは、48人の倍以上の人がいるとのこと。なるほど、AKBは平安高校野球部だったのです。でも、前田さんは、AKBの主力です。チーム編成にも大きな影響があるのでしょう。ダルビッシュが抜けた日ハムと重なって見えます。AKBにも頑張ってほしいです。

|

« 彼岸荒れに至らず | トップページ | 馬の背と恵さんに昌ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸荒れに至らず | トップページ | 馬の背と恵さんに昌ちゃん »