« 富良野・美瑛行3日目 | トップページ | 夏が決算期ということになるの? »

無事帰着

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-14.9℃です。予報は晴れ。予想最高気温は-2℃です。

昨日、無事帰着しました。今回は、4日間とも地吹雪の中の走行でしたので疲れました。地吹雪は、積もった雪が風に吹き上げられる状態です。国道、道(県)道の除雪レベルは、かなり高いのですが、降り続く雪に作業が追いつかないと、ある程度の積雪になります。その雪と山地、畑の雪が一緒に吹きつけるのです。対向車とすれ違ったあとは、すっぽり雪の中です。

Rimg0373n2860

地吹雪がないところは、一面が白く見えるホワイトアウトに近い状態になります。そうなると標識の存在が心強く感じます。カーブ、十字路の標識をチェックしながらの運転でした。

運転姿勢も自然に身を乗り出すようになるのですが、こういう経験は、北の峰(富良野)スキー場に通っていた二十数年前以来のことでした。でも、上川地方は、元々多雪地帯ですから、そこに住む人たちにとっては日常のことなのですね。ライトも点灯せずに走行していましたから驚きでした。

昨日は、昼食を帯広でということで、8時半頃に白金温泉を出ました。白金温泉-上富良野町-富良野市-南富良野町(三の山峠=樹海峠)-狩勝峠まで地吹雪状態でしたが、新得町に入ると治まりました。まずは安堵で、「しんとくお漬物処 十勝漬本舗」に寄りました。

Rimg0450860

帯広に着いたのは、正午をやや過ぎた頃でした。昼食は、「そば処 縹(はなだ)」です。カウンターに2席空きがあったのでラッキーでした。いただいたのは、十勝産黒豚使用の「豚肉せいろ」です。

Rimg0456860

Rimg0454860

美味に満足したあとは、知る人ぞ知る幕別町の「うづき」です。農地の中にある喫茶なのですが、冬季は休業かな?と思いながらも寄ってみました。

Rimg0457860

やはり休みでした。春先までと具体的な月日がないところが、あらためてスローライフを謳わなくても、そのものという感がします。納得です。

その後は、豊頃町の「朝日堂」に寄りました。ここまで来ると、すっかり青空になっていました。

Rimg0467860

Rimg0468860

カスタード、生クリーム、餡を買いました。

釧路のわが家に戻ったのは15時過ぎでした。冬の富良野・美瑛行は4年目になりますが、次回は天気予報を見て行動しようと思います。冬季なら、ホテルも空いているでしょうから、早めに予約する必要もないので、それも可能だと思います。今朝、体重計にのったら、2kgの増でした。1日500g増ですが、それも含めて満足の4日間でした。

|

« 富良野・美瑛行3日目 | トップページ | 夏が決算期ということになるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富良野・美瑛行3日目 | トップページ | 夏が決算期ということになるの? »