« ニュース番組の自由人 | トップページ | 人生60年初 »

北海道の冬は南極の夏よりは寒い

今朝の釧路は快晴です。5時の気温は-6.5℃です。予報は晴れ一時曇り。予想最高気温は-4℃です。

今朝、釧路は8時前に-16.3℃まで気温が下がりました。今季2番目の寒さです。9時になって、-13.5℃になっています。真冬日が5日続いていますので、街中が凍った感じです。

南極昭和基地の気温を見ました。1月13日のデータです。最低気温-4.2℃(『4』と『2』の間に小数点が入る『-4.2』です)、最高気温はプラス0.2℃です。今、南極は夏なのですね。今月の最低気温をみても、7日、8日の-6.6℃です。最高気温は、3日のプラス5℃です。面白いというか、目立つのは日照時間です。7日 24時間、2日 23.9時間、6日 21.9時間などとなっています。白夜なのです。ちなみに、昭和基地で1957年(昭32)2月の観測開始以来、一番気温が高かったのは、1977年(昭52)1月21日の10.0℃でした。

日本と南極昭和基地との時差はどうなるのか?検索してみたら、「Time-j.net 世界時計 - 世界の時間と時差」というサイトがあり、その中の南極の頁を見ると、昭和基地は、JST-6となっていました。日本が正午の時、南極昭和基地は朝の6時です。でも、時差よりも、1日中太陽があるほうが、感覚的なものはずれるのでしょうね。

南極昭和基地、冬の気温は?1957年(昭32)2月の観測開始以来、一番気温が低かったのは、1982年(昭57)9月4日の-45.3℃です。さすが「本場」です。あと、最高気温のデータで、一番低かったのは(日最高気温の低い方から順位の第1位)、1985年(昭60)8月17日の-35.7℃です。その日の最高気温が-35.7℃です。こういうのも「真冬日(最高気温が氷点下)」というのかな?そして、南極の冬は、ほとんど日が射さない「極夜」なのですね。日照時間のデータを見ると、「現象なし」を表す「-」という日が続いています。

東北電力の「南極ってどんなとこ?」を読むと、南極の夏は11月から2月の4ヶ月間で、冬は3月から10月8ヶ月間となっています。春と秋はないのです。行くなら1日中昼の夏がいいか?長い夜の冬がいいか?究極の選択です。って、私は飛行機ダメですから辞退です。JRなら考えてみます。

|

« ニュース番組の自由人 | トップページ | 人生60年初 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニュース番組の自由人 | トップページ | 人生60年初 »