« LTEって何だ?からLSTを思い出した | トップページ | 誕生会 »

人形町に寄席があった

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は-12.2℃です。晴れ一時曇り。予想最高気温は-1℃です。

昨日、十勝陸別は、8日ぶりに-28℃超(うち1日は-29℃台)を脱したそうです。それでも、昨日の最低気温は-25.9℃ですから、厳しい寒さに変わりありません。今朝(6時現在)は-23.6℃です。

ラジオで聴いた「今日は何の日」。42年前になる1970年(昭45)の今日、日本橋人形町の末広亭が閉鎖されたそうです。私は、人形町に寄席があったのを知りませんでした。昭和45年というと、ちょうど上京した年でした。始めは、新宿と秋葉原(バイト先)しか歩いたことがありませんでしたが、新宿末広亭は、紀伊國屋にいくようになってから、間もなくして通うようになりました。でも、人形町の末広亭が閉鎖間もないその時でも、そこに寄席があったという話を聞いた記憶はありません。ただ、人形町の雰囲気からすると、寄席が似合う街だったのだと思います。

当時(昭45)の行動パターンは、紀伊國屋で、なんかいい本ないかな~時間の後、200円映画を見るか、バイト代が入った時は、末広亭というパターンでした。円生、小さんの時代で、人気は三平、円鏡、円歌でした。

それから、末広亭で思い出しましたが、同じ新宿(新宿駅ビル)に、すき焼きの「スエヒロ」がありました。ここは、ボーナスが入った時でないといかれませんでしたが、贅沢な思い出とともに、ある時、ジャイアンツの川上監督、長嶋、柴田らが同じフロアにいたのを見ました。えっ!なぜここに?東京駅なら移動でしょうが、なぜ新宿駅?と思いました。甲府で試合があっての移動か、なにかイベントがあったのか?長嶋だ!という思いよりも、そっちに気がいったのが不思議でした。

|

« LTEって何だ?からLSTを思い出した | トップページ | 誕生会 »

コメント

落語家さんの書いた本とか読むとしばしば出てきますね<人形町末広亭
確かに、他の場所(落語家以外の著書)とかでは見ない気がします。小林信彦さん辺りが書いてらっしゃるかな?
相川晶さんという方の「神田紅梅亭シリーズ」という落語家が探偵役をする推理小説のシリーズがあるのですが、この神田紅梅亭という架空の寄席が人形町末広亭のイメージと重なります。

「新宿ステーションビル」も昭和の記憶の建物になってしまいましたね。建屋そのものは改築された訳でもないのに。

投稿: 長老みさわ | 2012年1月20日 (金) 10時45分

やはり、知る人は知っていた存在なのですね。
人形町は、釧路にUターンしてから知った街ですが、趣がありますね。
ステーションビルは全国的に時代の役目を終えたのかな?
釧路ステーションデパートは、かなり前になくなり、駅舎は、
同時に建てた他都市の駅が改築になっているのに取り残されています。

投稿: 心太@釧路 | 2012年1月21日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LTEって何だ?からLSTを思い出した | トップページ | 誕生会 »