« ブロックをかわせ・・・ないか | トップページ | おでん »

「1969」をDL

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は-12.1℃です。予報は曇りのち晴れ。予想最高気温は-3℃です。

昨日は定休でした。朝一で、エコーとCTの検査でした。定期的なものです。9時の予約で、二つの検査をして会計を終えても、まだ10時でした。やはり、診察がないと早いです。検査結果は次回の診察日です。

由紀さおりさんの話題のアルバム「1969」をDLしました。ジャズオーケストラ「ピンク・マルティーニ」との共演ですが、リーダーのトーマス・M・ローダーデール氏が、ポートランドの中古レコード店で「夜明けのスキャット」をジャケ買いしたのが始まりだそうです。

1. ブルー・ライト・ヨコハマ
2. 真夜中のボサ・ノバ
3. さらば夏の日
4. パフ
5. いいじゃないの幸せならば
6. 夕月
7. 夜明けのスキャット
8. マシュ・ケ・ナダ
9. イズ・ザット・オール・ゼア・イズ?
10. 私もあなたと泣いていい?
11. わすれたいのに
12. 季節の足音

ほとんど聴き覚えのある曲ばかりなのですが、2曲目の「真夜中のボサ・ノバ」は記憶がありませんでした。これは、ヒデとロザンナのヒット曲「愛の奇跡」のB面だったそうです。これも、トーマス・M・ローダーデール氏が「発掘」したそうです。

この曲は、由紀さおりさんとTimothy Nishimotoさん(ピンク・マルティーニのメンバーなのかな?)のデュエットなのですが、これがいい感じです。由紀さおりさんが、愉しんでいるのが伝わってきます。きっと、Timothy Nishimotoさんの自然な歌い方が成すものだと思います。グッドです。

ヒデとロザンナというと、この前、NHK-FM「つのだ☆ひろ の こだわりJ-POP!」で、ユキとヒデの「スノー・ドルフィン・サンバ」 がかかりました。「ヒデ」は、ヒデとロザンナの出門ヒデさん、「ユキ」は後のアン真理子さんと紹介したので驚きました。『♪ 明日という字は 明るい日とかくのね』のアン真理子さんです。へぇ~という感じです。

この「悲しみは駆け足でやってくる」も1969年のヒットです。この年(昭44)は時代の大きな変化の中にあって、いい歌が生まれていたのですね。歌の歌詞 二番は『♪ 若いという字は 苦しい字に似てるわ』で始まりますが、『♪ 若いという字は 草冠(くさかんむり)に右と書くのね』というコントがありました。・・・あれから43年なのですねぇ。私は高校3年生でした。

|

« ブロックをかわせ・・・ないか | トップページ | おでん »

コメント

事務所の近くの書店でBGMに流しています。(CDの販売もしているようです)
パフやマシュ・ケ・ナダについては由紀さおりさんの声質や歌唱法には必ずしも合っているようには思えませんでした。
これはオリジナルのPPMやセルジオメンデスの歌が頭に染み付いているからかも知れません。
セルジオメンデス本人が何年か前にカバーしたのも違和感がありましたからオリジナル信望が強すぎるのかも知れませんね。

投稿: 長老みさわ | 2012年1月31日 (火) 10時24分

ご長老
私も、パフについては、歌のお姉さんのような感じだと思っていました。
先日のNHK SONGSでは、日本語の響きがいいという感想を述べていた
アメリカ人がいましたが、確かに英語っぽくない日本語で歌ったのは好感がもてます。
マシュ・ケ・ナダも歌謡曲風が新鮮な音だったのかもしれません。

投稿: 心太@釧路 | 2012年2月 1日 (水) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブロックをかわせ・・・ないか | トップページ | おでん »