« 庭の秋(マクロ的) | トップページ | 機種変更と監督交代 »

今季初「たち」の吸い物

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は8.3℃です。予報は曇り昼過ぎから晴れ。予想最高気温は15℃です。

昨日、今季初の「たち」の吸い物が食卓にあがりました。

Rimg0020860

たちは、鱈(たら)の白子です。吸い物のほか、天ぷら、たちぽん(酢)、なんかも美味です。たちが市場に並ぶと、冬が近いなあと実感して、居酒屋のメニューでトップ扱いになると冬本番で、それが消えると春なのだと思います。

白子というと、鮭の白子焼きというのも、美味しいと聞きました。一度、食べてみたいと思うのですが、白子はコレステロールを抑えるために「食べてはいけないリスト」に、しっかり記載されています。そこが、悩むところです。

今日は定休です。倉本聰さんの「獨白 2011年3月11日 『北の国から』ノーツ」を読んでいます。

Sdim0231n860

「北の国から」30周年として、倉本聰さんが、富良野塾卒ライターを前に特別講義をしたものです。その途中で、震災が起きます。そういう本です。ホントは、今回の札幌・函館・東京行で読むつもりで、バッグに入れていたのですが、ほかの文庫本から読んだので、まだ途中のままでした。今夜のBSフジ「北の国から」が始まる前までに読み終えられると思います。

|

« 庭の秋(マクロ的) | トップページ | 機種変更と監督交代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭の秋(マクロ的) | トップページ | 機種変更と監督交代 »