« 近江八幡 たねや の「富久實天平」 | トップページ | 羅臼 »

映画「東京オアシス」の話とオリンパスのこと

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は5.3℃です。予報は晴れのち曇り。予想最高気温は12℃です。

映画「東京オアシス」が、東京などで公開されています。「かもめ食堂」、「めがね」、「プール」、「マザーウォーター」に次ぐ、今風に言うと『ほっこり』映画です。今回も、小林聡美さん、加瀬亮さん、光石研さん、市川実日子さん、もたいまさこさん、等が出演します。

「かもめ食堂」は、釧路の映画館で見たのですが、続く2作品は、釧路では掛からなかったので、DVD化を待ちました。だた、それでは物足りないので、「マザーウォーター」は、冬の富良野・美瑛行に合わせて、旭川の映画館で見ました。

「東京オアシス」も、劇場情報には釧路が載っていません。道内は、札幌と旭川です。札幌では全国封切に合わせて今月の22日から上映されています。でも、旭川は「順次」となっています。どうせなら、1月になってからの公開なら、今回も富良野・美瑛行の時に見られるので、グッドタイミングなのですけどね。

Pensm860

オリンパスというと、胃カメラの台に横たわって、担当医が現れるのを待つ時、スコープの操作部に「OLYMPUS」のロゴを目にします。きっと、この分野では、かなりのシェアだと思います。それで、その地位を確固たるものにするために、企業買収を続けたのだと思います。でも、その過程で不透明な資金の動きがあったのではないか?ということで、とうとう「NHKニュース7」のトップニュースになりました。

カメラメーカーには、企業のカラーというか、イメージというものが明確にあります。その中で、オリンパスというと、すぐに思い浮かぶ言葉が、「真面目」です。奇を衒ったところがない。米谷美久氏に代表される信頼の技術。私は、RICOH派ですが、オリンパスにも好感を持っています。なので、速やかに問題をクリアにして、カメラの話題が中心になる企業に戻ってほしいです。

|

« 近江八幡 たねや の「富久實天平」 | トップページ | 羅臼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近江八幡 たねや の「富久實天平」 | トップページ | 羅臼 »