« 成吉思汗でも太らなかった祝いのすき焼き | トップページ | まぜご飯→五目ご飯 »

文庫本の背表紙にある紹介文を何と言う?

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は11.2℃です。予報は曇り昼過ぎから時々晴れ。予想最高気温は18℃です。

昨日は、文庫本を買いにコーチャンフォーにいってきました。以前は、TSUTAYAでしたが、店舗が大きくなって、コーチャンフォーになりました。自宅から、9kmの距離にあるので、近くではないのですが、「なんかいい本ないかなあ」という時は、在庫数が多いこの書店に通っています。

昨日は、祝日でしたので店内は、混み合っていました。帰宅後、コーチャンフォーのホームページを開いたら、来月、北見市にもオープンするようです。道内6店舗目ですから、順調に伸びているのです。釧路でも、商売繁盛のところがあるのです。

文庫本は5冊買ってきました。選び方は、平積みの中から、帯を見て、ひっくり返して紹介文を読んで決めます。出版社の狙いどおりの決め方なのでしょうが、棚に背表紙が並んだ中から選ぶのは疲れます。ところで、この背表紙にある紹介文のことは何と言うのでしょう?検索してみたら、同じ疑問を持った人がいて質問していますが、明確な答えはないようです。「解説」は別に存在しますから、「ミニ解説」とか「あらすじ」あたりなのかなと思いますが、「あらすじ」とも違うような気もします。はて?

|

« 成吉思汗でも太らなかった祝いのすき焼き | トップページ | まぜご飯→五目ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成吉思汗でも太らなかった祝いのすき焼き | トップページ | まぜご飯→五目ご飯 »