« 「北の国から」女優3人 | トップページ | 気温、かりん糖、魚山、天牛 »

「すごっ」は使わないけど「寒っ」は言う

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は19.7℃です。予報は曇り昼過ぎから夕方は晴れ。予想最高気温は24℃です。

昨日は、近くにある鳥取神社の創祀120年例大祭最終日でした。注目は、「幻の大みこし」の渡御です。なぜ幻と言われるかというと、あまりにも大きく重い(1トン超)ので、担ぎ手の確保がむつかしいため、そうは登場しなかったからです。終戦1年前の昭和19年に奉納されたのですが、昭和33年からは、ずっとお蔵入りのままだったそうです。それが、20年前の創祀100年にあたる平成3年に復活。以後は、10年に1度の渡御となっていたものです。昨日は、これを担ぐのに全国から250人(北海道新聞)が集まって渡御となりました。

鳥取神社がある地区は、その名のとおり、鳥取からの移住者が開拓しました。今も鳥取-釧路の交流は続いています。最近、台風12号で大きな被害に遭った奈良県十津川村から、明治時代の災害を機に移住してきた人達が築いた町が、札幌と旭川の中間にある新十津川町です。

その開拓史は、児童文学「新十津川物語」(川村たかし)として知られ、NHKで同名のドラマ(斉藤由貴主演)が制作されて全国区になりました。今回の災害に対して新十津川町では、母村である十津川村に5000万円の見舞金を送るそうです。あと、新千歳空港と札幌の間にある北広島市は、広島からの集団移住によってできた町です。

昨夜のNHKニュース7で、文化庁が行った国語に関する調査を取り上げていました。小さな「っ」で終わる言葉、「すごっ」とか「寒っ」という言葉を使う人が増えているという調査結果だったそうです。あと、「ら」抜き言葉の「来られますか」を「来れますか」と言う人も多いそうです。

「すごっ」は若者言葉だと思いますが、「寒っ」は、あまりにも寒い時、「さむ」と短縮して言いますから、それに似ている気もします。もうひとつの「ら」抜き言葉は、頻繁に使ってしまいます。ATOKを使っていた時は、都度、注意が表示されました。こちらは、既に市民権を得ているように思うのですが、言葉遣いが気になる人は、そうは思わないのでしょうね。

|

« 「北の国から」女優3人 | トップページ | 気温、かりん糖、魚山、天牛 »

コメント

遅コメで恐縮ですが、ら抜き言葉は北海道特有の言い回しと聞いたことがあります。なので道民からは北海道弁として市民権を得ている感があるんでしょうね。

少し前に、居酒屋の店員が使い始めて広まった「○○でよろしかったですか」は、「○○でよろしいですか」だろうと、若者言葉として叩かれたこちらも北海道弁ですよね。ちょっと前の道産子(わたしの父位の年代)は「おばんでしたー」とか過去形で言いますもんね。

投稿: Coo | 2011年9月26日 (月) 09時09分

Cooさん
店員の「よろしかったですか」は違和感があるのですが、
あれは、丁寧に言っているからですね。
「これで、えがった?」と聞いてくれたらいいんですよね。

投稿: 心太@釧路 | 2011年9月26日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「北の国から」女優3人 | トップページ | 気温、かりん糖、魚山、天牛 »