« 文庫本の背表紙にある紹介文を何と言う? | トップページ | 姫リンゴが赤くなる »

まぜご飯→五目ご飯

今朝の釧路は晴れです。5時の気温は8.3℃です。予報は晴れ朝晩曇り。予想最高気温は18℃です。

昨日の夕食は、五目ご飯でした。温かくても、冷えてもよしの五目ご飯。子どもの頃は、「まぜご飯」とか「醤油ご飯」と言っていました。その後、「醤油ご飯」と言うと、バターをのせて、醤油をたらすご飯を指すようになりました。そして、「まぜご飯」も「五目ご飯」というようになりました。

『五目』とは?と思って検索してみると、Googleのトップには、「All About 秋味たくさん、鶏五目の炊き込みご飯 」が表示されました。それによると、鶏肉、ごぼう、にんじん、しめじ、干ししいたけの五つでした。わが家では、これに、こんにゃくも入れます。味が染みて美味です。そういえば、こんにやくは、ジンギスカンで焼いてもいいですね。

今日の北海道新聞一面に、秋刀魚が道東沖に集中して困るという記事がありました。漁獲過剰で、保管する冷蔵庫、冷凍庫がない。安値になって利益が出ない。等といった悩みがあるとのことです。漁が始まった頃は、あまり漁獲がなく、南下したのではないかといわれました。それが、大漁になって、ずっとこの状態が続いているそうです。獲れなくてもダメ、大漁の度が過ぎてもダメ。むつかしいものです。消費者は、脂がのった秋刀魚を安く食べられて嬉しいですけどね。

琴奨菊という力士は、勝った後、じっと目を閉じて座っています。なかなか風格があります。大関昇進確実だそうですが、この勢いで横綱まで上り詰めてほしいです。直近の日本人横綱は、貴乃花(昇進順だと若乃花)だそうですから、そろそろいいところです。

|

« 文庫本の背表紙にある紹介文を何と言う? | トップページ | 姫リンゴが赤くなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文庫本の背表紙にある紹介文を何と言う? | トップページ | 姫リンゴが赤くなる »