« 北海シマエビに続いて花咲ガニ | トップページ | 同窓会・同期会・クラス会 »

冬休みまであと127日

今朝の釧路は曇りです。5時の気温は16.2℃です。予報は曇り昼過ぎから夕方は晴れ。予想最高気温は20℃です。

釧路の小中学校は、昨日が2学期の始業式でした。昨日は、顔合わせ(小中学生は、そうは言わないと思いますが)で終わり。今日、学校に行くと、明日、明後日と休み。という、なかなかいいパターンではないでしょうか。会社でいうと、1月の仕事始めが、木曜日か金曜日という例ですね。

学校には、日番、週番というのがありました。日番は、日誌を書くのと、黒板消し、それに授業開始と終了の号令、なんていうのが仕事でした。週番は、花壇整備や「挨拶励行週間」等の係といったことが仕事でした。週番の花壇整備は手間がかかるので嫌でした。ですから、雨が続くと嬉しかったものです。日番は、日誌に出来事や感想を書くのが面倒でした。「昨日と同じ」は禁じられていたので、何か書かなくてはなりませんでしたが、始業式の日の決まりごとは、「冬(夏、春)休みまであと◯◯日」と書くことでした。EXCELなんてありませんでしたから、カレンダーで数えて書いていました。

小学3年生の時、2学期の始業式は、担任ではなく、代用教員の先生でした。産休だったのか、ほかの理由だったのか忘れましたが、担任は長期で休むという説明がありました。その後、宿題提出となったのですが、これに応じられない級友がいました。そうすると、その先生は、ヒステリーを起こし、連帯責任を持ちだして、全員に教科書(何の教科書だったかは忘失)一冊を書き写すように命じました。でも、それからが大変でした。生徒よりも、その先生が。

私は、親か兄姉に「そんなのやっていくことない」と言われて、その言葉に素直に従ったのですが、中には実際にやった者がいて、この宿題の是非について問題になりました。おそらく誰かの親が学校に物言ったのだと思いますが、昭和35年当時としては、それも珍しかったことだと思います。結局、その先生は何日かして来なくなりましたが、それが、この教科書写せの宿題に原因があったと知ったのは、暫く後になってからでした。

それから、9年後、私は高3になっていて、学校祭の準備をしていました。体育館の暗幕が、経年化によって縮んでしまい、遮光できない部分がありました。それで、教師を通して他校に借用をお願いしたら、某校から借りられることになりました。その学校の「〇〇先生を訪ねるように」と聞いた時、珍しい苗字だけど聞き覚えがあると思いました。そして、暗幕を持った生徒を率いて現れたのが、小3の時の教科書一冊写せの先生でした。借用のお礼を言った時、運ぶのを手伝ってくれた女子高の生徒への指示の言葉。それを聞いて、この先生は、今でもヒステリックに生徒に接して、時々、無茶なことを強いているのだろうなと思いました。いたんですねぇ、そういう教師。

さて、今日は、懸案達成の打ち上げ。明日は、同窓会、同期会、クラスの3連チャンです。下戸でも宴会は好きなほうなのですが、問題は減量中であることです。ここのところ順調で、1ヶ月で4kg減です。でも、2日続きの宴会だと、普通にしていたら2~3kg増になるので、ここは心してかかろうと思っています。揚げ物は食べない。煮物、野菜中心。といったところでしょうか。

|

« 北海シマエビに続いて花咲ガニ | トップページ | 同窓会・同期会・クラス会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海シマエビに続いて花咲ガニ | トップページ | 同窓会・同期会・クラス会 »