« MK砲ってだ~れだ? | トップページ | 快晴下の物置掃除 »

去年の今日と明日

今朝の釧路は快晴です。6時の気温は8.9℃です。予報は晴れ。予想最高気温は16℃です。

今朝もストーブを焚きました。昨年の今日とは大違いです。1年前の6月26日は、釧路気象台が1910年(明治43)に観測を開始して以来の最高気温32.4℃を記録しました。これは、低温をもたらすオホーツク海高気圧が弱まったところに、太平洋高気圧がのして、そこに中国大陸からの温かい空気が、北海道を被うという条件が重なった結果でした。

この話を家内にしたら、「じゃあ、あれは去年の明日だ。」と言いました。「あれ」は、「雌阿寒岳登山」です。去年の明日(2010年6月27日)も、前日に続いて暑い日でした。阿寒湖畔は、29.2℃になっています。家内は、友人と雌阿寒岳登山に向かいました。いつもの野中温泉登山口ではなく、阿寒湖畔側から登る予定でした。そこは、「いけばわかる」ということで、歩き始めたのですが、話に夢中になって、気がついた時は、2時間も歩いているのに、まだ林道。これは、登山口の看板を見過ごしたと思い引き返したら、その看板は、車を停めたすぐの所にあったそうです。汗かいて林道を往復4時間の散策だったわけです。家内の中では、釧路の最高気温更新とセットで記憶に残ることでしょう。

北海道新聞に、釧路にも東北大震災による避難被災者が、118人いるとの記事がありました。当初、釧路で提供できる公営住宅は4軒だけとのことでしたが、急ぎ調整したのでしょう。ここで必要なのは、気遣いながら、そっとしておくことだと思います。ここが、我々田舎の者には、むつかしいことで、つい放っておけなくって・・・と、かえって窮屈な思いをさせてしまうことがあります。気をつけなければなりません。

同じ記事に、原発不安下にある福島の子供に、夏休み北海道滞在ツアー。交通費は道(県)が負担。という施策が紹介されています。これは、大いに結構なことだと思います。道は、補助・助成だけではなく、NPOなどと連携しながら、滞在は、自然施設がいいのか、温泉地がいいのか、ホームスティがいいのか、等々、きめ細かくニーズを把握して、対応するべきだと思います。夏こそ北海道の出番です。

|

« MK砲ってだ~れだ? | トップページ | 快晴下の物置掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MK砲ってだ~れだ? | トップページ | 快晴下の物置掃除 »