« 納税管理人知人岬連続殺人事件 | トップページ | 『♪ ぼくの肩に~』 »

燃えない選挙

今朝の釧路は晴れです。6時の気温は5.5℃です。予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は9℃です。

釧路市議選の投票率は46%でした。5割を切る情けなさです。もっとも、定数28人で落選は1人だけ。という選挙ですから、投票してもしなくても同じ。というのが否めません。これまた情けない状況です。選挙説明会の時点では、定数に2人足りず無投票か?といわれました。選管が、ハローワークに求人を出した。という冗談までありました。まあ、選挙になっただけ、良かったといえばよかったのですが、ホントのところは、定数を減らしたけど、まだ多かった。ということだと思います。

以前、釧路は保革の争いが激しい地でした。釧路市長が革新の雄といわれ、横浜の飛鳥田さんと並び称された時代もありました。市役所の組合も、総評系と同盟系の二つがあり、市長、知事、衆院の選挙のたびに市民を巻き込んで、勝った、負けたがありました。市議も、その辺りの色分けが明確でしたから、わかりやすい構図でした。それが、今は与党、野党がわからないというのは、全国並になっています。選挙は、やはり敵味方がはっきりしないと燃えないですね。

投票日の前、北海道新聞では、町議、村議の報酬額について取り上げていました。月額にして、20万円前後(お隣の釧路町は19万6千円)です。これで生計を立てようとすると足りない。そもそも議員はボランティア要素が強い職。と、さまざまな意見があります。まあ、20万とすると、ほかに収入がないと、年齢や家族構成によっては、厳しいのでしょう。それからすると、釧路市議は49万円ですから、それなりにいけます。市議というのが、商売替えや転職先の候補になり得そうです。そう考えた人が、立候補した。ということは、なかったと思いますが・・・。

昨日、炬燵をしまいました。「ついでに押し入れを片付けるよ」ということになって、自室の整理整頓は、押し入れの空いたスペースにカメラ・レンズの箱を移しただけでした。机上や床の積読は、そのまままです。今日こそ、やらねば。

|

« 納税管理人知人岬連続殺人事件 | トップページ | 『♪ ぼくの肩に~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 納税管理人知人岬連続殺人事件 | トップページ | 『♪ ぼくの肩に~』 »