« 10年前の日記 | トップページ | 美瑛町白金温泉にきました »

東京には給食がない小学校があるんだって

今朝の釧路は晴れです。6時の気温は-12.1℃です。予報は晴れ昼過ぎから時々曇り。予想最高気温は-1℃です。

今朝は4日ぶりの氷点下2桁台です。真冬日(最高気温が氷点下)になると、これも4日ぶりです。十勝陸別は、大晦日から連続真冬日です。

64年前の1947年(昭22)の今日、学校給食が始まったそうです。「学校給食記念日」というのは、この前年のクリスマスイブに、米軍が東京の小学校を会場に、脱脂粉乳の贈呈式を行ったのを記念して、1946年(昭21)12月24日になっているとのこと。そして、「学校給食週間」は、冬休みが終わった1月24日から1週間と定めたそうです。

私は、小学校3年生に進級する時、転校しました。その時、引越先の近所に私立高校がオープンしました。初めて、学校に私立が存在することを知りました。このことは、小学校でも話題になりました。そして、先生が言ったのか、級友の誰かが言ったのかは忘れましたが、東京には私立の小学校もあるという話を聞きました。

公立と私立の違いは、わかりませんでしたが、私立の小学校には給食がないと聞いて、皆んなで、可哀想になあと同情しました。北海道の釧路で、東京の私立小学校の子を気の毒に思ったのです。今となっては笑い話ですが、当時はまだ「欠食児童」なる言葉が現役の頃でしたから、空腹にひもじい思いをする小学生の姿を想像したのでした。この私立校に対する無知は、高校受験の時に、函館ラ・サールの存在を知るまで続きました。

|

« 10年前の日記 | トップページ | 美瑛町白金温泉にきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年前の日記 | トップページ | 美瑛町白金温泉にきました »