« 富良野神社の絵馬 | トップページ | イカ電池 »

つらら

今朝の釧路は晴れです。6時の気温は-4.9℃です。予報は曇り時々晴れ。予想最高気温は-1℃です。

20日(木)のデジカメWatchに、新発売のデジタルカメラに関する記事がありました。昨日、その販売サイトを覗いたら、既に売り切れでした。¥9800の超小型トイデジカメです。まあ洒落の世界というか、飲み会なんかではウケるでしょうね。あと、ホントに写るとは思わないで視線を送る人も多いでしょうから、そんな自然な表情を撮ることができるかもしれません。

いいつららがあったので撮ってみました。

P1210093860_2

このつららは、日が当たって融けた雪がつららになったものです。昔の家は、今のように断熱構造がしっかりしていなかったので、家の暖気が外に漏れて、それで融けた屋根の雪がつららになりました。ですから、住宅構造が飛躍的によくなった今は、立派なつららを見ることが少なくなりました。

子どもの頃は、意味もなくつららを根元から折って、持って歩いたものです。時折、チャンバラのまね事をすることもありましたが、折れるともったいないので、剣をかざす程度でした。でも、つららを持ち歩くのを続けるわけでもなく、雪山に立てて、そのうち忘れるというのが常でした。そして、その上に雪が降り積もり、滑り台をつくる時なんかに、天然冷凍されたつららを見つけて、懐かしい (というほどの期間は経てませんが) と思ったりしたものです。

そういえば、「北の国から」には、「つらら」という名前の女性が登場します。草太兄ちゃんのいわゆる元カノです。その後、実際に「つらら ちゃん」という名前を見かけたことはありませんが (きららちゃん ならあります)、北国らしくて、いい名前だと思いますが、どうでしょう。つららを漢字で書くと、「氷柱」ですから、あえて漢字にすることもないですね。

|

« 富良野神社の絵馬 | トップページ | イカ電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富良野神社の絵馬 | トップページ | イカ電池 »