« 弁当と給食の話 | トップページ | ♪ 僕の車は待っている »

無料体験三昧

今朝の釧路は晴れです。風が強いです。6時の気温は4.4℃、13時になっても5.8℃と気温は上がりません。でも、今日は1日晴れるようです。

一昨日から、CSで山田洋次監督作品3本を見ました。CS16日間無料体験です。「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」、「男はつらいよ 寅次郎紙風船」、「虹をつかむ男」の3本です。

「男はつらいよ」の2本は、「浪花・・・」のマドンナは松坂慶子さん。山田洋次監督が、シリーズ27作目にして、ようやく松竹の看板女優を起用したことでも話題になりました。「・・・紙風船」のマドンナは、音無美紀子さんで、岸本加世子が18歳の少女役で登場します。

この2本は、ともに1981年(昭56)の公開です。倉本聰ドラマ「北の国から」が始まったのもこの年です。純の吉岡秀隆は、「男はつらいよ」では満男役です。そして、「・・・紙風船」には、岸本加世子の兄役で地井武男さんが出演しています。二人とも、この時は、「北の国から」が、その後11年も続くとは思っていなかったでしょうね。

「虹をつかむ男」は、1996年(H8)公開でした。「男はつらいよ」最終(48)作の翌年の封切りでした。父が前田吟、母は倍賞千恵子という「男はつらいよ」そのままの両親をもつ吉岡秀隆が、就職に失敗して、北から南へとアルバイトをしながら旅をするという、これまた寅さんみたいな生活をしています。

その時、徳島のつぶれかけた映画館で、館主の西田敏行さんと知り合います。そして、そこの映写技師が、「北の国から」の五郎さんである田中邦衛さんというキャストです。なんか、面白い関係です。それにしても、この作品は、映画館で見ているのですが、14年ぶりとはいえ、ほとんど覚えていませんでした。素晴らしい老人力です。

CS16日間無料体験は、23日が期限です。ちょうど3連休ですから、まだまだ楽しめそうです。

|

« 弁当と給食の話 | トップページ | ♪ 僕の車は待っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弁当と給食の話 | トップページ | ♪ 僕の車は待っている »