« ビール | トップページ | ラジオ体操免除は不公平 »

山田洋次監督講演会いけばよかった

今朝の釧路は曇りです。
5時の気温は18.2℃です。
予報は曇り一時晴れ。予想最高気温は22℃です。

昨日、釧路市生涯学習センターで、山田洋次監督の講演会がありました。会場は、徒歩圏内なのですが、他の用件があって、行くことができませんでした。講演を聞いた同僚の話では、「おとうと」に鶴瓶さんを起用したのは、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」でみせる人懐っこさと、大阪人の粘こっさを持ちあわせていたからだと語ったそうです。

また、「遥かなる山の呼び声」では、高倉健さんが、演技指導に泣き出した子役を見て、我が儘や、その場に嫌気がさした泣き方ではなく、思った演技ができない悔し泣きだと見て取り、その子役(吉岡秀隆)の純真さに感心していたという話を披露したそうです。それを聞いて、やっぱり、講演会に行けばよかったなと思いました。

釧路は、明日から港まつりです。露店会場を通ったら、おばけ屋敷の準備をしていました。オートバイがぐるぐる回る大きな樽もありました。それで思い出しましたが、釧路が登場する「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」(第33作:1984年8月公開)に、このシーンがあります。オートバイに乗っていたのは、マドンナ中原理恵さんの今でいう元カレ役の渡瀬恒彦さんでした。トニーと呼ばれるやさぐれがかった男でしたが、昨夜は、「警視庁捜査一課9係」で、マイペースな係長になっていました。

|

« ビール | トップページ | ラジオ体操免除は不公平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビール | トップページ | ラジオ体操免除は不公平 »