« 旬の山菜、行者にんにく | トップページ | 夏の予告編 »

立寄り温泉

18時前に書いています。
今日の釧路は、晴れでした。
6時の気温は6.6℃、最高気温は正午過ぎの12.8℃でした。

驚いたのは、東隣の根室です。昨日の最高気温が20℃を超えました。そして、今日も21.0℃を記録しています。西隣の帯広は、盆地ですから、夏の30℃は珍しくありません。でも、根室は、常に釧路・根室と並べられるように、冷涼で霧に被われて、似たもの同士なのです。なんだか、根室がんばっているなあ。ビリ争いをしていた級友が、急に勉学に目覚めたように、一抹の寂しさみたいなものがあります。

ならばということで、今日は少しでも温かい内陸に向けて走りました。といっても、屈斜路プリンスホテルです。昼食バイキング¥1600、立寄り温泉(いわゆる日帰り入浴)¥1000、合わせると¥2600のところをサービスで¥2000というのが、いつものクーポンなのですが、今回は冬季閉鎖していたので、春のオープン時に、昼食+入浴=¥1680(税込み)というチラシが入ってきました。つまりは、入浴が無料になる計算です。

11:30に出発して、13:00過ぎに到着しました。ホントは、入浴が先のほうがいいのですが、バイキングは14時終了なので、昼食が先です。レストランは、そこそこの混み具合でした。いつもの団体さんよりも、札幌、帯広、旭川、北見ナンバーと地元釧路ナンバーのマイカーが多かったように思います。カレーライス、ピラフ、スパゲッティ、焼きそば、ラーメン、焼売、中華の肉、山菜炒め、ほか2~3品、ポテトサラダ、バニラアイス、白玉ぜんざい、オレンジジュース、コーヒーを少量ずついただきました。美味しかったです。

食後のあとは、ロビーで少し休んで、3階の温泉にいきました。親子連れが多いせいか、既にあがる人が何組かいて、浴槽、露天あわせて3人しかいませんでした。おかげで、手足を伸ばして、のんびりできました。脱衣場の背もたれ椅子も空いていたので、そこでもゆっくりしました。

ロビーで庭の水芭蕉を眺めていたら、家内もあがってきました。自販機の「いろはす」を買って帰路につきました。釧路から屈斜路の道々は、まだ山には雪が残り、桜もこぶしも咲く雰囲気すらありませんでした。でも、あと2週間したら、どちらもきれいに咲くでしょう。道東の春は、ハッとしてグッときてパッと目覚めるのです。

|

« 旬の山菜、行者にんにく | トップページ | 夏の予告編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旬の山菜、行者にんにく | トップページ | 夏の予告編 »