« 香醋は商品名に非ずでした | トップページ | 3月、携帯、ドラマ »

GW-1+NDフィルターをまねる

今朝の釧路は、曇りです。
6時の気温は、-0.4℃です。
予報は晴れ時々曇り。予想最高気温は4℃です。

昨日の積雪は21cmでした。久々の雪でしたが、除雪車が出動したのは、ごく一部だったようです。午後からは、シャーベット状の路面で運転しづらかったです。

先月の富良野・美瑛行で、快晴下の雪原をGRD+GW1(ワイドコンバージョン)で撮ったら、太陽が闇夜の星になってしまった。ということを書きました。こういう場合、減光が必要なので、NDフィルターを使うことになります。でも、ワイドコンバージョンレンズには、フィルターのネジがありません。どうする?と思ったら、お手本がありました。shibu氏のWeb Photo Galleryです。ワイドコンバージョンレンズの外枠にステップアップリング(55→58mm)を被せるのです。そのリングにNDフィルターをねじ込みます。レンズとリングの隙間調整には、パーマセルテープを用いるとあります。

R0012110860

パーマセルテープの扱いは、堀内カラーです。プロっぽいです。ビッグな量販店のポイントがあったので、早速、購入しました。でも、送られてきたのは、Shurtapeでした。購入画面の画像では、テープの巻芯に赤い字で「Permacel」とあります。あれぇ~?と思ったのですが、「Shurtape」を検索してみたら、パーマセルテープは、Shurtapeになった(買収?)との記述が複数ありました。まあ、用途が同じならいいです。

お手本のほうは、NDフィルターが必要な時に装着するようになっていますが、私は、テープでリングをレンズに固定しました。ワイドコンバージョンレンズを用いる時は、晴天の時だけ(太陽を画面に入れる)なので、そうしました。

このテープの使い方は、用途が満たされればいい。という雑な貼り方がプロっぽいです(ミーハー丸出し)。これは、その昔、秋葉原に勤めていた(電気店に非ず)時(オーディオ街といわれた70年代前半)、スピーカーメーカーにAR(Acoustic Research)がありました。あのマイルス・ディビスご愛用とパンフにありました。高価だったのですが、ちょい喜寿品ということで半値で買いました。そのスピーカーのネットをはずすと、ツイーターへの廃線が剥き出しになっていて、それをテープで止めているのですが、その貼り方が、「はずれなきゃいいんだ」そのものでした。これは、大げさにいうとカルチャーショックでした。以来、その雰囲気を好んでいます。

で、NDフィルターをつけたワイドコンバージョンレンズですが、ケラレもなくいい感じです。今日、晴れたら湿原にでも・・・と思ったのですが、11時前になっても曇りです。近いうちにテストにいこうと思っています。

|

« 香醋は商品名に非ずでした | トップページ | 3月、携帯、ドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香醋は商品名に非ずでした | トップページ | 3月、携帯、ドラマ »