« 来場者数記録更新 | トップページ | 関東限定のネット配信 »

なんとなくわかったツイッター

今朝の釧路は、快晴です。
6時の気温は、-13.8℃です。
予報は晴れのち曇り。予想最高気温は-4℃です。

昨日の朝、恩師から電話をいただきました。中学校の時、家内と私の担任だった先生です。今でも、私のことを苗字ではなく、名前で呼びます。お声を聞くのは、昨年の5月にお会いして以来でした。私が、先生の夢に出てきたそうです。それで、元気かなと思い電話をくださったとのこと。元気であることを伝え、近況を報告しました。ありがたいことです。

午後は、amazonから本が届きました。

R0011751860

篠田ヒロシ著、毎日コミュニケーションズ発行の「140文字でわかる ツイッター入門 twitter いちばんやさしい入門書」です。¥819ですが、amazonはただ今、購入価格に関わらず送料無料です。

mixi は、使い方がわからないということはありません。ただ、ハンドルと人物が一致しないくらいマイミクシィ(仲間)が増え、趣味のコミュニティにも参加と、私にはオーバーペースです。ならば、ツイッターは「つぶやく」となっているから、これならのんびりできるかな?と思ったら、ちょっと違いました。

「ツイート」に「リツイート」、「タイムライン」と、わかりそうでわからない用語が並びます。それで、この入門書を買いました。本の内容は、わかりやすいです。ただ、ツイッターは、進化中であることから、フォーマットの変更があったり、ローカルルール的なものもあって、即座にしっくりとはきませんでした。

パソコンを始めた頃(18年前)は、解説本を読むと、1頁ごとに、「そうだったのか」、「そういうことか」と、わからないことが解けました。ですから、面白かったです。でも今は、本を読んでも、「なんで、こんな面倒な仕組みにするんだ」と、ぶつぶつ言っています。きっと、持続力がなくなってきているのでしょう。

で、ツィッターは、なんとなくわかりましたが、これをどう使うかが思い浮かびません。チャットのような短文のやりとりをする気にもなれず、当分はようす眺めです。

キヤノンはキャノンに非ず。というのは、結構前から知っていました。最近、富士フイルムは、富士フィルムに非ず。というのを知りました。日々巡回しているブログにありました。これ、ちょっとした驚きでした。

|

« 来場者数記録更新 | トップページ | 関東限定のネット配信 »

コメント

ツイッターは、リアルタイムでない、ゆるーいチャットっていう感じですね。
NiftyではフォーラムのチャットをRT、メインのチャットをCBと呼んでましたが、混信自由のCB無線って感じがします。

心太で検索したら5人見つかりました。全部別人みたい・・・

投稿: 長老みさわ | 2010年2月13日 (土) 09時48分

ご長老
ツイッターは、混信自由のCB無線というのは、言いあてていますね。
フォローが増えると、あれ?あれ?となります。
ツイッターの心太さんは、皆さんお若い感じですね。
私は、「toko10」で登録しています。

投稿: 心太@釧路 | 2010年2月14日 (日) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来場者数記録更新 | トップページ | 関東限定のネット配信 »