« 優雅なものはそれなりに | トップページ | それは選挙区 »

radiko.jp

今朝の釧路は、曇りです。
6時の気温は、-2.6℃です。
予報は晴れのち曇り。予想最高気温はプラス1℃です。

関東・関西の主力ラジオ局が、聴取地域を限定(放送免許の関係らしいです)したインターネット放送(ラジオと同時放送)のアクセス先がアップされていました。radiko.jpです。関東は、TBS、文化放送、ニッポン放送のほかに、TOKYO FMもあります。関西は、ABC、MBS、ラジオ大阪のほかFM3局です。これで、地域限定が解除されたら素晴らしいことです。なんとかならないのでしょうか原口さん。

歌丸さんの「笑点」、森光子さんの「放浪記」の休演が相次いで発表されました。歌丸さんは、1966年(昭41)からで、森光子さんは、1961年(昭36)から出演しているとのことです。ともにライフワークそのものですね。歌丸さんは、体調が整いしだい、森光子さんも来年の「放浪記50周年」には、再登場の予定だそうです。ぜひ、そう願いたいです。

今朝、NHKラジオ第一を聴いていると、緊急地震速報のチャイムが鳴りました。沖縄で起きた震度5弱の地震でした。琉球新報のサイトでは、水道管破裂と軽傷者2名という被害を伝えています。震度からすると、大きな災害にならずに済んだと言えるのではないでしょうか。NHKラジオ第一では、津波警報も発令されたので、かなり長い時間に亘って放送していました。ただ、地域柄、情報が少なく、アナウンサーは、強い地震があったこと、津波警報が発令されたこと、海や川に近づかないこと、の3点を繰り返していました。

そのうち、役場に電話がつながったのですが、NHKの担当者が慌てたせいか、電話口に出たのは、防災担当がいない庁舎の守衛さんでした。この守衛さん、よく教育されていました。アナウンサーが何を聞いても、「防災担当は別庁舎にいます」の一点張りでした。「どんな問い合わせや苦情も個人の判断で答えてはいけない。始業時以後、しかるべき担当が返答すると応じるように」と指導されているのでしょう。

次に違う町の役場につながりました。出たのは、これまた守衛さんです。こちらは、ユニークな方でした。アナウンサーが、津波の予兆はあるか?と聞いたのに対して、地震が起きた時のことを話し始めました。アナウンサーがそれを遮ると、あれ?という感じで不満そうでした。で、結局は「まだ夜だもの暗くて海は見えない」でした。沖縄の日の出は、那覇で6時55分ですから、アナウンサーも計算外だったのでしょう。

緊急地震速報という緊張の場面でしたが、お二人の受け答えとアナウンサーの反応に不謹慎ながら笑ってしまいました。

沖縄は、地震が少ないと言われるのは、データが残っていないだけで、安心というわけではない。という話を聞いたことがあります。でも、今朝、電話口に出た人達は、一様に「これまで体験したことのない揺れ」と言っていました。ということは、ここ数十年は大地震がなかったということでしょう。ただ、地震の研究では、何百年というのが単位になっているので、50年、100年のデータでは、判断がつかないのだと思います。やはり、地震は備えあれば憂いなし。それしかないのでしょうね。

|

« 優雅なものはそれなりに | トップページ | それは選挙区 »

コメント

鹿児島から台湾までの琉球弧は地震で沈んだ言うもんねぇ。
あれ、ネットラジオは地域限定ですか?
どうやって地域を判別するんやろ?
IPアドレスかな?

投稿: ウエ | 2010年2月28日 (日) 06時16分

ウエちゃん
日本全国地震地帯と考えたほうがいいのでしょうね。
ネットラジオの地域限定は、やはりその辺りで選別するのでしょうね。
早く時代に即してほしいです。

投稿: 心太@釧路 | 2010年3月 1日 (月) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 優雅なものはそれなりに | トップページ | それは選挙区 »