« 野口さんと交信を見学 | トップページ | 1800円で高級感、満足感 »

社名変更(津村さん)

今朝の釧路は、曇りです。
6時の気温は、-3.7℃です。
予報は曇りのち晴れ。予想最高気温は-2℃です。

昨日、最高気温がプラスの8.8℃まで上がったオホーツク紋別は、今日の予想最高気温が-6℃ですから、15℃も違うことになります。今季の営業を開始した砕氷観光船「ガリンコ号 II」は、寒いほど雰囲気が出ると思いますが、流氷接岸は、まだ先のようです。

「バスクリン」のツムラライフサイエンスが、商品名そのまんまのバスクリンに社名を変更するそうです。というか、津村順天堂が、ツムラライフサイエンスになっていたのも知りませんでした。商品名=社名というと、マンダム社が、整髪料の「丹頂チック」が売れたので、そのまま社名にして、10年くらい経って、チャールズ・ブロンソンのCM「う~ん、マンダム」でヒットした「マンダム」を社名にしたことで知られています(次は、『GATSBY』かな?)。

津村というと、漢方薬も事業の主流だと思うのですが、こちらは5年前に分社していたようです。確かに、漢方薬の製造販売に「バスクリン」と表記されていたら、ちょっと馴染みませんものね。

1970年代前半(昭和40年代後半)、津村順天堂の本社は日本橋にありました(今もそうかな?)。9階建てのビルで、当時としては珍しいと思うのですが、床が黒のピータイルでした。なぜ、そのことを覚えているとかいうと、毎週土曜の午後に、床清掃にいっていたからです。ここは、特に思い出がある現場でした。

というのは、隔週で清掃作業とエレベータ点検が重なるからです。そうすると、清掃機材を9階まで階段で運ぶことになります。一番重いのは、ポリッシャーでした。これを一気に9階まで上げる(途中で休むと萎えてしまう)のですが、それが難儀でした。でも、これをやると、その日は、後は楽をできるポジションだったので、率先してやっていました。40年くらい前の話です。

NHK連続テレビ小説の放送時間が、15分早まって8時からになるそうです。都心に職場や学校がある人には関係ないでしょうが、釧路のような田舎では、この15分の違いは大きいです。番組が終わって、8時半に家を出たのでは遅刻してしまうが、8時15分なら間に合う。という人が結構いると思います。ですから、視聴率回復策としては、いいと思います。あとは、面白い脚本があれば、再び人気番組になるのも夢ではないと思います。ちょっと期待します。

|

« 野口さんと交信を見学 | トップページ | 1800円で高級感、満足感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野口さんと交信を見学 | トップページ | 1800円で高級感、満足感 »